スポンサーリンク


スズキ、エスクードのマイナーチェンジ情報をお伝えします。

発売日

エスクードは、7月に1.4Lターボエンジンが追加されましたが、あれはマイナーチェンジではなく、あくまでも新しいパワートレインが追加されただけ。ということで、あらためて2018年初頭にもマイナーチェンジされるようです。

東京モーターショーで何らかの発表があるかもしれません。

デザイン

新型エスクードのテスト走行の様子が撮影されています。

エスクードの海外向けモデル、「ビターラ」のテスト走行の様子です。

eskudo8.jpg

eskudo10.jpg

eskudo9.jpg

フロントは、グリルからフロントバンパーまで、新しくなりそうです。

サイドは特に変更はなさそうです。

リヤは、リヤコンビランプ、リヤハッチと、リヤバンパーもテープで止められているので、変更されそうです。


現行エスクードは、ターボモデルとNAモデルでデザインが差別化されていますが、引き続き差別化されるかは不明です。

パワートレイン

パワートレインは、現行から変わらないでしょう。

<1.6Lエンジン>
最高出力・・・117ps/6000rpm
最大トルク・・・15.4kgm/4400rpm

<1.4Lターボエンジン>
最高出力・・・136ps/5500rpm
最大トルク・・・21.4kgm/2100-4000rpm

予防安全性能

新型エスクードは、予防安全性能が向上するでしょう。

現行エスクードには、レーダーブレーキサポート2が搭載されています。

レーダーブレーキサポート2の機能は、

・自動ブレーキ
静止している車両に対しては、5-30km/h、移動している車両に対しては、5-100km/hで作動します。
歩行者には対応していません。

この他、衝突警報機能程度で、オートマチックハイビームや、飛び出し抑制機能などは搭載されていません。


新型エスクードには、デュアルセンサーブレーキサポートが搭載されるでしょう。

デュアルセンサーブレーキサポートの機能は、

・自動ブレーキ
対車両5-100km/h、対歩行者5-60km/hで作動する自動ブレーキ

・誤発進抑制機能

・車線逸脱警報機能

・ふらつき警報機能

・先行車発進お知らせ機能

・ハイビームアシスト機能

などが搭載されており、予防安全性能は大きく向上します。

価格

新型エスクードの価格は、予防安全性能の向上に伴って、数万円アップすると予想されています。

1.6Lエンジン搭載車・・・238万円

1.4Lターボエンジン搭載車・・・260万円

程度になるでしょう。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はmotor1.comから引用
 カテゴリ
 タグ
None