【新型 ホンダ シャトル フルモデルチェンジ情報】発売時期は、2022年か。デザイン、サイズ、エンジン、価格予想など

スポンサーリンク

ホンダのステーションワゴン、シャトルが、フルモデルチェンジされるという情報が出ています。

新型シャトルは、フィットではなく、セダンのシティ(グレイス)がベースとなると予想されています。

このページでは、新型シャトルの発売時期、デザイン、サイズ、エンジン、価格予想など、最新情報を紹介します。

新型シャトルの発売日

新型シャトルの発売日は、2022年後半と予想されています。

現行シャトルは、2015年5月に発売されており、6年が経過しています。

新型シャトルのデザイン

シャトルといえば、フィットのステーションワゴン版というイメージがあるかと思います。

具体的なデザインまでは明らかになっていないものの、新型シャトルは、フィットをベースにしつつも、顔つきはフィットのような可愛らしい顔つきではなく、フリードなどに似た、鋭い目つきになると予想されています。

現行フィットは、グリルレスデザインかつ、丸めの可愛らしいデザインが採用されましたが、あまり評判が良くないようです。

そのあたりも反映して、グリルがあり、細長いヘッドライトを採用したデザインとなりそうです。

スポンサーリンク

新型シャトルのサイズ

新型シャトルのサイズは、現行モデルと同程度で、5ナンバーサイズをキープすると予想されています。

<シャトルのサイズ>
全長4,440mm×全幅1,695mm×全高1,545mm

一時期、3ナンバーサイズになるかもしれない。という情報が出ていましたが、現在は、5ナンバーサイズをキープする。という情報が有力です。

最大のライバルであったカローラフィールダーが、カローラツーリングとなり、3ナンバー化されたため、5ナンバーであるということ自体も訴求ポイントになりそうです。

(カローラフィールダーも1グレードだけ販売が継続されていますが。)

新型シャトルのパワートレイン

新型シャトルのパワートレインは、1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lハイブリッドの2種類になると予想されています。

<1.5Lエンジン>
最高出力・・・132ps/6600rpm
最大トルク・・・15.8kgm/4600rpm

<1.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・109ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・13.7kgm/5000rpm
モーター最高出力・・・131ps
モーター最大トルク・・・27.2kgm

新型シティには1.0Lターボエンジンが搭載されているのですが、パワートレインに関しては、1.5Lガソリンエンジンと1.5Lハイブリッドの2種類になるという情報が有力です。

新型シャトルの燃費

新型シャトルの燃費は、現行モデルと同程度になると予想されています。

<シャトルの燃費>
ガソリン車
WLTCモード・・・19.4km/L
JC08モード・・・22.0km/L

ハイブリッド車
WLTCモード・・・25.2km/L
JC08モード・・・33.2km/L

ハイブリッドシステムは、i-DCDから、e:HEV(i-MMD)になるはずですが、燃費自体はそれほど変わらないようです。

新型シャトルの先進機能

新型シャトルは、ホンダセンシングの機能が追加され、現行モデルよりも充実すると予想されています。

新型シャトルに採用が予想されているホンダセンシングの機能を紹介します。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

新型シャトルの価格

新型シャトルの価格は、ガソリン車が10万円ほど、ハイブリッド車が15万円ほど高くなると予想されています。

<シャトルの価格>
LX・・・1,801,800円

HYBRID DX・・・2,016,300円
HYBRID LX Honda SENSING・・・2,278,100円
HYBRID EX Honda SENSING・・・2,396,900円

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク