マツダ CX-60、CX-80 サイズや、価格、エンジン、デザインはどうなる?最新情報、予想情報を紹介

スポンサーリンク

マツダは、2022年以降に新型クロスオーバーSUV商品群を拡充することを発表しました。

このページでは、マツダの新型クロスオーバー商品群の概要と、サイズはどれくらいになるのか?最新情報、予想情報を紹介します。

日本には、2車種を投入

マツダの新型クロスオーバー商品群は、CX-50、CX-60、CX-70、CX-80、CX-90の5車種投入されることが発表されています。

このうち、日本に投入されるのは、CX-60と、CX-80の2車種です。

CX-50、CX-70、CX-90は、北米市場などに投入されます。

CX-60のサイズ、概要

CX-60は、2列シートのSUVとなることが発表されています。

CX-60はラージ商品群に属しており、FR、直列6気筒エンジンが搭載されると予想されています。

CX-60は、CX-5とCX-8の中間のサイズになるとみられていますが、詳細なサイズは発表されていません。

仮に、CX-5とCX-8のちょうど中間サイズになるならば、全長4,720mm×全幅1,840mm×全高1,710mm程度ということになります。

欧州マツダが、新型CX-60のシルエットを公開しました。

まだベールに包まれているため、細かいデザインは分かりませんが、全体的なスタイルとしては、新型ヴェゼルに近く、リヤのルーフが下がっているクーペスタイルになっているように感じます。

スポンサーリンク

CX-80のサイズ、概要

CX-80は、3列シートのSUVとなることが発表されています。

CX-80もラージ商品群に属しており、FR、直列6気筒エンジンが搭載されると予想されています。

海外では、CX-9という、CX-8よりも大きなSUVが販売されています。

CX-80は、CX-8とCX-9の中間のサイズにみられていますが、詳細なサイズは発表されていません。

仮に、CX-8とCX-9のちょうど中間サイズになるならば、全長4,980mm×全幅1,905mm×1,740mm程度ということになります。

マツダのSUVは、7車種体制に

CX-60と、CX-80が発売されれば、マツダのSUVラインナップはCX-3、CX-30、CX-5、CX-60、CX-8、CX-80、MX-30と、7車種体制となります。

7車種といえば、トヨタに次ぐSUVラインナップとなります。(元々4車種でもトヨタ似ラインナップではありましたが)

車種数を増やしすぎて、かつての5チャンネル体制の時のようにならないか心配になってしまいますが、どの車種も人気となると良いですね。

PHEV、ロータリーHEVも

日本では、こういった車種に直列6気筒のSKYACTIV-Dと48Vマイルドハイブリッドの組み合わせや、プラグインハイブリッドを導入していく。とのことです。

2022年前半からは、ロータリーエンジンを発電機として活用する、マルチ電動化技術を搭載したモデルを投入することも発表しています。

ロータリーエンジンは、発電用エンジンとして優れているという特徴を持っているため、再び日の目を見ることになりそうです。

2022年以降に発売される新型車の話なので、まだ詳しい情報は明らかにはされていませんが、あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク