新型グランエースの価格は、高いのか?アルファード エグゼクティブラウンジよりは安いが、乗り心地、快適性が肝!

スポンサーリンク

2019年中に発売されることが予告されている、トヨタのフルサイズワゴン、グランエース。

グランエースの価格は、620万円~650万円ということが明らかになっています。

グランエースは、海外向けの新型ハイエースがベースということで、商用車がベースのくせに高すぎる。という声が結構聞こえてきます。

新型グランエースは、本当に高いのでしょうか?各所の作り込みを考えると、そうでもないと思います。

このページでは、新型グランエースと、アルファード・ヴェルファイア、ついでにベンツVクラスと比較しながら、本当に高いのか?というところを検証してみます。

新型グランエースのシート

新型グランエースには、アルファード、ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジと同等のシートが採用されています。

新型グランエース
新型グランエース 8人乗り シート

出典https://global.toyota

これは8人乗りの、Gグレードのインテリアです。

2列目シートは、アルファードのエグゼクティブラウンジグレードと同等の豪華なシートになっていることがわかります。

6人乗りのPremiumグレードのインテリアはまだ公開されていませんが、3列6人乗りで、2列目と3列目に、エグゼクティブラウンジと同等の豪華なシートが配置されるといわれています。

アルファード・エグゼクティブラウンジのシート

出典https://global.toyota

ヘッドレストから肘置き、オットマンの部分まで、新型グランエースとアルファード・エグゼクティブラウンジのシートは、そっくりですね。

ついでに、ベンツVクラスのシートとも比較

グランエースは、トヨタの新型車ということで、アルファードと比較されることが多いのですが、商用車がベースのワゴンという意味では、ベンツのVクラスも比較対象とすることができます。

メルセデス・ベンツVクラスは、ベンツの商用車、Vitoという車がベースのワゴンです。

こちらも、エクスクルーシブシートパッケージを選択すれば、オットマン付のシートにすることができます。


出典https://www.mercedes-benz.co.jp

このシートは長距離移動に重きを置いているベンツらしく、アルファードエグゼクティブラウンジのシートよりも少し硬めです。

グランエースの価格は、アルファードより安い!

新型グランエースの価格は、8人乗りのGグレードが620万円、6人乗りのPremiumグレードが650万円と、300万円台から購入することができるアルファード・ヴェルファイアに比べて高い!という声がとても多く聞こえてきます。

ただ、ベースは商用車であるものの、内外装のレベルは最上級グレードのエグゼクティブラウンジ相当であり、価格を比較するならば、エグゼクティブラウンジと比較するべきだと考えます。

アルファードエグゼクティブラウンジ(ガソリン車)の価格は、715万円~です。

もちろん、エンジンの違いなどはありますが、グランエースの価格はこれよりも100万円近く安いわけで、決して高すぎる価格設定ではないのではないでしょうか。

ちなみに、メルセデス・ベンツVクラスは、738万円~という価格設定になっていますが、今は購入することができなくなっています。

乗り心地、静粛性など、快適性が肝

新型グランエースが高級ワゴンとして認められるには、実際に乗ってみないとわからない「乗り心地」「静粛性」といった部分がどのレベルにあるのか。が肝になってきます。

これがアルファード・ヴェルファイアと同等であるならば、決して値段は高くない。むしろ安いくらいだと思いますが、商用車然とした乗り心地や、ディーゼルエンジンの音が賑やかなら、作り込みが甘いということになってしまいます。

こればかりは実際に乗ってみないとまだわかりませんが、トヨタからは、「徹底した振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求」した。とあるので、高いレベルに仕上げられていると期待しても良いのではないでしょうか。

新型グランエースは、私もどこかで試乗する機会があれば、乗ってみたいと思っています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする