【トヨタ カローラクロス】日本発売時期、デザイン、サイズ、エンジン、価格予想など、最新情報!ツートンカラーはなし。

スポンサーリンク

トヨタから、ライズとRAV4の中間にあたり、C-HRよりも少し大きいくらいのスペース重視系のSUV、カローラクロスが発表されました。

このページでは、カローラクロスの発売時期、サイズ、パワートレイン、価格予想など、最新情報を紹介します。

カローラクロスの日本発売時期

新型カローラクロスは、2020年7月9日にタイでワールドプレミアされました。

日本発売時期は、2020年末ごろになると予想されいています。

トヨタは、日本発売時期に関しては何も発表しておらず、「今後、順次、導入国を拡大してまいります。」とだけコメントしています。

日本発売時期についてまだ詳しい情報はありませんが、ヤリスクロスの発売が2020年秋と発表されている(どうやら8月31日になりそう)なので、少なくともその後になるでしょう。

カローラクロスのデザイン

カローラクロスは、RAV4、ライズなどのように角ばっていてスペース重視のSUVです。


出典https://global.toyota

フロントマスクは、カローラの面影はあまりありません。

全体的に、RAV4を小さくしたようなデザインですね。

インテリアは、カローラとほぼ同じですが、センターコンソールに縦の柱が追加されていて、力強さを演出しています。

カローラクロスのインテリア


出典https://global.toyota

カローラツーリングのインテリア


出典https://global.toyota

デジタルメーターが採用されているので、最上級グレードに相当するモデルの写真かと思います。

カローラシリーズは、後部座席の足元空間がそれほど広くないのですが、写真を見る限り、カローラスポーツなどと同程度の広さに見えます。

頭上空間が広くなっているのは間違いないでしょうが、後部座席の足元はそれほど余裕はなさそうです。

カローラクロスのカラー

カローラクロスのカラーは全部で7色で、ツートンカラーはありません。


出典https://www.toyota.co.th

・セレスタイトグレーメタリック
・プラチナホワイトパール
・アティチュードブラックマイカ
・メタルストリームメタリック
・レッドマイカメタリック
・ネビュラブルー
・グラファイトメタリック

カローラクロスのサイズ

カローラクロスのサイズは、RAV4とライズの間、C-HRよりも少し大きいくらいです。

<カローラクロスのサイズ>
全長4,460mm✕全幅1,825mm✕全高1,620mm

ホイールベース・・・2,640mm
最小回転半径・・・5.2m

<ライズ>
全長3,995mm✕全幅1,695mm✕全高1,620mm

<C-HR>
全長4,360mm✕全幅1,795mm✕全高1,550mm

<RAV4>
全長4,600mm✕全幅1,855mm✕全高1,685mm

スポンサーリンク

リヤサスペンションがトーションビームになっている

カローラクロスで一つ気になるのは、リヤサスペンションがトーションビームになっている点です。

カローラツーリングやカローラスポーツでは、リヤサスペンションはダブルウィッシュボーンが採用されています。

一般的に、ダブルウィッショボーンの方が乗り心地、安定性が良くなる。

その一方で、トーションビームの方がコスト、スペースを抑えることができます。

一応、新型のトーションビームビームサスペンションが採用されており、「新型トーションビームサスペンションと、大型で柔らかいブッシュを採用することで、全席での快適な乗り心地を実現」ということなので、トーションビームでも十分な性能を持っているのだと思います。

カローラクロスのパワートレイン

カローラクロスのパワートレインは、1.8Lガソリンエンジンと、1.8Lハイブリッドの2種類が設定されます。

<1.8Lガソリンエンジン>
最高出力・・・140ps/6000rpm
最大トルク・・・18.05kgf・m/4000rpm

<1.8ハイブリッド>
エンジン最高出力・・・98ps/5200rpm
エンジン最大トルク・・・14.5kgf・m/3600rpm
モーター最高出力・・・72ps
モーター最大トルク・・・16.6kgf・m

ガソリンエンジンのトルクが、カローラツーリングのものよりも若干アップしていますが、基本的にパワートレインはカローラツーリングのガソリンエンジン、ハイブリッドと同じです。

カローラクロスの先進機能

カローラクロスには、「カローラシリーズの安全装備を引き継ぎ、お客様に安全・安心を提供」とされています。

・プリクラッシュセーフティ
車両、歩行者、昼間の自転車に対応した自動ブレーキ機能

車両対しては10km/h~以上で作動
歩行者、自転車に対しては10km/h~80km/hで作動

・レーントレーシングアシスト
車両の中央を走行できるようにステアリング操作をアシストする機能

・レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離を保つようにアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能

インテリアの画像を見る限り、パーキングブレーキは電動ではないので、全車速対応型ではないと思われます。

・オートマチックハイビーム
先行車、対向車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

・ロードサインアシスト
はみだし通行禁止、最高速度、車両進入禁止、一時停止の標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示する機能

・先行車発進告知機能
前に止まっている車が発進したにも関わらず、自車が発進しない場合に知らせる機能

・インテリジェントクリアランスソナー
障害物の接近を表示とブザーで知らせ、ブレーキ制御を行う機能

・ブラインドスポットモニター
隣を走る車両をレーダーで検知し、インジケーターを点灯させる機能

「カローラクロス」の安全性能を引き継ぐだけなら、カローラクロス以降から採用されている、「プリクラッシュセーフティ」の右折時の対向車に対応する機能や、アドバンスドパーク機能などは搭載されないのかもしれません。

スポンサーリンク

カローラクロスの価格

カローラクロスの価格は、ガソリン車が220万円程度~、ハイブリッド車が270万円程度~になると予想されています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする