半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 アコード 2023】フルモデルチェンジ情報。日本では、2022年に生産終了(販売終了)の可能性

スポンサーリンク

ホンダ・新型アコードのフルモデルチェンジが、もうすぐ実施されると予想されています。

このページでは、新型アコードのフルモデルチェンジ情報、マイナーチェンジ情報を紹介します。

新型アコードのフルモデルチェンジ時期

アコードのフルモデルチェンジは、2023年中に実施されると予想されています。

日本では、現行アコードが発売されたのは2020年ですが、海外では2017年にフルモデルチェンジされており、2023年で6年となります。

新型アコードのデザイン

新型アコードと思われる車両のテスト走行の様子がスクープされています。

これを見る限り、ヘッドライトがシャープになっているように見えます。

また、全長が長くなっているようにも見えます。

アコードは、世界的にはベストセラーであるものの、日本での販売は低迷しており、日本では2022年中にも販売終了されるのではないかといわれています。

スポンサーリンク

ここからは、2020年に発表されたマイナーチェンジ情報を紹介します。

2020年マイナーチェンジ情報

デザイン

新型アコードのデザインを紹介します。


出典https://hondanews.com(2021/10/15)

現行型と比較すると、フロントグリル内にシルバーのラインが入って、質感が向上しています。

現行アコード

出典https://www.honda.co.jp(2021/10/15)

また、フォグランプ部分のデザインも変更されています。

さらに、ホイールのデザインも変更されています。

インテリアでは、標準装備となっているカーナビのデザインが変わっています。


出典https://hondanews.com(2021/10/15)

ボリューム等を調整するつまみが確認できます。

スポンサーリンク

ボディサイズ

新型アコードは、デザインは変わっていますが、ボディサイズは変わっていません。

<アコードのボディサイズ>
全長4,900mm✕全幅1,860mm✕全高1,450mm

パワートレイン

アコードは、日本ではハイブリッドのみが販売されているわけですが、ハイブリッドシステムに改良が加えられ、より自然な加速感、よりダイレクトな加速を実現した。ということです。

出力等に変更はありません。

<2.0Lハイブリッドシステム>
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgf・m/3500rpm
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgf・m

予防安全性能

新型アコードでは、ホンダセンシングの機能に、近距離衝突軽減ブレーキ機能が搭載されました。

さらに、アダプティブクルーズコントロールは、ブレーキ制御がよりスムーズに。

レーンキープアシストシステムは、より自然に車線中央を走行することができるようになっています。

<ホンダセンシングの機能>

・近距離衝突軽減ブレーキ
近距離の壁などに衝突するおそれがある時に、自動でブレーキをかける機能

・誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
前後に障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時、エンジン出力を抑制、また、自動でブレーキをかける機能

・アダプティブクルズコントロール
全車との車間距離を適切に保ち、アクセル、ブレーキを自動で制御する機能

・衝突軽減ブレーキ
車両や歩行者と衝突のおそれがある時、自動でブレーキをかける機能

・歩行者事故低減ステアリング
歩行者と衝突する恐れがある時、ステアリング操作を支援して衝突を回避する機能

・路外逸脱抑制機能
車線から逸脱しそうになった時、ステアリング操作を支援して逸脱を回避する機能

・車線維持支援システム
車線の中央を走行できるようにステアリング操作を支援する機能

・先行車発進お知らせ機能
先行車が発進したときに知らせる機能

・標識認識機能
制限速度、追い越し禁止、一時停止、進入禁止の標識を認識してディスプレイに表示する機能

・オートハイビーム
対向車や前走車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

今回、アメリカでマイナーチェンジが発表されましたが、このマイナーチェンジが日本でも適用されるかは、不明です。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク