【新型 CR-V マイナーチェンジ 2020】日本発売日、デザイン(内装、外装)、変更点など、最新情報!

スポンサーリンク

ホンダのSUV、CR-Vの2020年モデルがアメリカで発表されました。

このページでは、新型CR-Vの発売日、デザイン、変更点など、最新情報を紹介します。

新型CR-Vの日本発売日

新型CR-Vは、アメリカでは2019年末に発売されていたのですが、日本では、2020年6月19日に発売されました。

元々CR-Vは、アメリカでは2016年秋に発売されたのですが、日本では2018年8月発売と、約2年遅れていたので、マイナーチェンジも遅くなりました。

アメリカにあわせてマイナーチェンジをすると、日本で新型を購入したばかりのユーザーから不満が出てしまうので、日本でのマイナーチェンジは少し遅らせた。ということなのでしょう。

スポンサーリンク

新型CR-Vのデザイン

新型CR-Vのデザインを紹介します。

標準グレード(EX)と、新しく設定されたBLACK EDISIONを比較してみましょう。

EXグレード

EX Masterpiece

BLACK EDITION


出典https://www.honda.co.jp

EX Masterpieceグレードでは、ホイールのデザインも変更されています。

BLACK EDITIONは、シルバーメッキがダーククロームメッキになっており、ホイールが黒くなっています。

<BLACK EDITION専用装備>
・BLACK EDITION専用アルミホイール(ブラッククリア塗装・18インチ)
・BLACK EDITION専用エンブレム
・フロントグリルやフォグライトガーニッシュ、ドアロアガーニッシュ、テールゲートガーニッシュをダーククロームメッキ仕上げに変更
・ヘッドライトエクステンションカラーをブラックに変更
・スモークタイプのLEDリアコンビネーションランプを採用

新型CR-V EXグレード

BLACK EDITION

EXグレードのシートが、ファブリックから、ファブリックとプライムスムースレザーのコンビに変わっています。

BLACK EDITIONは、インテリアもブラックで統一されています。

<BLACK EDITION専用装備>
・BLACK EDITIONロゴ入り本革シート
・ドアオーナメントパネル、インナードアハンドルなどをピアノブラック調塗装に変更
・木目調パネルをブラックに変更
・ブラックルーフライニング

スポンサーリンク

新型CR-Vのカラー

新型CR-Vには、「スーパープラチナグレーメタリック」「プレミアムクリスタルブルーメタリック」「シーグラスブルーパール」の3色が追加されました。

その代わり、「ルナシルバーメタリック」「ルーセブラック・メタリック」「ミッドナイトブルーメタリック」の3色が廃止されました。

<新型CR-Vのカラーラインナップ>
・プラチナホワイトパール
・クリスタルブラックパール
・シーグラスブルーパール
・プレミアムクリスタルブルーメタリック
・プレミアムクリスタルレッドメタリック
・スーパープラチナグレーメタリック

新型CR-V、デザイン以外の変更点

新型CR-V、デザイン以外の変更点を紹介します。

・シーケンシャルターンシグナルランプ(流れるウインカー)
・ステアリングヒーター
・リバース連動ドアミラー

これらの装備が、全グレード標準装備となっています。

細かい話ですが、ハイブリッドの名称が「e:HEV」に変更されています。

スポンサーリンク

新型CR-Vのボディサイズ

新型CR-Vのボディサイズは、全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680mmです。

海外市場が中心の車ということで、ミドルサイズSUVとしては若干全幅が大きめです。

同じく海外向けの車を日本に持ってきたという性格のトヨタ・RAV4は全長4,600mm×全幅1,855mm×全高1,685mmで、ほぼ同じサイズです。

新型CR-Vのエンジン

新型CR-Vに搭載されるエンジンは、1.5Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類で変更はありません。

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・190ps/5600rpm
最大トルク・・・24.5kgm/2000-5000rpm

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgm
システム出力・・・215ps

同じくガソリンエンジンとハイブリッドをラインナップするトヨタ・RAV4は、ガソリンエンジンが171ps、ハイブリッドが222psです。

特にガソリンエンジンの方は、CR-Vはターボを搭載していることもあり、低い回転数から太いトルクが出るので、明らかにパワフルに感じます。

ハイブリッドの方も、スペック上はRAV4の方がパワフルですが、実際に走らせてみると、モーター主体で走行するCR-Vの方が、なんとなくパワフルさを感じます。

ホンダセンシングの機能に変更ナシ

新型CR-Vのホンダセンシングの機能は、特に変更はありませんでした。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

ホンダセンシング以外の予防安全機能としては、新しくリアクロストラフィックモニターが搭載されています。

これは、駐車場からバックで出るときなどに、後方左右から接近してくる車両や、後方を歩いている歩行者を検知するものです。

スポンサーリンク

新型CR-Vの価格は、数万円アップか

新型CR-Vの価格に関する情報は、今のところ何も入ってきていませんが、変更点が少ないので、価格は現行型と同程度~数万円程度のアップになると現時点では予想されています。

新型CR-Vの価格を紹介します。

<ガソリン車>
EX(5人乗り)・・・3,361,600円
EX(7人乗り)・・・3,556,300円

EX・Masterpiece(5人乗り)・・・3,686,100円
EX・Masterpiece(7人乗り)・・・3,880,800円

EX・BLACK EDITION(5人乗り)・・・3,774,100円
EX・BLACK EDITION(7人乗り)・・・3,968,800円

<ハイブリッド車>
EX(5人乗り)・・・3,925,900円

EX・Masterpiexe(5人乗り)・・・4,250,400円

EX・BLACK EDITION(5人乗り)・・・4,338,400円

CR-Vの販売台数は、低迷中…

CR-Vの月間販売台数は、数百台程度にとどまっています。

RAV4が毎月5000台以上売れているのとは対照的に、販売が低迷しています。

どちらも、海外市場が中心の車を日本に持ってきた。という車の性格は似ているのですが、これだけ販売台数に差がついているは、やはり価格設定の影響が大きいかと思います。

最近のホンダは、CR-V、アコードなど、海外市場が中心の車は、装備が充実した価格が高めのグレードしか展開しない傾向にあります。

もう少しグレードの選択肢を増やしてくれれば売れるのに・・・。と、ディーラーの方も嘆いていました。

日産ほどではありませんが、ホンダも日本市場の優先順位が低くなっているようですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク