Nissan GT-R50 by Italdesign 日本発売日、価格、スペック、内装、外装画像など、最新情報!

スポンサーリンク

日産から、GT-R50周年記念モデル、Nissan GT-R50 by Italdesignのプロトタイプが発表されました。

今回は、Nissan GT-R50 by Italdesignの最新情報をお伝えします。

日本発売は?

Nissan GT-R50 by Italdesignは、2018年8月に、欧州で初公開されます。

今回、イタルデザインというイタリアの会社の50周年記念も兼ねているということで、まずは欧州から発売されるのかもしれません。

日本でも発売されると予想されていますが、少ない台数の限定販売になり、抽選形式になるでしょう。

イタルデザインとは?

今回のGT-Rは、Nissan GT-R50 by Italdesignということで、日産自動車とイタルデザインの共同開発車となっています。

イタルデザインとは、イタリアに本拠地を置く、自動車や鉄道車両のデザインを手がける会社です。

現在は、フォルクスワーゲングループに入っていますが、トヨタ、スズキ、BMW、マセラティ、ランボルギーニなどなど様々なメーカーの車のデザインを手がけた会社です。

今回、日産GT-Rと、イタルデザインがどちらも50周年ということで、その記念車としてNissan GT-R50 by Italdesignが開発されたということです。

デザイン

Nissan GT-R50 by Italdesignのデザインを紹介します。

エクステリア

出典https://newsroom.nissan-global.com/ ”

ゴールド加飾が、特別さを醸し出しています。

LEDヘッドライトはライン型に光っており、先進性を感じます。

リヤは、ブレーキランプが立体的に造形されており、戦闘機のエンジン部分のようです。

インテリア


出典https://newsroom.nissan-global.com/ ”

インテリアは、それほど派手ではなく、控えめにゴールドのアクセントが入っている。という印象です。

シート表皮には、アルカンターラと、黒のイタリア製本革を使用しているとのことです。

動画も公開されています。

特にエクステリアデザインは、動画の方がわかりやすいと思います。

スペック

Nissan GT-R50 by Italdesignは、GT-R NISMOよりもハイスペックに仕上げられています。

サイズ 全長4,784mm×全幅1,992mm×全高1,316mm
エンジン ニスモ製3.8L VR38DETT
最高出・・・720ps/7100rpm
最大トルク・・・780Nm/3600-5600rpm
ブレーキ ブレンボ製2ピースフローティングドリルドディスク
フロント:6ピストンモノブロックキャリパー
リヤ:4ピストンモノブロックキャリパー
タイヤサイズ フロント:255/35R21
リヤ:285/30R21

エンジンは、手作業で組み立てられ、最高出力は720psを発揮します。

クランクシャフト、ピストン、コネクティングロット、ベアリングなどは、耐久性の高いものが採用されています。

ハイパワーエンジンに対応するため、デファレンシャルやドライブシャフトも強化されています。

GT-R NISMOのエンジンでも、最高出力は600psなので、かなりパワーアップされているということが分かります。

価格

Nissan GT-R50 by Italdesignの価格はまだ発表されていませんが、2,000万~3,000万円程度になると予想されています。

販売台数も、全世界で数百台程度のものになると予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする