スポンサーリンク


トヨタから、スープラの後継車が登場します。

市販時の車名はどうなるか分かりませんが、とりあえず、ここでは、新型スープラとして紹介します。


車名の候補としては、往年の名車、2000GTなども候補になっているようです。

ただし、これから紹介しますが、3.0Lエンジンも搭載されるはずなので、そうなると2000GTという車名はどうなのかな?という感じです。

可能性としては、スープラという名称を商標登録しているということもあり、スープラになる可能性が高そうです。

発売時期

新型スープラの発売時期は、2018年中と予想されています。

スープラは、BMW 新型Z4の兄弟車なので、同時期の発売となるでしょう。

デザイン

新型スープラは、コンセプトカー、FT-1がベースになります。

supra3.jpg

supra4.jpg

走りを予感させる、挑戦的なデザインです。


新型スープラのテスト走行が撮影されています。

supra.jpg

supra2.png出典carscoops

気さくに手を振ってくれています。

さすがに、コンセプトカーと比べると随分落ち着いたデザインになっていますね。

スペック

新型スープラは、BMW Z4の後継にあたるBMW Z5と兄弟車になります。

搭載されるエンジンはBMW製で、2種類の2.0Lターボエンジンと、3.0Lターボエンジンです。

それぞれの予想スペックは、

直4、2.0Lターボエンジン
最高出力・・・198ps
最大トルク・・・32kgm

最高出力・・・258ps
最大トルク・・・40.8kgm

直6、3.0Lターボエンジン
最高出力・・・338ps
最大トルク・・・45.8kgm

です。


BMW Z4の兄弟車なので、今のところトヨタ式のハイブリッドが投入されるという情報はありません。

ただ、BMWもプラグインハイブリッドのラインナップは充実させているところなので、プラグインハイブリッド車の投入はあるかもしれません。

いずれにしても、発売当初はガソリン車のみのラインナップとなるでしょう。

価格

まだ、正式な価格は決まっていませんが、

ローパワーの2.0Lターボエンジンが500万円程度

ハイパワーの2.0Lターボエンジンが600万円程度

3.0Lターボエンジンが700万円程度

になると予想されています。

スープラが発売されていた当時の価格は、300万円~500万円ほどでしたから、随分高くなったと感じられるかもしれませんが、昨今の車の価格の上がり方を考えると、こんなものでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


歴代スープラ

スープラは、1978年に発売されたセリカXXからはじまり、2002年まで販売されていました。

歴代スープラをかんたんに紹介します。

<初代セリカXX>
supra5.jpg出典favcars.com

販売期間・・・1978年~1981年
ボディサイズ・・・全長4,600mm×全幅1,650mm×全高1,310mm
搭載エンジン・・・2.0L、2.6L、2.8L

初代セリカXXは、セリカの上級車種として1978年に発売されました。
海外ではスープラとして販売されており、実質これが初代スープラとなります。


<2代目セリカXX>
supra6.jpg出典favcars.com

販売期間・・・1981年~1986年
ボディサイズ・・・全長4,600mm×全幅1,690mm×全高1,315mm
搭載エンジン・・・2.0L、2.8L

2代目セリカXXは、リトラクタブルヘッドライトを採用するなど、初代よりもさらにスポーティーなデザインになりました。


<初代スープラ>
supra7.jpg出典favcars.com

販売期間・・・1986年~1993年
ボディサイズ・・・全長4,620mm×全幅1,745mm×全高1,300mm
搭載エンジン・・・2.0L、2.5L、3.0L

このモデルから、日本国内でもスープラという名前で販売されました。

3Lターボエンジンを投入し、TOYOTA 3000GTを名乗るなど、スポーティーさが更に向上されました。


<2代目スープラ>
supra8.jpg出典favcars.com

販売期間・・・1993年~2002年
ボディサイズ・・・全長4,520mm×全幅1,810mm×全高1,275mm
搭載エンジン・・・3.0L

先代とは打って変わって、丸みを帯びたボディになりました。

このモデルは、今でもたまに街中で見かけます。
 カテゴリ
 タグ
None