【新型 ワゴンR マイナーチェンジ 最新情報】変更点を紹介!新型エンジン搭載!発売日、価格も

スポンサーリンク

スズキ、ワゴンRがマイナーチェンジ(一部改良)されます。

新型ワゴンRには、新型ハスラーに搭載されたエンジンがワゴンRにも搭載されます。

また、予防安全性能も向上します。

このページでは、新型ワゴンRの変更点など、最新情報を紹介します。

新型ワゴンRの発売日は、2020年1月20日!

新型ワゴンRの発売日は、2020年1月20日です。

フルモデルチェンジされる新型ハスラーと同日に発売されます。

新型ハスラーの情報は、こちらの記事で紹介しています。

【新型 ハスラー 2020】フルモデルチェンジ最新情報!発売日、予約、価格、スペック、内装、外装は?

新型ワゴンR、デザインの変更はナシ

今回の改良では、デザインの変更はありません。

ワゴンR FA、HYBRID FXグレード

出典https://www.suzuki.co.jp

ワゴンR HYBRID FZグレード

出典https://www.suzuki.co.jp

ワゴンRスティングレー

出典https://www.suzuki.co.jp

ワゴンRシリーズには3つの顔があります。

スポンサーリンク

新型ワゴンRには、新型エンジン搭載!

新型ワゴンRには、新型ハスラーにも搭載される新型エンジンが搭載されます。

<NA車 非ハイブリッド>
最高出力・・・49ps/6500rpm
最大トルク・・・5.9kgm/5000rpm

<NA車 ハイブリッド>
エンジン最高出力・・・49ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・5.9kgm/5000rpm
モーター最高出力・・・2.6ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

<ターボ車 ハイブリッド>
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

新型ハスラーでは、非ハイブリッド車がなくなりましたが、ワゴンRには非ハイブリッドシ車も残ります。

現行ワゴンRのパワートレインと比較してみましょう。

現行ワゴンRのパワートレイン

<NA車 非ハイブリッド>
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.1kgm/4000rpm

<NA車 ハイブリッド>
エンジン最高出力・・・52ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・6.1kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

<ターボ車 ハイブリッド>
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

少し気になるのは、NAエンジンの最高出力が下がっている点です。

最高出力だけ見ると、非力だと言われていた先代の日産デイズと同じです。

ワゴンRは車重が軽いので、それほど鈍足にはならないでしょうが、加速力、パワー感がどれくらいになっているかが気になるところです。

新型ワゴンRの燃費

新型ワゴンRの燃費を紹介します。

<NA車 非ハイブリッド>
JC08モード燃費・・・26.8km/L

WLTCモード燃費・・・24.4km/L
市街地モード・・・20.2km
郊外モード・・・26.8km/L
高速道路モード・・・25.5km/L

<NA車 ハイブリッド>
JC08モード燃費・・・31.0km/L

WLTCモード燃費・・・25.2km/L
市街地モード・・・23.0km/L
郊外モード・・・26.5km/L
高速道路モード・・・25.4km/L

<ターボ車 ハイブリッド>
WLTCモード燃費・・・23.4km/L
市街地モード・・・20.0km/L
郊外モード・・・25.0km/L
高速道路モード・・・24.2km/L

NA車しかJC08モードが公表されていないので、直接比較できるNA車の燃費を前期型と比較してみましょう。

前期型のNA車、非ハイブリッドのJC08モード燃費は、25.6km/L

前期型のNA車、ハイブリッドのJC08モード燃費は、33.4km/Lでした。

JC08モード燃費を比較すると、非ハイブリッド車は良くなっており、ハイブリッド車は悪くなっています。

実燃費がどうなっているのかにも注目したいですね。

スポンサーリンク

進化した予防安全性能

新型ワゴンRは、予防安全性能も向上しています。

新型ワゴンRの予防安全性能を紹介します。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・ヘッドアップディスプレイ

あたらしく追加されたのは、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能です。

新型ハスラーには、アダプティブクルーズコントロール機能が採用されており話題になりましたが、残念ながらワゴンRには採用されていません。

新型ワゴンRの価格

新型ワゴンRの価格を紹介します。

<ワゴンR>
FA・・・1,163,800円
HYBRID FX・・・1,280,400円
HYBRID FZ・・・1,421,200円

<ワゴンRスティングレー>
HYBRID X・・・1,501,500円
HYBRID T・・・1,653,300円

価格は、FF、CVT車のものです。

前期型と価格を比較してみましょう。

<ワゴンR 前期型の価格>
FA・・・1,098,900円
HYBRID FX・・・1,199,000円
HYBRID FZ・・・1,375,000円

<ワゴンRスティングレー 前期型の価格>
HYBRID X・・・1,515,800円
HYBRID T・・・1,689,600円

ワゴンRは10万円ほどの値上げ、ワゴンRスティングレーは若干の値下げとなっています。

まとめ

新型ワゴンRは、新型エンジンの搭載や予防安全性能の向上など、マイナーチェンジと言っても良いほどの変更内容となっています。

デザインが変わっていないので、マイナーチェンジではなく一部改良ということになっているのでしょう。

ライバルの軽トールワゴンの予防安全性能、運転支援機能がどんどん進化する中、ワゴンRは少し遅れた存在になっていましたが、予防安全性能は見劣りしないレベルになりました。

運転支援機能が少々物足りないのは否定できません。

ワゴンRは、軽トールワゴンの古株かつ定番ながら、最近は存在感が薄くなっていました。

あたらしくなったワゴンRは、再び注目を受けるのではないでしょうか。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする