スポンサーリンク


ホンダから、クラリティシリーズのプラグインハイブリッド、クラリティPHEVが発売されます。

新型クラリティPHEVの最新情報をお伝えします。

発売時期

新型クラリティPHEVの発売日は、2018年8月中と予想されています。


デザイン

新型クラリティPHEVのデザインは、他のクラリティシリーズと同様のデザインになると予想されています。

エクステリア
clarityoff1.jpg出典ホンダHP

clarityoff2.jpg出典ホンダHP

clarityoff3.jpg出典ホンダHP


シビックやインサイトにも通じる、クーペ風セダンのスタイルですね。

サイドシルエットは、一見区別がつかないかもしれません。


インテリア
clarityoff4.jpg出典ホンダHP

clarityoff5.jpg出典ホンダHP

clarityoff6.jpg出典ホンダHP


インテリアは、ソフトパッドや木目パネルが多用されるなど、シビックなどとは一線を隠す高級感があります。


スペック

クラリティPHEVの予想スペックを紹介します。

サイズ・・・全長4,915mm×全幅1,875mm×全高1,480mm

サイズ感としては、アコードと同じくらいですね。


パワートレインは、1.5Lエンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドです。
モーター最高出力・・・181hp(約183ps)
モーター最高出力・・・232lbft(約32kgm)

バッテリー容量17kWh

モーター走行航続距離・・・75km

ガソリン走行燃費・・・17.9km/L(米国基準)
JC08モードだと、30km/L程度になると予想されています。


急速充電を利用すれば、2時間半でフル充電することができます。


このハイブリッドシステムは、低中速域ではモーターとエンジンの接続を切り離してモーターのみで走行し、高速域ではエンジンが主体となって走行するという、e-POWERの上位互換のようなシステムです。


1.5Lエンジンとモーターの組み合わせということで、インサイトのバッテリー容量を増やしたような感じかな?と思っていましたが、インサイトよりもずいぶんパワフルになるようです。

インサイトは、システム出力が151psですが、クラリティPHEVは、モーターだけで181hpもあります。


ホンダセンシング

クラリティPHEVには、ホンダセンシングが標準装備となります。

搭載される機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・アダプティブクルーズコントロール(渋滞追従機能付)
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

自動運転機能などは、特に搭載されないでしょう。


価格

クラリティPHEVの価格は、380万円~になると予想されています。

アメリカでの価格は、33,400ドル~36,600ドルと発表されています。

これを日本円に直すと、約350万円~390万円ということになりますが、日本での販売価格はもう少し高くなり、380万円~420万円くらいになるでしょう。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None