スポンサーリンク


スズキ、スペーシアのフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

spaciaa.jpg出典;スズキHP

発売日

スペーシアのフルモデルチェンジは、2017年末~2018年初頭と予想されています。

年末の東京モーターショーで公開されて、2018年初頭に発売という説が最も有力です。

デザイン

新型スペーシアは、デザインが一新され、特にカスタム系のデザインが派手になるでしょう。

スペーシアのデザインといえば、先日、スペーシアカスタムZという派手なデザインのグレードが追加されました。

spaciaz8.jpg出典スズキ

新型スペーシアでは、はじめから派手なデザインとなるでしょう。

スズキの車は画像が入ってくるのが遅いですが、また更新します。

燃費

新型スペーシアは、現行アルトから採用されている新型プラットフォーム「ハーテクト」が採用され、ボディが軽量化されるでしょう。

新型スペーシアでは、このプラットフォームが採用されることにより、30~50kg軽量化されるでしょう。

新型スペーシアの燃費は、33km/L程度になると予想されています。

新型スペーシアには、ストロングハイブリッドが搭載されるのではないかと言われていましたが、今のところ具体的な情報は出てきていません。

価格の問題と、今のところストロングハイブリッドを搭載しなくてもクラスNo1の燃費を実現しているので、ライバル車の動向を見てから。ということになるのでしょう。

もし、ストロングハイブリッドが投入されるならば、燃費は35km/Lオーバーになるでしょう。

室内空間

スペーシアはスーパーハイトワゴンということで、室内空間が重視される車です。

現行スペーシアも、先代のパレットに比べれは広くなったのですが、新型スペーシアでは更に室内空間が広くなるでしょう。

新型スペーシアの予想室内寸法は、

室内長2,300mm×室内幅1,350mm×室内高1,375mm

です。

室内長と室内幅が広くなるでしょう。

安全性能

スペーシアは、いち早くデュアルカメラブレーキサポートを採用し、クラスNo1の予防安全性能を確保していましたが、新型スペーシアでは、スイフトやワゴンRなどに採用されているデュアルセンサーブレーキサポートに変更されるでしょう。

機能は、自動ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能など現行とほとんど変わりませんが、トヨタセーフティセンスCと部品を共有することで、コストカットが実現するものと思われます。

価格

新型スペーシアの価格は、現行スペーシアとほぼ同等となるでしょう。

新型スペーシアの予想価格は、

スペーシア・・・130万円程度~
スペーシアカスタム・・・155万円程度~

になるでしょう。

モデルチェンジの度に少しずつ価格が高くなっているトヨタなどと比べ、スズキはモデルチェンジされても価格があまり変わらないのでありがたいですね。

まだ情報が少ないですが、新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None