新型 フェアレディZ(Z35型)フルモデルチェンジ、リーク情報! 発売時期、画像、スペック、価格予想など

スポンサーリンク

次期フェアレディZは、ツインターボエンジンやハイブリッドの採用、予防安全機能、運転支援機能が採用される。といった情報が出てきています。

このページでは、次期フェアレディZ(Z35)のフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

新型フェアレディZ(Z35)の発売時期

新型フェアレディZ(Z35型)の発売時期は、2021年中と予想されています。

現行フェアレディZは、2008年に発売されています。すでに12年が経過しています。

2020年5月末に開催された経営計画発表会の中で、日産は、「AからZまで」ということで、今後投入予定の新型車のシルエットを公開しました。

Aは、まもなく発表されすSUVのEVであるアリア、そして、Zが新型フェアレディZです。

9月16日に、フェアレディZのプロトタイプがオンラインで発表されました。

あくまで、新型フェアレディZの発表ではなく、プロトタイプの発表なので、発売はもう少し先ですが、楽しみですね。是非見てみましょう。

スポンサーリンク

新型フェアレディZ(Z35)のデザイン


出典https://global.nissannews.com

新型フェアレディZは、これまでのZのデザインを融合した、少しレトロなデザインになっています。

フェアレディZといえば、長いノーズ、直角にストンと落ちるリヤのデザインが特徴的でした。

新型フェアレディZは、こういったかつてのフェアレディZの特徴を再現したデザインとなっています。

レトロさを感じさせるエクステリアとは違い、インテリアは先進的なものとなっています。


出典https://global.nissannews.com

メーター部分には、12.3インチの大型ディスプレイが採用されています。

シフトアップに最適なタイミングを、メーターの針が真上を示すことで教えてくれます。

イエローのアクセントが各所にほどこされ、スポーティーさを際立てています。

新型フェアレディZ(Z35)のボディサイズ

新型フェアレディZ(プロトタイプ)のボディサイズは、全長4,382mm✕全幅1,850mm✕全高1,310mmです。

現行モデルのサイズは、全長4,260mm✕全幅1,845mm✕全高1,315mmですから、全長と全幅は大きく、全高は低くなるようです。

新型フェアレディZ(Z35)のパワートレイン

新型フェアレディZ Z35型には、3.0Lツインターボエンジンと、3.5Lハイブリッドがラインナップされると予想されています。

それぞれの予想スペックを紹介します。

<3.0Lツインターボエンジン>
最高出力・・・304ps/6400rpm
最大トルク・・・40.8kgm/1600-5200rpm

<3.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・306ps/6800rpm
エンジン最大トルク・・・35.7kgm/5000rpm
モーター最高出力・・・68ps
モーター最大トルク・・・29.6kgm

エンジンは、「Zに求められる性能と扱いやすさの開発が進められています。」とのことなので、更にパワーアップされる可能性も十分にあります。

3.5Lハイブリッドは、現行の3.7Lエンジンを上回るパフォーマンスを発揮するでしょう。

現行フェアレディZには、3.7Lエンジンが搭載されています。

<3.7Lエンジン>
最高出力・・・336ps/7000rpm
最大トルク・・・37.2kgm/5200rpm

現行フェアレディZ NISMOには、専用にチューニングされた、3.7Lエンジンが搭載されています。

<NISMO用3.7Lエンジン>
最高出力・・・365ps/7400rpm
最大トルク・・・5200rpm

NISMOモデルは、現行よりも大きくパワーアップすると予想されています。

ただ、それほど販売台数を見込めない日本において、全てのパワートレインが投入されるかどうかは不明です。

スポンサーリンク

新型フェアレディZ(Z35)の先進機能

新型フェアレディZのAT車には、自動運転機能、プロパイロットを搭載することができるようになると予想されています。

新型フェアレディZに搭載が予想されている先進機能を紹介します。

・プロパイロット2.0
・インテリジェントパーキングアシスト
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・車線逸脱防止支援システム
・車線逸脱警報
・後側方衝突防止支援システム
・後側方車両検知警報
・ふらつき警報
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能
・フロント&バックソナー

価格予想

新型フェアレディZの予想価格を紹介します。

ターボ車・・・400万円台後半~

ハイブリッド車・・・700万円程度~

新型フェアレディZプロトタイプの発表会の中で、「Zはいつの時代も手が届くスポーツカーであり、最高の体験を求めるドライバーが意のままに操ることができるスポーツカーです」とのコメントがあったので、エントリーグレードはそれなりに価格が抑えられることが期待されちえます。

フェアレディZに関して新しい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする