【アルファード・ヴェルファイア マイナーチェンジ 最新情報】発売日、予約、デザイン、価格、変更点をチェック!

スポンサーリンク

トヨタのフラッグシップミニバン、アルファード・ヴェルファイアが、2019年12月にマイナーチェンジ(一部改良)されます。

このページでは、新型アルファード、新型ヴェルファイアの発売日、デザイン、グレード構成、価格など、どういったところが変わるのか、変更点を紹介していきます。

新型アルファード、ヴェルファイアの発売日

新型アルファード、ヴェルファイアの発売(発表)日は、2019年12月18日です。

また、今回のマイナーチェンジから、アルファードはトヨタ店とトヨペット店で。

ヴェルファイアはカローラ店とネッツ店で購入できるようになります。

その後のフルモデルチェンジでは、アルファードとヴェルファイアは統合されて一つの車種になるといわれているので、そのための布石でもあります。

予約受付開始!

18日の発売に先立って、各ディーラーでは、先行予約の受付がはじまっています。

今回は、取り扱いディーラーが増えたということで、競合もさせやすくなっています。

実際、新型アルファード、ヴェルファイアでいきなり20万円以上の値引きを獲得したという情報も入っています。

新型アルファード、ヴェルファイアのデザイン

新型アルファード、ヴェルファイアのデザイン面での変更点を紹介します。

エクステリアの変更はほとんどなく、フロントエンブレムの変更くらいです。

現在、アルファードにはアルファード専用のエンブレムが。ヴェルファイアにはネッツ店共通のエンブレムがついていますが、これが、トヨタマークに変更されます。

現行アルファードのエクステリア

出典https://global.toyota

現行ヴェルファイアのエクステリア

出典https://global.toyota

先に紹介したように、アルファードはトヨタ店とトヨペット店で。

ヴェルファイアはカローラ店とネッツ店で購入できるようになります。

特に、ヴェルファイアはカローラ店でも販売されるようになるので、ネッツ店のエンブレムがついていると都合が悪いわけです。

アルファードは、車種専用のエンブレムなので、特に問題はないように思えますが、この際一緒に変更してしまう。ということなのでしょう。

インテリアでは、センターディスプレイが標準装備となります。

現行アルファード・ヴェルファイアのインテリア

出典https://global.toyota

最近発売されたカローラでもそうですが、トヨタは、センターディスプレイの標準装備化をすすめています。

センターディスプレイが標準装備になると、車両本体価格の上昇につながるのですが、スマホと連携させるだけでカーナビが使えるようになるので、別途カーナビを購入するよりはトータル価格は安く抑えることができます。

ただ、アルファード・ヴェルファイアの場合は、BIG Xなど、社外品のカーナビを取り付ける人も多いので、センターディスプレイが標準装備化されると、おそらくそういったことができなくなります。

社外品のカーナビをつけたいという方は、マイナーチェンジ前のモデルを購入した方が良いかもしれませんね。

カーナビの製造メーカーも、戦々恐々としているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

その他装備の変更点

新型アルファード、ヴェルファイアでは、中間グレードにあたるS Cパッケージ、Z Gエディション以上には、エグゼクティブラウンジに採用されている、3眼LEDヘッドライトが標準装備となります。

当然、価格に反映されるわけですが、それは後ほど紹介します。

また、エグゼクティブラウンジグレード以外でメーカーオプションだった本革シートは廃止されます。

エグゼクティブラウンジグレードでは、インテリアカラーがブラックのみとなります。

予防安全性能


出典https://toyota.jp

アルファード・ヴェルファイアは、前回のマイナーチェンジで、最新のトヨタセーフティセンスが採用されているので、予防安全性能に変更は特にありません。

・プリクラッシュセーフティ
車両、歩行者、昼間の自転車に対応した自動ブレーキ機能

車両対しては10km/h~以上で作動
歩行者、自転車に対しては10km/h~80km/hで作動

右折時の対向直進車や、右左折後の横断歩行者も検知対象となっています。

・レーントレーシングアシスト
車両の中央を走行できるようにステアリング操作をアシストする機能

・レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離を保つようにアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能

インテリアの画像を見る限り、パーキングブレーキは電動ではないので、全車速対応型ではないと思われます。

・オートマチックハイビーム
先行車、対向車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

・ロードサインアシスト
はみだし通行禁止、最高速度、車両進入禁止、一時停止の標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示する機能

・先行車発進告知機能
前に止まっている車が発進したにも関わらず、自車が発進しない場合に知らせる機能

・インテリジェントクリアランスソナー
アクセルとブレーキを踏み間違えた時に、エンジン出力を抑え、衝突が避けられないと判断した場合は自動でブレーキをかけて、衝突を防止する機能

・リヤクロストラフィックアラート
駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車両は、後方にいる歩行者を検知して警告する機能

・ブラインドスポットモニター
隣接する車線の後方から接近する車を検知して、知らせる機能

先日、新型ヤリス(ヴィッツ)に、右左折時の対向直進車や、横断歩行者に対応する新しいプリクラッシュセーフティブレーキが発表されましたが、これは新型アルファード・ヴェルファイアには採用されないようです。

スポンサーリンク

一部グレード廃止

今回のマイナーチェンジで、アルファードのS Aパッケージ、ヴェルファイアのZ Aエディションが廃止されます。

元々、アルファードはグレードの数が多く、グレード構成がとてもややこしい車です。

アルファードのグレード構成は、こんな感じです。

<標準ボディ>
・X
・G
・GF
・Executive lounge

・HYBRID X
・HYBRID G
・HYBRID G Fパッケージ
・HYBRID Executive Lounge

<エアロボディ>
・S
・S Aパッケージ
・S Cパッケージ
・SC
・Executive lounge S

・HYBRID S
・HYBRID SR
・HYBRID SR Cパッケージ
・HYBRID Executive Lounge S

S Aパッケージとは、ガソリン車のエアロボディの1グレードです。

アルファードは、元々のグレードが多いことに加えて、ガソリン車とハイブリッド車でもグレード名が微妙に違うので、とても分かりづらいですね。いまだにグレード名を聞いてもピンときません。

1グレード廃止されたところで、ややこしいのは変わりませんね(笑)

新型アルファード、ヴェルファイアの価格

新型アルファード、ヴェルファイアの価格は、全体的値上げされます。

新型アルファード、ヴェルファイア各グレードの価格を紹介します。

<アルファード 標準ボディ ガソリン車>
価格はFF車のもの
X(8人乗り、2.5L)・・・352万円
G(7人乗り、2.5L)・・・454万円
GF(7人乗り、3.5L)・・・519万円
エグゼクティブラウンジ(7人乗り、3.5L)・・・725万円

<アルファード エアロボディ ガソリン車>
価格はFF車のもの
S(8人乗り、2.5L)・・・386万円
S(7人乗り、2.5L)・・・391万円
S Cパッケージ(7人乗り、2.5L)・・・466万円
SC(7人乗り、3.5L)・・・526万円
エグゼクティブラウンジS(7人乗り、3.5L)・・・742万円

<アルファード 標準ボディ ハイブリッド車>
ハイブリッド車は全車4WD
HYBRID X(8人乗り)・・・455万円
HYBRID X(7人乗り)・・・459万円
HYBRID G(7人乗り)・・・534万円
HYBRID G Fパッケージ(7人乗り)・・・551万円
HYBRID エグゼクティブラウンジ・・・760万円

<アルファード エアロボディ ハイブリッド車>
ハイブリッド車は全車4WD
HYBRID S(7人乗り)・・・480万円
HYBRID SR(7人乗り)・・・459万円
HYBRID SR Cパッケージ(7人乗り)・・・565万円
HYBRID エグゼクティブラウンジS(7人乗り)・・・775万円

<ヴェルファイア 標準ボディ ガソリン車>
価格はFF車のもの
X(8人乗り、2.5L)・・・352万円
V(7人乗り、2.5L)・・・454万円
VL(7人乗り、3.5L)・・・519万円
エグゼクティブラウンジ(7人乗り、2.5L)・・・727万円

<ヴェルファイア エアロボディ ガソリン車>
価格はFF車のもの
Z(8人乗り、2.5L)・・・386万円
Z(7人乗り、2.5L)・・・391万円
Z Gエディション(7人乗り、2.5L)・・・466万円
ZG(7人乗り、3.5L)・・・526万円
エグゼクティブラウンジZ(7人乗り、3.5L)・・・742万円

<ヴェルファイア 標準ボディ ハイブリッド車>
ハイブリッド車は全車4WD
HYBRID X(8人乗り)・・・455万円
HYBRID X(7人乗り)・・・459万円
HYBRID V(7人乗り)・・・534万円
HYBRID V Lエディション(7人乗り)・・・551万円
HYBRID エグゼクティブラウンジZ(7人乗り)・・・760万円

<ヴェルファイア エアロボディ ハイブリッド車>
ハイブリッド車は全車4WD
HYBRID Z(7人乗り)・・・480万円
HYBRID ZR(7人乗り)・・・459万円
HYBRID ZR Gエディション(7人乗り)・・・565万円
HYBRID エグゼクティブラウンジ(7人乗り)・・・775万円

1,000円単位は四捨五入

関係者の知人に聞いてきたのですが、忙しくて急いで聞いたため、一部グレードの価格が少し違うかもしれません。大きな間違いはないはずです。

グレードが多すぎてややこしいですね^^;

スマホと連携させることができるディスプレイオーディオが採用されることで、カーナビを省略すれば、負担額を抑えることはできますが、値上げであることは間違いないですね。

三眼LEDヘッドライトが標準装備となる、中間グレードの値上げ幅が特に大きくなっています。

まとめ

今回のアルファード・ヴェルファイアのマイナーチェンジは、それほど大きな変更はありません。

アルファード・ヴェルファイアが全店で販売されることに対しての対応と、センターディスプレイの標準装備化といったところですね。

車自体の性能が何か変わるわけではないので、社外カーナビをつけたい方は早いうちに。スマホを連携させて使いたい方は、新型を待つと良いのではないでしょうか。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする