【トヨタ GRヤリス】発売日、価格、スペック、サイズ、トランスミッションなど、最新情報

スポンサーリンク

2020年2月にされるヴィッツの後継車、新型ヤリスには、スポーツモデル、「GRヤリス」がラインナップされます。

このページでは、GRヤリスのデザイン、スペック、サイズ、価格予想など、最新情報を紹介します。

GRヤリスの発売日は、2020年夏ごろ

新型ヤリスは、2020年2月10日に発売されることが決まっていますが、GRヤリスの発売日は、2020年夏ごろになると予想されています。

トヨタのプレスリリースでも、2020年夏頃の発売を目指すと発表されています。

1月10日から予約受付開始!

GRヤリスの特別仕様車、First Editionの予約受付が、1月10日からはじまっています。

6月30日までの半年間受け付けられており、先着順などではないので、ゆっくり考えましょう。

GRヤリス、特別仕様車、First Editionの情報は、こちらのページで詳しく紹介しています。

GRヤリス 予約方法、流れなど。特別仕様車、First Editionのグレード、特別装備、価格も紹介

GRヤリスのデザイン

GRヤリスのデザインが公開されているので、紹介します。

出典https://global.toyota

ベースとなるヤリスと比べると、特にボディの後ろ半分は全く違うということがわかります。

最も大きな違いは、3ドアであるということです。

リヤドアをなくすことによって、剛性を高めることができます。

また、ルーフラインがベース車両よりも低く抑えられており、リヤスポイーラに風を当てることができるように設計されています。

インテリアは他のGR、GRスポーツと同じく、小径ステアリングホイール、アルミペダルなどが採用され、ブラックで引き締まったスポーティーな室内となっています。

スポンサーリンク

GRヤリスの走行動画

GRヤリスのインプレッション動画がいくつか紹介されているので、紹介します。

GRヤリスのボディサイズ

GRヤリスのボディサイズは、全長3,995mm×全幅1,805mm×全高1,460mm、ホイールベースは2,558mmです。

ヤリスのボディサイズは全長3,940mm×全幅1,695mm×全高1,500mmですから、全長は55mm長く、全幅は110mm広く、全高は40mm低くなっています。

GRヤリスのスペック

GRヤリスの主なスペックを紹介します。

GRヤリスには、直3、1.6Lターボエンジンが搭載されます。

最高出力・・・272ps
最大トルク・・・37.7kgm

6MTの4WDとなっています。

かつて販売されていたヴィッツGRMNの最高出力は212psでしたから、それを大幅に上回るパワーを獲得しています。

車両重量は1,280kg

サスペンションは、前がマクファーソン・ストラット式、後ろがダブルウィッシュボーン式です。

ブレーキは、前後ともにベンチレーテッドディスクブレーキが採用されています。

タイヤサイズは、前後ともに225/40ZR18です。

GRヤリスの価格は、396万円~

GRヤリスの価格は、まず先行で予約が始まったファーストエディションの特別仕様車が、396万円~と発表されています。

RZ“First Edition”・・・3,960,000円

RZ“High-performance・First Edition”・・・4,560,000円

その後の量販グレードの価格はまだ発表されていませんが、特別仕様車よりも若干安い価格帯からになると予想されています。

GRヤリスの公式ティザーサイトも公開されています。

気になる方はこちらからどうぞ。

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする