相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【GRスープラ 新型 2022】一部改良で、MT追加。予約、価格予想、変更点を紹介。GRMNスープラは、出るのか。

スポンサーリンク

トヨタ、GRスープラの一部改良が発表されました。

どういったところが変更されたのでしょうか?

このページでは、スープラ、2022年一部改良の情報と、GRMNスープラ投入の可能性、スープラの基本情報を紹介します。

新型スープラの発売日、予約

新型スープラは、2022年夏ごろから商談受付開始、秋から納車開始の予定となっています。

予約開始の具体的な日時は、まだ発表されていません。

新型スープラ、2022年一部改良での変更点

今回の一部改良での変更点を紹介します。

<全グレード共通の改良点>
・AVS制御、アブソーバー減衰特性のチューニング
ロールバランス、乗り心地の向上に寄与

・スタビラーブッシュの特性変更
操舵初期の応答性の向上を実現

・AVS、EPS、VSCの見直し
操舵フィーリング、限界域でのコントロール性の向上

・ボルカニックアッシュグレーメタリック、ドーンブルーメタリック新設定

<RZグレード、SZ-Rグレードの改良点>
・JBLプレミアムサラウンドシステムのチューニングの最適化

<RZグレードのみの改良点>
・6MT車の投入
握りやすい球体のシフトノブが採用されています。iMTの採用が採用されており、スムーズな変速が可能となっています。

・MT車専用のサウンドチューニング

・19インチアルミホイール(新デザイン)
一本あたり1.2kg軽量化されています。

・マットアパランチホワイトメタリック設定
台数限定とのことです。

・タンカラー内装を設定

新型スープラの価格

まだ、価格は発表されていませんが、大きな変更はないと予想されています。

<GRスープラの価格>
SZ・・・4,995,000円
SZ-R・・・6,013,000円
RZ・・・7,313,000円

スポンサーリンク

スープラGRMNの予想情報

スープラGRMNの発売時期

スープラGRMNの発売時期は、2023年ごろと予想されています。

台数限定になるという情報もありますが、詳細はまだ不明です。

スープラGRMNのパワートレイン

スープラGRMNには、BMW、M3/M4に搭載されている、3.0Lターボエンジンが搭載されると予想されています。

<M4のターボエンジン>
最高出力・・・・510ps/6250rpm
最大トルク・・・66.3kgf・m/2750-5500rpm

現行スープラのエンジンは、以下の3種類です。

<2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・197ps/4500rpm
最大トルク・・・32.7kgf・m/1450-4200rpm

<2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・258ps/5000rpm
最大トルク・・・40.8kgf・m/1550-4400rpm

<3.0Lターボエンジン>
最高出力・・・387ps/5800rpm
最大トルク・・・51.0kgf・m/1800-5000rpm

既存のエンジンよりもかなりパワフルなエンジンが搭載されることになりそうです。

また、MTも設定されると予想されています。

スープラGRMNの価格

スープラGRMNの価格は、1000万円を超えてくると予想されています。

<現行スープラの価格>
SZ・・・4,995,000円
SZ-R・・・6,013,000円
RZ・・・7,313,000円

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

スープラ発売時の情報

ここから先は、スープラ発売時の情報です。

発売日

新型スープラは、2019年1月14日に開催された、デトロイトモーターショーでワールドプレミアされました。

その後、日本では2019年5月17日に発売されました。

予約受付

予約受け付けが始まるのは、発売日の1ヶ月前となることが多いので、4月中旬には予約受付がはじまるとみられています。

新型スープラはそれほど生産台数が多くないはずなので、注文が遅れると半年~1年待ちといったことになってしまう可能性もあります。

納期

新型スープラ、RZグレードは、半数以上の販売店で、1年分の割当台数分の注文が入ったということです。

RZグレードに関しては、これから注文する場合、納期が1年以上かかってしまう覚悟が必要です。

SZグレード、SZ-Rグレードでも、半年以上となる可能性が高く、増産でもされない限り納期がかなり長くなりそうです。

こういった趣味性の高い車は、毎月の生産台数が少ないわりに、発売当初は注文が集まる傾向にあるので、納期が長くなりやすいです。

スポンサーリンク

初のGR専用車

新型スープラは、初のGRブランド専用車になります。

少し前にトヨタはスポーツブランドを再構築し、「GRMN」「GR」「GRスポーツ」の大きく3つに分けたことを知っている方も多いかと思います。

これらのブランドは、ベース車両に対する強化具合によっていずれかのブランド名を冠していたのですが、新型スープラは、はじめから走りに特化したスポーツカーとして、GRブランドのみからの発売となります。

スポーツカーの86でも、ベース車両とGRブランドに分かれていますが、スープラはGRブランドからしか発売されないということで、相当力が入っているということがうかがえますね。

さらに遅れて、上位ブランドの「GRMN」モデルも発売されると予想されています。

デザイン

ホイールベースがとても短いことがわかります。

2シーターということもありますが、ホイールベースは86よりも短く、回頭性の良さにつながっています。

ボンネットがながく、室内がとても狭いデザインとなっています。実用性とは真逆ですが、これを「ロングノーズ、ショートキャビンシルエット」としています。

インテリアはいかにもBMWですね。

兄弟車、BMW Z4のインテリアとはまた違いますが、インテリアのデザインはBMWに任せたような感じです。

デザインコンセプトは、「Condensed Extreme*5 L6 FR “TOYOTA” Sports」ということです。

Condensedとは、「凝縮された」という意味です。

Extremeとは、「過激な」という意味です。

つまり、「凝縮された、過激なトヨタの直6 FRスポーツカー」ということになります。

紹介動画もいくつか公開されています。

新型スープラ(米国仕様)プロモーション映像
「Supra is Back」篇

スポンサーリンク

カラーラインナップ

<新型スープラカラーラインナップ>
・ホワイトメタリック
・シルバーメタリック
・アイスグレーメタリック
・マットストームグレーメタリック
・ブラックメタリック
・プロミネンスレッド
・ライトニングイエロー
・ディープブルーメタリック

イメージカラーは、マットストームグレーメタリックです。

エンジンスペック

新型スープラは、BMW Z4の後継にあたるBMW Z5と兄弟車になります。

搭載されるエンジンはBMW製で、2種類の2.0Lターボエンジンと、3.0Lターボエンジンです。

それぞれのスペックは、

<直4、2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・197ps/4500-6500rpm
最大トルク・・・32.6kgm/1450-4200rpm

<直4、2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・258ps/5000-6500rpm
最大トルク・・・40.8kgm/1550-4400rpm

<直6、3.0Lターボエンジン>
最高出力・・・340ps/5000-6500rpm
最大トルク・・・51.0kgm/1600-4500rpm

です。

トランスミッションは、ATのみで、MTは設定されないようです。これは残念ですね。

スポンサーリンク

ボディサイズ

GRスープラのボディサイズは、全長4,380mm×全幅1,865mm×全高1,290mmです。

日本で最後に販売されていたスープラのサイズは、全長4,520mm×全幅1,810mm×全高1,275mmですから、全長は140mm短く、全幅は45mm広く、全高は20mm高くなる。ということですね。

これくらいのサイズなら、大きすぎることもなく、運転しやすいサイズですね。

走り

新型スープラは走りに特化したスポーツカーですから、走りに関するこだわりもいろいろと発表されています。

いくつか紹介します。

・「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つを最重要ファクターととらえ、ピュアスポーツカーとしての理想を追求した。

・ホイールベースとトレッドの比は1.55で、優れた回頭性を実現

・水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低い重心高を実現

・前後の重量バランスは、50:50を実現

・86の約2.5倍のボディ剛性を実現。レクサスLFAをも上回る剛性となっている。

・軽快なスポーツ走行を楽しめるエンジンから、思い通りの加速を味わえるパワフルなエンジンまで、3種類のエンジンをラインナップ

・バネ下重量の低減、高剛性を実現した、新設計サスペンションを採用

・一部グレードには、アダプティブバリアブルサスペンションシステムを搭載

・有名なニュルブルクリンクの他にも、アウトバーン、氷雪路など、様々な路面で走行試験を実施

予防安全性能

新型スープラには、トヨタセーフティセンスではなく、トヨタスープラセーフティという機能が搭載されています。

トヨタセーフティセンスよりは、若干機能が少ないです。

スープラには、以下のような予防安全、運転支援機能が搭載されています。

・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・ブラインドスポットモニター
・レーダークルーズコントロール
・リヤクロストラフィックアラート

グレード別装備

新型スープラには、SZ、SZ-R、RZという3つのグレードが設定されます。

それぞれのグレードのち外を、ざっくりと紹介します。

<SZ>
・トヨタセーフティセンス
・17インチタイヤ&アルミホイール
・本革巻ステアリングホイール
・ファブリックシート
・4スピーカー

<SZ-R>
・18インチタイヤ&アルミホイール
・アダプティブサスペンション
・ヘッドアップディスプレイ
・本革シート
・運転席&助手席パワーシート
・運転席&助手席シートヒーター
・12スピーカー

<RZ>
・19インチタイヤ&鍛造アルミホイール
・ブレンボ製4ポッドキャリパーブレーキ
・専用本革シート

価格

新型スープラの価格は、490万円~690万円です。

SZ・・・4,900,000円
SZ-R・・・5,900,000円
RZ・・・6,900,000円

兄弟車は、BMW Z4

ここまで紹介したとおり、新型スープラは、BMW、新型Z4との兄弟車です。

まず大きく違うのは、BMW Z4はソフトトップを採用しているということです。

ルーフを開ければ、オープンカーとして楽しむことができます。

一方のスープラは、ルーフは開きません。

搭載されているエンジンは、どちらも同じです。

走りに関しては、それぞれチューニングされており、性格が異なるということです。

どういった違いを見せてくれるのか、トヨタとBMWの違いが気になります。

価格も、トヨタブランドとBMWブランドということで、新型Z4の方が全体的に高めに設定されています。

スポンサーリンク