半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 スズキ クロスビー マイナーチェンジ 2022】発売日、デザイン、変更点、価格予想など。フルモデルチェンジは、いつ?

スポンサーリンク

スズキ、クロスビーのマイナーチェンジ(一部仕様変更)が実施されました。

このページでは、クロスビーのマイナーチェンジ、フルモデルチェンジに関する情報を紹介します。

クロスビーのマイナーチェンジは、いつ?

クロスビーのマイナーチェンジは、2022年7月13日に発表されました。

発売日は、8月10日です。

新型クロスビーのデザイン

クロスビーはマイナーチェンジで、デザインが若干変更されています。

新型クロスビーのデザイン
2022年、新型クロスビーのデザイン
出典https://www.suzuki.co.jp(2022/7/14)

<変更点>
・フロントグリルのメッキ加飾デザイン変更
・アルミホイールデザイン変更
・新色、メロウディープレッドパール、ミネラルグレーメタリック採用
・シート表皮デザイン変更

これまでのクロスビー

新型クロスビーのカラー

クロスビーは、マイナーチェンジで、ボディカラーも変更されました。

<モノトーン>
・メロウディーブレッドパール
・スーパーブラックパール
・ピュアホワイトパール
・プレミアムシルバーメタリック

<ツートンカラー>
(ボディカラー✕ルーフカラー)
・メロウディブレッドパール✕ミネラルグレー
・スピーディーブルーメタリック✕ミネラルグレー
・バーニングレッドパールメタリック✕ミネラルグレー
・キャラバンアイボリーパールメタリック✕メロウディブレッド
・ミネラルグレーメタリック✕メロウディーブレッド
・タフカーキパールメタリック✕ホワイト
・キャラバンアイボリーパールメタリック✕ホワイト

<スリートーンカラー>
(ボディカラー✕ルーフカラー✕サイドカラー)
・タフカーキパールメタリック✕ミネラルグレー✕オレンジ
・スーパーブラックパール✕ホワイト✕レッド

新型クロスビー、その他の変更点

新型クロスビーでは、そのほか、以下のような変更が実施されました。

・USB電源ソケット採用
・プレミアムUV&IRカットガラス採用(HYBRID MZグレード)
・IRカット機能付フロントガラス採用(HYBIRD MVグレード)
・ブラックインテリアパッケージ→ブラウンインテリアパッケージに変更

新型クロスビーの価格

新型クロスビーの価格は、これまでよりも3~4万円ほど高くなりました。

<新型クロスビーの価格>
HYBRID MX・・・1,840,300円
HYBRID MV・・・1,994,300円
HYBRID MZ・・・2,099,900円

<これまでのクロスビーの価格>
HYBRID MX・・・1,805,100円
HYBRID MV・・・1,948,100円
HYBRID MZ・・・2,062,500円

スポンサーリンク

クロスビーの、フルモデルチェンジは?

クロスビーは、ハスラーの普通車版ともいえる車です。

ハスラーのフルモデルチェンジ後は、クロスビーはフルモデルチェンジされないの?という質問を受けることも多くなってきたのですが、今のところ、フルモデルチェンジされるという情報は、入ってきていません。

今回、デザインの変更を伴ったマイナーチェンジが実施されるようですから、フルモデルチェンジは、当分はないでしょう。

このまま販売終了となる可能性も

販売絶好調のハスラーに対し、クロスビーの売れ行きは、それほど良くありません。

最近のクロスビーの月間販売台数は、500台~1000台程度です。

毎月5000台以上売れているハスラーとは、実に10倍もの差があります。

この販売台数だと、このまま、フルモデルチェンジはされずに生産終了となる可能性もあるでしょう。

ただ、当面は販売が続けられるはずです。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

クロスビー発売時の情報

発売日

XBEEの発売日は、2017年12月25日です。

既にカタログの配布が始まっているので、気になる方はディーラーに確認してみてください。

デザイン

デザインは、ハスラーの印象を色濃く受け継ぎつつ、ボディは専用に設計されます。

ジムニーとジムニーシエラのようにボディを流用してエンジンのみ普通車のものを搭載したのとは違います。

カラーラインナップ

新型XBEEには、スリートーンカラー、ツートンカラー、モノトーン合わせて11色のボディカラーがラインナップされます。

<モノトーン>
・ミネラルグレーメタリック

・スーパーブラックパール

・ピュアホワイトパール

<ツートンカラー>
ボディカラー×ルーフカラー

・ラッシュイエローメタリック×ブラック

・キャラバンアイボリーパールメタリック×ホワイト

・クラッシーブラウンメタリック×ホワイト

・スピーディーブルーメタリック×ブラック

・ファーベントレッド×ブラック

・フレイムオレンジパールメタリック×ブラック

<スリートーン>
ボディカラー×ルーフカラー×ボディ側面下部

・ミネラルグレーメタリック×ホワイト×イエロー

・スーパーブラックパール×ホワイト×オレンジ

モノトーンよりもマルチトーンの方が多くなっています。

エンジン、燃費

XBEE(クロスビー)には、1.0Lターボエンジンが搭載されます。

現在、1,0Lターボエンジンはスイフトとバレーノに搭載されていますが、微妙にスペックが異なります。

スイフトターボ
最高出力・・・102ps/5500rpm
最大トルク・・・15.3kgm/1700-4500rpm

バレーノターボ
最高出力・・・111ps/5500rpm
最大トルク・・・16.3kgm/1500-4000rpm

XBEEに搭載されるエンジンの詳しいスペックはまだ分かっていませんが、これらに近いスペックとなるでしょう。

燃費は、FF車が22.0km/L、4WD車が20.6km/Lです。

グレード、装備

XBEE(クロスビー)は、HYBRID MXと、HYBRDI MZの2グレード構成となっています。

主な装備を紹介します。

HYBRID MX
・ブースタージェットエンジン
・マイルドハイブリッド
・運転席、助手席SRSエアバッグ
・ESP
・エマージェンシーストップシグナル
・走行モード(スポーツ/スノー)
・グリップコントロール(4WDのみ)
・ヒルディセントコントロール(4WDのみ)
・パドルシフト
・16インチアルミホイール
・ラゲッジアンダーボックス

HYBRID MZ(HYBRID MZに加えて)
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・LEDヘッドランプ
・LEDフロントフォグランプ
・クルーズコントロールシステム
・本革巻ステアリングホイール
・撥水加工ファブリックシート表皮
・防汚タイプラゲッジフロア

以上のようになっています。

予防安全装備

新型クロスビーには、デュアルセンサーブレーキサポートをはじめとした予防安全装備が、「スズキセーフティサポートパッケージ」として用意されています。

スズキセーフティサポートパッケージの内容は、

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・リヤパーキングセンサー
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・オートライトシステム
・ライト自動消灯システム

です。

価格

新型XBEEの価格を紹介します。

HYBRID MX・・・1,765,800円
(2トーンルーフ、3トーンコーディネート仕様車1,809,000円)

HYBRID MZ・・・1,908,360円
(2トーンルーフ、3トーンコーディネート仕様車1,951,560円)

主なオプション
セーフティパッケージ・・・106,920円
全方位カメラパッケージ・・・47,520円
LEDパッケージ・・・75,600円

ターボエンジンとハイブリッドが組み合わされるということで、ちょっと高めかな?と思います。

ハスラーとバッティングしないようにしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク