ハイゼットキャディーの使い勝手はどうだ?価格、サイズ、乗り心地など。

スポンサーリンク

ダイハツ、ハイゼットキャディーが6月13日に発売されました。

ハイゼットキャディーは、ウェイクの商用車バージョンで、当サイトでもウェイクバン登場か?と紹介していたものです。

今回は、ハイゼットキャディーの特徴や使い勝手などをみていきましょう!

発売日

新型ハイゼットキャディーは、2016年6月13日に発売されました。

デザイン

ハイゼットキャディーはウェイクがベースなので、ウェイクとほぼ同じデザインです。

いかにも商用車。という感じではありませんね。

こちらはウェイク

フロントバンパー周りなど、簡素化されていることが分かりますね。

装備

ウェイクに比べて、削減されている部分がいろいろとありますので、紹介します。

・後部座席
ハイゼットキャディーは2人乗りになっています。

4人乗りであれば、N-BOX+のように車中泊などもできそうですが、2人乗りということで、ビジネスユースにターゲットを絞っていますね。

・エアコン
マニュアルエアコンになっています。

・収納
運転席シート裏の収納がなくなっています。

その他、グレードにもよりますが、
・オーディオレス
・スチールホイール
・ハンドルシルバー加飾
・フォグランプ
・キーレスエントリー、スマートキー

などなど、省略されています。

サイズ

商用車ということは、荷室のサイズも重要なポイントです。
詳細なサイズが判明しましたので、紹介します。

荷室長・・・1,310mm
荷室幅・・・1,210mm
荷室開口幅・・・880mm
荷室高・・・1,235mm
荷室床面地上高・・・595mm
後席ドア開口高さ・・・1,286mm
後席ドア開口幅・・・560mm
最大積載量・・・150mm

やはり、荷室の広さはハイゼットカーゴには及びませんね。
それほど大きな荷物はつまないが、ある程度長距離を走るようなユーザーがターゲットでしょうか。

更に、最大積載量は150kgです。
足回りなど、乗用車仕様のままなのでしょうね。
これは、ハイゼットカーゴの300kgの半分で、やはり荷物をバンバン積むのには向いていません。

その分、乗り心地には期待できそうです。

商用車としての使い勝手

ハイゼットカーゴに比べて小さいサイズや少ない積載量を見て、商用車として使えるの?という疑問を持つ方も多いかと思います。

ダイハツもそれを見越してか、各企業に実際に使ってもらっているようです。

協力企業
・アート引越センター
・ダスキン
・ドコモバイクシェア
・花キューピット
・ほっともっと

聞いたことがある企業が多いのではないでしょうか。

こういった企業にも使ってもらっているよ!とアピールすることで、個人事業主や小規模事業者にも買ってもらおう。ということでしょう。

燃費

ハイゼットキャディの燃費は、
NA車FF・・・25.0km/L
NA車4WD・・・23.0km/L

ターボ車FF・・・22.4km/L
ターボ車4WD・・・21.8km/L

すべて、CVT車のみの設定です。

ウェイクよりも少し軽いにもかかわらず、燃費はウェイクの方が少し良いですね。どうしてでしょう。

価格

ウェイクのグレード別価格は以下のとおりです。

D・・・1,188,000円(4WD 1,312,200円)
D SAⅡ・・・1,252,800円(4WD 1,377,000円)

Dデラックス・・・1,258,200円(4WD 1,382,400円)
Dデラックス SAⅡ・・・1,323,000円(4WD 1,447,200円)

X・・・1,355,400円(4WD 1,479,600円)
X SAⅡ・・・1,420,200円(4WD 1,544,400円)

ウェイクは135万円~ですから、16万円ほど安くなっています。

ハイゼットカーゴは93万円~あるので、純粋な軽貨物と比べるとずいぶん高いです。

質感の高さと乗り心地の良さ、安全性にどこまでお金を出せるかですね。

安全装備

ハイゼットキャディは、ウェイクがベースですので、スマートアシストⅡが設定されます。

・衝突回避支援ブレーキ機能
・衝突警報機能
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能

軽商用車としては初の自動ブレーキ搭載車です。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする