新型タントの、ミラクルウォークスルーパッケージを解説!機能、オプション価格など

スポンサーリンク

新型タントには、「ミラクルウォークスルーパッケージ」という乗り降りを便利にするための機能が用意されています。

軽自動車初の機能もいくつかあるので、今回は、ミラクルウォークスルーパッケージの機能や価格、便利な使い方を紹介します。

自動オープン、予約ロック機能

新型タントにはパワースライドドアのウェルカムオープン機能が搭載されています。

ウェルカムオープン機能とは、車を降りる時にスイッチで予約をしておけば、次に乗る時に、カードキーを持って車に近づくだけでパワースライドドアが自動で開く機能です。

大きな買い物に行くときに予約をしておけば、買い物が終わって車に戻る時、ドアが自動で開くので、とっても便利です。

左側(助手席側)パワースライドドアのウェルカムオープン機能は、Lグレード、カスタムLグレードを除く全グレードに標準装備です。

右側(運転席側)パワースライドドアのウェルカムオープン機能は、カスタムX、カスタムRSグレードに標準装備、

X、Xターボグレードには、54,000円でメーカーオプションとして装着することができます。

パワースライドドアタッチ&ゴーロック機能

パワースライドドアタッチ&ゴーロック機能とは、パワースライドドアが閉まっている途中にドアハンドルについている予約スイッチを押すと、閉まった後に自動でロックしてくれる機能です。

パワースライドドアが閉まり切るのには少し時間がかかるのですが、それを待たずに車を離れることができます。

左側パワースライドドアのドアタッチ&ゴーロック機能は、L、カスタムL以外のグレードに標準装備

右側パワースライドドアのドアタッチ&ゴーロック機能は、カスタムX、カスタムRXグレードに標準装備、

X、Xターボグレードには、上の自動オープン、予約ロック機能と一緒にオプションで54,000円で装着することができます。

助手席イージークローザー

助手席イージークローザーは、助手席側のドアを「半ドア」状態で締めても、自動で最後まで全閉してくれる機能です。

力の弱い子供や高齢者が扉をしっかりと閉めることをサポートしてくれます。

また、深夜などにドアを「バァン!」と閉める必要がないので、近所への配慮にもなります。

助手席ドアとスライドドアのイージークローザーは、L、カスタムL以外の全グレードに標準装備となっています。

スライドドア部分のイージークローザーは、スライドドアを採用している車ではそれほどめずらしいものではありませんが、助手席のヒンジドア部分のイージークローザーは、これまではクラウンなどの高級車しか採用されていなかった機能です。

クラウンでも、確か上級グレードにしか採用されていないような機能だったかと思います。

もちろん、軽自動車としては初の機能です。

ミラクルオープンドア

ミラクルオープンドアは、タントの一番の特徴ともいえる、助手席側の前のヒンジドアと後部のスライドドアの間にピラー(柱)がなく、広い開口幅を確保することができるドアのことです。

助手席の前後のドアを開ければ、1,490mmもの広い開口幅を確保することができ、乗り降りや、大きな荷物の積み下ろしが簡単です。

軽自動車でセンターピラーレスを実現しているのは、今のところ、タントと、ホンダのN-VANだけです。

ミラクルオープンドアは、新型タント全グレードに標準装備です。

ロングスライドシート

新型タント ロングスライドシート
出典https://www.daihatsu.co.jp

新型タントは、運転席、助手席ともにロングスライドシートとなっています。

運転席は540mm、助手席は380mmスライドします。

運転席ロングスライドシートは、X、Xターボ、カスタムX、カスタムRSグレードに標準装備

助手席ロングスライドは、全車に標準装備となっています。

特に、運転席ロングスライドシートは、後席にあたるくらいまで下げることができます。

運転席を一番後ろに下げれば、運転席に座ったまま後部座席に置いた荷物を取ったり、子供の世話をすることができます。

また、運転席を一番後ろに下げて、助手席を前に動かせば、助手席側から簡単に乗り降りすることができます。

ロングスライドシートといえば、ホンダのN-BOXが、スーパースライドシートという、助手席が570mmスライドするシートを採用していますが、センターピラーレスである新型タントの方が、乗り降りは楽なはずです。

ミラクルオートステップ

新型タント ミラクルオートステップ
出典https://www.daihatsu.co.jp

新型タントでは、助手席ドア、スライドドアの開閉に合わせて、段差を軽減するステップが自動で出てきます。

バスなどでは、乗り降りがしやすいようにドアの開閉と同時にこういったステップが出てくる車がありますが、軽自動車でこういったステップがついている車ははじめてではないでしょうか。

ミラクルオートステップは全グレードにディーラーオプションで、233,388円です。

結構高いオプションなので、それほど選択する方は多くないでしょうが、段差をまたぐのが辛い、足の悪い方が乗り降りするにはありがたいオプションですね。

ラクスマグリップ

新型タントには、助手席、運転席シートバック、助手席シートバックに乗り降りを補助するグリップを装着することができます。

助手席ラクスマグリップ
新型タント 助手席ラクスマグリップ
出典https://www.daihatsu.co.jp

運転席シートバックラクスマグリップ
新型タント ラクスマグリップ
出典https://www.daihatsu.co.jp

助手席シートバックラクスマグリップ
新型タント ラクスマグリップ
出典https://www.daihatsu.co.jp

助手席ラクスマグリップで3,240円

運転席シートバックラクスマグリップは、9,720円

助手席シートバックラクスマグリップは、11,858円

足の悪い方が乗り降りする時は、ミラクルオートステップと合わせて、必要な場所にグリップもつけると、より乗り降りがラクになりますね。

まとめ

これらの機能をまとめて、ミラクルウォークスルーパッケージといいます。

これまでだったらもっと高級な車にしか装備されていなかった機能が標準装備やオプションとして用意されています。

L以外のグレードには標準装備となっているものも多いですね。

使い勝手が良くて大人気のスーパーハイトワゴンですが、その中でも新型タントの使い勝手は一歩抜きん出ていますね。

使い勝手の動画

新型タント、ミラクルウォークスルーパッケージの便利な使い方の動画が、シチュエーション別で用意されています。

子育て世代向けの動画

買い物など、多目的に使う人向けの動画

高齢者向けの動画

紹介動画を見て、使い勝手をイメージして、必要なオプションを選択して便利な車にしましょう^^

新型タント関連記事

【新型 タント 2019】フルモデルチェンジ!カタログ情報まとめ。デザイン、燃費、価格など
新型タントの燃費は、実燃費重視!WLTCモード燃費、先代タントの実燃費から計算してみた【NA、ターボ】

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする