スポンサーリンク


スズキのスーパーハイトワゴン、スペーシアがフルモデルチェンジされます。

今回は、スペーシアのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

■もくじ
・発売日
・デザイン
・燃費
・室内空間
・安全性能
・その他機能
・価格
・車の買い替えを検討中の方へ

発売日

スペーシアのフルモデルチェンジは、2018年初頭と予想されています。

東京モーターショーに、新型スペーシアのコンセプトカーが出品されました。


これまで、スペーシアカスタムZのみが生産されていたのですが、スペーシアカスタムZの生産も終了したようです。

いよいよ、フルモデルチェンジの最終段階に入りました。

デザイン

東京モーターショーへの出品に先立って、新型スペーシア、スペーシアカスタムのコンセプトカーが公開されたので、紹介します。

・スペーシアコンセプト
エクステリア
spacia1_201710101821248dd.jpg

spacia2.jpg

スペーシアコンセプトは、丸みを帯びた可愛らしい顔つきをしています。

ツートンカラーでは、フロントドアとスライドドアが一体的に見える塗り分けがされています。

ボディのプレスラインは、スーツケースをイメージしているということです。


インテリア
spacia3.jpg

spacia4.jpg

インテリアでは、スーツケースそのもののようなグローブボックスが特徴的です。

恐らくオプションかと思いますが、デニム調のシートカバーもカジュアルな感じです。


・スペーシアカスタムコンセプト
エクステリア
spacia5.jpg

spacia6.jpg

スペーシアカスタムコンセプトは、鋭い目つきかつ大きなフロントグリルで、存在感のあるデザインとなっています。

現行スペーシアカスタムの発売当初は、カスタム系としては比較的落ち着いたデザインであまり販売が伸びず、途中からスペーシアカスタムZが投入されました。

新型スペーシアカスタムは、スペーシアカスタムZの流れをくんだデザインになっています。


フォグランプ周りのメッキの囲い方は、タントカスタムにも似ていますね。

ヘッドライトからフロントグリルにかけては、トヨタのプレミオにも似ているかな?と思います。


インテリア
spacia7.jpg

スペーシアカスタムのインテリアは、ブラック基調で高級感のあるデザインとなっています。

スーツケースの形をしたグロブボックスも、ピアノブラックで高級感があります。

スポンサーリンク


燃費

新型スペーシアは、現行アルトから採用されている新型プラットフォーム「ハーテクト」が採用され、ボディが軽量化されるでしょう。

新型スペーシアでは、このプラットフォームが採用されることにより、30~50kg軽量化されるでしょう。


新型スペーシアの燃費は、33km/L程度になると予想されています。

軽自動車の燃費競争もスズキに軍配があがり、一旦落ちついているようなので、大幅な燃費向上はなさそうです。


新型スペーシアには、ストロングハイブリッドが搭載されるのではないかと言われていましたが、今のところ具体的な情報は出てきていません。おそらく、マイルドハイブリッド搭載となります。


なお、現行スペーシアでは、「S-エネチャージ」と呼ばれていますが、ワゴンRと同様、「マイルドハイブリッド」と呼ばれることになるはずです。

室内空間

スペーシアはスーパーハイトワゴンということで、室内空間が重視される車です。

現行スペーシアも、先代のパレットに比べれは広くなったのですが、新型スペーシアでは更に室内空間が広くなるでしょう。

新型スペーシアの予想室内寸法は、

室内長2,300mm×室内幅1,350mm×室内高1,375mm

です。

室内長と室内幅が広くなるでしょう。

安全性能

現行スペーシアには、デュアルカメラブレーキサポートが搭載されていますが、これがデュアルセンサーブレーキサポートに変更されると予想されています。

デュアルセンサーブレーキサポートの機能は、
・前方衝突警報機能
・前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
・自動ブレーキ機能(5km/h~100km/hで作動。歩行者対応)
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能

です。


この他、車を上から見下ろしたような映像を見ることができる、全方位モニターも搭載されるでしょう。

その他機能

新型スペーシアに搭載が予想される、その他の便利な機能を紹介します。

・全方位モニター
車を上から見下ろしたり、サイド、前方、後方の各方位の映像を映し出すことができる機能です。

・ヘッドアップティスプレイ
運転席側のダッシュボード上に、現在の速度、シフト位置、ブレーキの警告を表示してくれる機能です。

・アンブレラホルダー
スライドドア内側に濡れた傘をそのまま収納し、水滴は車外に放出してくれます。


このような、新型ワゴンRにも搭載された機能が搭載されるでしょう。

価格

新型スペーシアの価格は、現行スペーシアとほぼ同等となるでしょう。

新型スペーシアの価格は、

スペーシア・・・130万円程度~
スペーシアカスタム・・・155万円程度~

と予想されています。

モデルチェンジの度に少しずつ価格が高くなっているトヨタなどと比べ、スズキはモデルチェンジされても価格があまり変わらないのでありがたいですね。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はスズキ様HPから引用
 カテゴリ
 タグ
None