【新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ】発売日、デザイン、パワートレイン、燃費、価格予想など

スポンサーリンク

フィットのフルモデルチェンジに続いて、ホンダ、ヴェゼルのフルモデルチェンジ情報も少しずつ入ってきました。

このページでは、ホンダ・ヴェゼルの発売日、デザイン、パワートレイン、燃費、価格予想など、最新情報を紹介します。

新型ヴェゼルの発売日は、2020年秋

新型ヴェゼルの発売日は、2020年秋頃と予想されています。

現行ヴェゼルは2013年に発売されたので、約7年でのフルモデルチェンジとなります。

パワートレイン

新型ヴェゼルには、1.5Lガソリン車、1.5Lターボ車、1.5Lハイブリッド車の3種類のパワートレインがラインナップされると予想されています。

それぞれの予想スペックを紹介します。

<1.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・131ps/6600rpm
最大トルク・・・15.8kgm/4600rpm

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・172ps/5500rpm
最大トルク・・・22.4kgm/1700-5500rpm

ハイブリッド・・・最高出力150ps程度

特にハイブリッドは、新型フィットから採用されるe:HEVというあたらしいシステムとなります。

ターボエンジンは、現行モデルと同じくRSグレードにのみ設定されると予想されています。

ボディサイズは、現行型と同程度

新型ヴェゼルのボディサイズは、全長4,350mm×全幅1,790mm×全高1,605mm

現行ヴェゼルのサイズは、全長4,330mm×全幅1,770mm×全高1,605mmです。

スポンサーリンク

ホンダセンシング


出典https://www.honda.co.jp

新型ヴェゼルには、新型フィットと同等の最新のホンダセンシングが搭載されると予想されています。

新型フィットから、「近距離衝突軽減ブレーキ」「後方誤発進抑制機能」「アダプティブクルーズコントロール」「オートハイビーム」機能が追加され、ホンダセンシングの機能は全部で11種類となっています。

・近距離衝突軽減ブレーキ
近距離の壁などに衝突するおそれがある時に、自動でブレーキをかける機能

・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
前後に障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時、エンジン出力を抑制、また、自動でブレーキをかける機能

・アダプティブクルズコントロール
全車との車間距離を適切に保ち、アクセル、ブレーキを自動で制御する機能

・衝突軽減ブレーキ
車両や歩行者と衝突のおそれがある時、自動でブレーキをかける機能

・歩行者事故低減ステアリング
歩行者と衝突する恐れがある時、ステアリング操作を支援して衝突を回避する機能

・路外逸脱抑制機能
車線から逸脱しそうになった時、ステアリング操作を支援して逸脱を回避する機能

・車線維持支援システム
車線の中央を走行できるようにステアリング操作を支援する機能

・先行車発進お知らせ機能
先行車が発進したときに知らせる機能

・標識認識機能
制限速度、追い越し禁止、一時停止、進入禁止の標識を認識してディスプレイに表示する機能

・オートハイビーム
対向車や前走車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

新型ヴェゼルの価格は、10万円~20万円ほどアップか

新型ヴェゼルの価格は、現行モデルよりもガソリン車、ターボ車は10万円ほど、ハイブリッド車は20万円ほど高くなると予想されています。

<新型ヴェゼル予想価格>
ガソリン車・・・220万円程度~

ターボ車・・・260万円程度~

ハイブリッド車・・・270万円程度~

デザインは、まだ不明

新型ヴェゼルのデザインは、クーペ風SUVで、後部ドアのノブがCピラーに隠されるといった部分は現行型から受け継がれるようですが、詳しいデザインはまだ不明です。

もう少ししたらテスト走行の様子などもみられるでしょうから、また紹介します。

クーペ風デザインの、現行ヴェゼル

出典https://www.honda.co.jp

まとめ

新型ヴェゼルの一番の注目点は、新型フィットにも搭載されるあたらしいハイブリッドシステムの採用でしょう。

ハイブリッドシステムの完成度に関しては、先に発売される新型フィットにも注目したいですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする