【新型N-WGN グレード比較】 おすすめのグレードは?装備の違い、価格差を比較してみた

スポンサーリンク

先日発表されて、8月9日に発売される、新型N-WGN。

標準モデル、カスタムモデルともに、3グレード設定されています。

今回は、それぞれのグレードの装備の違いと、おすすめのグレードを紹介します。

N-WGN(標準モデル)

グレード構成

N-WGN標準モデルのグレード構成は、「G・Honda SENSING」「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」の3グレードです。

グレード別装備

それぞれのグレードの主な装備を紹介します。

<G・Honda SESNSING>
・ホンダセンシング
・パーキングセンサーシステム
・電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能
・テレスコピック&チルトステアリング
・フルオートエアコンディショナー
・助手席インパネガーニッシュ&トレー
・14インチスチールホイール

<L・Honda SENSING>
・360°スーパーUV・IRカットパッケージ
・ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
・充電用USBジャック
・運転席シートヒーター

<L・ターボ Honda SENSING>
・ターボエンジン
・LEDヘッドライト
・パドルシフト

ベースグレードのGグレードでも、装備は充実しています。

Lグレードには、360°スーパーUV・IRカットパッケージ紫外線を気にする女性には、Lグレードがおすすめかな。と思います。

ロングドライブを良くする方は、ターボエンジンが搭載されたL・ターボグレードがおすすめです。

ターボエンジンを搭載したモデルは、タイヤがインチアップされていたり、アルミホイールになっている車も多いのですが、新型N-WGN(標準モデル)では、全グレードで14インチのスチールホイールとなっています。

価格

新型N-WGN(標準モデル)3グレードの価格は、以下のようになっています。

G・Honda SENSING・・・1,274,400円

L・Honda SENSING・・・1,339,200円

L・ターボ Honda SENSING・・・1,501,200円

先代N-WGNでは、装備が少なめのCパッケージが用意されていましたが、新型N-WGNでは、実質GグレードとLグレードの2グレード構成となっています。

そのため、エントリー価格が高くなっています。

軽自動車は、ちょい乗り用にそれほど装備の充実を求めていない人も多いので、もうすこし装備が簡素で価格が安いグレードがあっても良いのでは?と思いますが、ないものは仕方がないですね。

スポンサーリンク

N-WGNカスタム

続いて、N-WGNカスタムのグレード構成と、装備を紹介します。

グレード構成

N-WGNカスタムのグレード構成も、標準モデルと同じく、「G・Honda SENSING」「L・Honda SENSING」「L・ターボ Honda SENSING」の3グレードです。

グレード別装備

新型N-WGNカスタムのグレード別の主な装備を紹介します。

<G・Honda SENSING>
・ホンダセンシング
・パーキングセンサーシステム
・9灯式フルLEDヘッドライト
・電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能
・テレスコピック&チルトステアリング
・充電用USBジャック
・フルオートエアコンディショナー
・助手席インパネガーニッシュ&トレー
・LEDシーケンシャルターンシグナルランプ&フルLEDリアコンビネーションランプ
・14インチアルミホイール

<L・Honda SENSING>
・360°スーパーUV・IRカットパッケージ
・ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
・充電用USBジャック
・運転席シートヒーター
・パドルシフト

<L・ターボ Honda SENSING>
・ターボエンジン
・本革巻ステアリングホイール
・パドルシフト
・15インチアルミホイール

N-WGNカスタムの方は、全車LEDヘッドライトと、シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、アルミホイールが標準装備となっています。

また、ターボ車のみ15インチタイヤになっています。

ターボ車は、乗り心地が少し硬めになっているものと思われます。

グレードの選び方は、標準モデルと同じく、NAエンジンなら、360°スーパーUV・IRカットパッケージが欲しいならLグレードで。特に必要ないならGグレードで。

ターボエンジンが必要ならL・ターボグレードということになります。

価格

新型N-WGNカスタム、3グレードの価格は、以下のようになっています。

G・Honda SENSING・・・1,512,000円

L・Honda SENSING・・・1,587,600円

L・ターボ Honda SENSING・・・1,663,200円

新型N-WGNのグレード構成、装備を紹介しましたが、NAエンジン搭載モデルが2グレード、ターボエンジン搭載モデルは1グレードのみの設定となっています。

正直、今回の新型N-WGNは、グレードごとの価格差が小さく、またグレード展開も少ないので、このグレードが強くおすすめ!というほどの違いはありません。

さきほども説明したように、グレードの選び方は、標準モデルと同じく、NAエンジンなら、360°スーパーUV・IRカットパッケージが欲しいならLグレードで。特に必要ないならGグレードで。

ターボエンジンが必要なら必然的にL・ターボグレードということになります。

関連記事

新型 N-WGN フルモデルチェンジ 最新情報! 発売日、画像、価格、エンジン、燃費など

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする