【アコード 新型 2018】新型アコードハイブリッド 日本発売日、画像、価格など最新情報。ターボも

スポンサーリンク

ホンダ、アコードのフルモデルチェンジが発表されました。

今回は、アコード、アコードハイブリッドの最新情報をお伝えします。

日本発売日

アコードの日本発売日は、2018年末頃と予想されています。

アメリカでは既にフルモデルチェンジされており、2017年10月から販売されています。

アコードは、アメリカが主な販売地なので、日本は後回しですね。

デザイン

7月14日、新型アコードのデザインが発表されました。(米国仕様)

accordhondausa1.jpg

accordhondausa2.jpg

accordhondausa3.jpg
出典http://hondanews.com/ ”

シビックセダン同様、クーペ風のスタイルが特徴的です。

ホンダの最近の車は、「エキサイティングHデザイン」というデザインコンセプトを基に開発されていましたが、新型アコードからデザインコンセプトが変わる。と言われていました。が、あまり変わっていない印象です。

ひと目でアコードだ。と分かりそうです。

現在日本で販売されている、現行アコードハイブリッドと比べても、フロントマスクは、マイナーチェンジ?と思えるくらいの小さな変化です。

サイドのシルエットは、クーペ風になって、結構変わったかな。という印象です。

スポンサーリンク

スペック

新型アコードのスペックを簡単に紹介します。

新型アコードのサイズは、全長4,935mm×全幅1,860mm×全高1,450mmです。

先代よりも、全長は10mm短く、全幅は10mm広く、全高は15mm低くなりました。

全幅が大きくなったことで、日本国内での取り回しはそれなりに大変そうです。

新型アコードには、1.5Lターボエンジン、2.0Lターボエンジンが搭載されることが発表されています。

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・192hp
最大トルク・・・26.6kgm
トランスミッション・・・6速AT、6MT

<2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・252hp
最大トルク・・・360Nm
トランスミッション・・・10速AT、6MT

エンジンがパワフルになっている上、ボディは50kg以上軽くなっているので、よりスポーティーな走りを実現します。

現在、アコードは、日本ではハイブリッド専用車として販売されており、ハイブリッドしかラインナップされていませんが、ターボエンジンが登場するということで、1.5Lのものが日本で販売される可能性が高そうです。

現在、日本ではハイブリッドしかラインナップされていませんが、ダウンサイジングターボエンジンが採用されれば、それはそれでエコのアピールになり、なおかつハイブリッドよりも低価格で販売できるため、日本国内でもダウンサイジングターボモデルが販売されるかもしれません。

ハイブリッドシステム

新型アコードのハイブリッドシステムは、基本的には現行と同等のものが搭載されると予想されています。

<2.0Lハイブリッドシステム>
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm

モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgm

ただし、バッテリーパックが小型化され、これまで、トランクルームに搭載されていたバッテリーが、リヤシート下に移動することで、トランクルームのスペースが広くなります。

現行アコードでも、一応ゴルフバックは4つ積載することはできるようでしたが、やはり、ボディサイズの割には少し狭い。という声が多かったので、これは良いニュースですね。

現行アコードと比較すると、深さ、奥行きともに広くなっているように感じます。

また、後席シートが倒せるようになり、トランクスルーとすることもできるようになるみたいです。

バッテリーが小型化されたということは、軽量化もされているはずで、燃費性能も向上していることでしょう。

燃費は、1.5Lターボ車が20km/L程度、2.0Lハイブリッド車が、33km/L程度になると予想されています。

ホンダセンシング

米国仕様アコードのホンダセンシングの機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・前方衝突警報
・路外逸脱抑制機能
・車線逸脱警報
・車線維持支援システム
・アダプティブクルーズコントロール
・標識認識機能

この他、ブラインドスポットモニター、オートマチックハイビームなどの記載があります。

特に目新しい機能は掲載されていなかったので、ホンダセンシングの機能は現行と同等になるでしょう。

価格

新型アコードの予想価格を紹介します。

米国での価格は、

ハイブリッドが25,100ドル~

1.5Lターボ車・・・23,570ドル~

2.0Lターボ車・・・30,130ドル~

となっています。

日本円に直すと、

ハイブリッド・・・約275万円~

1.5Lターボ車・・・約260万円~

2.0Lターボ車・・・約330万円~

となりますが、日本では、ハイブリッドが約350万円~と、現行よりは安くなるものの、米国価格よりはずいぶん高くなるでしょう。

アメリカでは、アコードは最量販車の一つで、日本人的感覚でいえば、「カローラ」的な感覚ですが、日本ではちょっとした高級車として売り出しているので、仕方がないですね。

もちろん、装備の面ではその分充実しており、全グレードでカーナビやホンダセンシングが標準装備となるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク

歴代アコード

アコードは、シビックと同じく、フルモデルチェンジのたびにボディが大きくなり、米国が主戦場となった車です。

アコードは次のフルモデルチェンジで、10代目となります。

ここで、歴代アコードをかんたんに紹介します。

<初代アコード>
販売期間・・・1976年~1981年
サイズ・・・全長4,450mm×全幅1,620mm×全高1,360mm

初代アコードには、セダンとハッチバックがありました。

それぞれ、フィットやグレイス程度の大きさで、コンパクトであったことがわかります。

搭載されているエンジンも1.6Lと1.8Lと、当時のコンパクトカー、シビックのワンランク上であったことがわかります。

<2代目アコード>
販売期間・・・1981年~1985年
サイズ・・・全長4,410mm×全幅1,650mm×全高1,355mm
搭載エンジン・・・1.6L、1.8L

<3代目アコード>
販売期間・・・1985年~1989年
サイズ・・・全長4,535mm×全幅1,695mm×全高1,355mm

3代目アコードは、リトラクタブルヘッドライト(ボンネットからせり上がってくるヘッドライト)を採用し、スポーティーなデザインとなりました。

3代目で、全幅が5ナンバーサイズ一杯になりました。

<4代目アコード>
販売期間・・・1989年~1993年
サイズ・・・全長4,680mm×全幅1,695mm×全高1,390mm
搭載エンジン・・・1.8L、2.0L

4代目アコードは、先代とは一転、大人しいデザインとなりました。

<5代目アコード>
販売期間・・・1993年~1997年
サイズ・・・全長4,675mm×全幅1,760mm×全高1,410mm
搭載エンジン・・・1.8L、2.0L、2.2L

5代目アコードから、3ナンバーサイズになりました。

<6代目アコード>
販売期間・・・1997年~2002年
サイズ・・・全長4,635mm×全幅1,695mm×全高1,420mm
搭載エンジン・・・1.8L、2.0L、2.2L

6代目アコードは、3ナンバーサイズのものと、5ナンバーサイズのもの両方がありました。

<7代目アコード>
販売期間・・・2002年~2008年
サイズ・・・全長4,665mm×全幅1,760mm×全高1,450mm
搭載エンジン・・・2.0L、2.4L

7代目アコードの米国仕様は、インスパイアとして日本でも販売されていました。

このあたりのモデルから、今でもたまに見かけますね。

<8代目アコード>
販売期間・・・2008年~2013年
サイズ・・・全長4,730mm×全幅1,840mm×全高1,440mm
エンジン・・・2.0L、2.4L

2013年3月に日本国内での販売が終了し、一時アコードは日本市場から姿を消すことになりました。

<9代目アコード>
販売期間・・・2013年~
サイズ・・・全長4,945mm×全幅1,850mm×全高1,465mm
パワートレイン・・・2.0Lエンジン+モーター

8代目アコードの販売終了から3ヶ月開けて、日本ではハイブリッド専用車として復活しました。

9代目が現行アコードです。マイナーチェンジで静粛性が大きく高められました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする