【アコード 新型 日本発売情報】アコードハイブリッド 発売日、画像、サイズ、燃費、価格、評価は?

スポンサーリンク

ホンダ、アコードのフルモデルチェンジが発表されて1年以上が経ちましたが、ようやく日本発売情報が入ってきました。

このページでは、新型アコードハイブリッドの発売日、デザイン、サイズ、燃費、価格など、最新情報をお伝えします。

新型アコードハイブリッドの日本発売日

新型アコードハイブリッドの日本発売日は、2020年初頭と予想されています。

アメリカでは既にフルモデルチェンジされており、2017年10月から販売されています。

アコードは、アメリカが主な販売地なので、日本は後回しですね。

日本仕様の新型アコードは、2019年の東京モーターショーで公開されます。

※追記

新型アコードのティザーページが公開されました。

https://www.honda.co.jp/ACCORD/new/

このティザーサイト内でも、「NEW ACCORD。2020年初め、待望の日本デビュー。」との文言があります。

新型アコードは、2020年初頭に発売されることは確定ですね。

新型アコードハイブリッドのデザイン

新型アコードハイブリッドのデザインを紹介します。

日本仕様はまだ公開されていないので、海外仕様の画像を紹介します。

エクステリア

accordhondausa1.jpg

accordhondausa2.jpg

accordhondausa3.jpg
出典http://hondanews.com/

「ソリッドウィングフェイス」と呼ばれる、フロントグリルからヘッドライトまでがつながったデザインが引き続き採用されています。

フロントマスクの印象は現行型に似ていて、ひと目見てアコードだと分かる顔つきをしています。

ひと目でアコードだ。と分かりそうです。

シビックセダン同様、クーペ風のスタイルが特徴的です。

カムリなど、ライバルの同クラスのセダンよりも、よりクーペ風のスタイルが強調されています。

リヤは、コの字型のブレーキランプが特徴的です。

インテリア

出典https://www.honda.ca

後部座席の足元空間は、現行型よりも約50mm拡大されています。

ただし、全高が下がっていることと、クーペスタイルで後部のルーフが低く抑えられているので、頭上空間は狭くなっていそうです。

スポンサーリンク

新型アコードハイブリッドのサイズ

新型アコードのサイズは、全長4,935mm×全幅1,860mm×全高1,450mmです。

現行モデルのサイズは、全長4,945mm×全幅1,850mm×全高1,465mmです。

先代よりも、全長は10mm短く、全幅は10mm広く、全高は15mm低くなっています。

モデルチェンジごとにどんどん大きくなってきたアコードですが、今度の新型アコードは、現行型とほぼ同じサイズです。

ちなみに、日本で一番比較されるであろう、トヨタ・カムリのサイズは、全長4,885mm×全幅1,840mm×全高1,445mmですから、カムリよりも少し大きいです。

新型アコードハイブリッドのパワートレイン

新型アコードは、日本では現行型と同じく、ハイブリッド専用車として販売されると予想されています。

<2.0Lハイブリッド>
システム最高出力・・・212ps
システム最大トルク・・・32kgm

現行アコードハイブリッドのシステム出力は198psですから、若干パワーアップしています。

パワーアップしていて、なおかつ軽量化されているので、現行型よりも更にパワフルな走りに期待できますね。

また、現行型よりもバッテリーパックが小型化され、これまで、トランクルームに搭載されていたバッテリーが、リヤシート下に移動することで、トランクルームのスペースが広くなります。

現行アコードでも、一応ゴルフバックは4つ積載することはできるようでしたが、やはり、ボディサイズの割には少し狭い。という声が多かったので、これは良いニュースですね。

海外では、1.5Lターボエンジンと、2.0Lターボエンジンも展開されています。

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・192hp
最大トルク・・・26.6kgm
トランスミッション・・・6速AT、6MT

<2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・252hp
最大トルク・・・360Nm
トランスミッション・・・10速AT、6MT

カムリは、ハイブリッド専用車とすることで再び注目され、成功していますが、アコードの方はそうとも感じません。

価格を下げるためにターボ車も導入すれば良いのでは?と個人的には思いますが、残念ながらそれはなさそうです。

※追記
上でも紹介した、ホンダのティザーサイトに、「日本が生み、世界が称えた、ハイブリッド・セダン」との文言があります。

ですから、やはり日本ではハイブリッド専用車になるということですね。

新型アコードハイブリッドの燃費

新型アコードハイブリッドの燃費は、海外で発表されている燃費を見る限り、先代と同程度になると予想することができます。

現行アコードハイブリッドの燃費は、JC08モードで31.6km/L、実燃費だと21km/L程度です。

新型アコードハイブリッドは、WLTCモードがカタログ燃費になるので、22km/L程度になるのではないかと思います。

ホンダセンシング搭載

米国仕様アコードのホンダセンシングの機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・前方衝突警報
・路外逸脱抑制機能
・車線逸脱警報
・車線維持支援システム
・アダプティブクルーズコントロール
・標識認識機能

この他、ブラインドスポットモニター、オートマチックハイビームなどの記載があります。

ホンダセンシングの機能は、現行アコードから特に変わっていません。

スポンサーリンク

新型アコードハイブリッドの価格

新型アコードの予想価格を紹介します。

米国での価格は、

ハイブリッドが25,100ドル~

1.5Lターボ車・・・23,570ドル~

2.0Lターボ車・・・30,130ドル~

となっています。

日本円に直すと、

ハイブリッド・・・約275万円~

1.5Lターボ車・・・約260万円~

2.0Lターボ車・・・約330万円~

となりますが、日本では、ハイブリッドが約350万円~と、現行よりは安くなるものの、米国価格よりはずいぶん高くなると予想されています。

アメリカでは、アコードは最量販車の一つで、日本人的感覚でいえば、「カローラ」的な感覚ですが、日本ではちょっとした高級車として売り出しているので、仕方がないですね。

もちろん、装備の面ではその分充実しており、全グレードでカーナビやホンダセンシングが標準装備となるでしょう。

最近のホンダ車は、CR-Vなど、海外が主戦場の車は、海外での価格よりもずいぶん高めに設定される傾向にあります。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

新型アコードハイブリッドの評価

新型アコードハイブリッドは、海外で発売されてすでに2年が経過しています。

評価は上々で、北米では、「ノースアメリカン・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

また、中国でも、「ベスト・ハイブリッドカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

海外で新型アコードに乗っている知人がいますが、キビキビ走って良いクルマだ。と言っています。(かなりざっくりですが(笑)

ホンダのティザーサイトにも、新型アコードの外国人ジャーナリストからの評価を紹介しているページがあります。

https://www.honda.co.jp/ACCORD/new/report/

ホンダのサイトなので、もちろん良いことばかり書いてあるわけですが、新型アコードハイブリッドのアピールしたいポイントが色々と紹介されています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする