半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

センチュリーSUVの発売は、あるのか?価格は3000万円クラスに? 新型センチュリーのデザイン、価格、内装など最新情報

スポンサーリンク

トヨタの最高級車、センチュリーが、2018年にフルモデルチェンジされました。

このページでは、センチュリーのフルモデルチェンジ情報と、センチュリーSUVの噂を紹介します。

センチュリーSUVが登場か

センチュリーのSUVが投入されるのではないか。という噂が、数年前から出始めています。

まだ、テスト走行の様子が目撃されているわけではありませんが、ローロスロイス・カリナンのような重厚感のあるSUVになるなどといわれています。

ロールスロイス・カリナン

センチュリーSUVの価格は

センチュリーSUVが発売されるなら、価格は3,000万円クラスになるともいわれています。

現行センチュリーの価格は2,008万円です。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

スポンサーリンク

新型センチュリーの発売日

新型センチュリーの発売日は2018年6月22日です。

新型センチュリーのデザイン

東京モーターショー2017でプロトタイプモデルが公開されました。

新型クラウンは、コンセプトモデルでしたが、センチュリーは、プロトタイプということで、ほぼこのデザインで発売されます。

新型センチュリーのデザインを紹介します。

キープコンセプトで、ひと目見てセンチュリーと分かるデザインに仕上がっています。

新型レクサスLSが、スタイリッシュなルーフラインを採用するなど革新的なのとは対照的で、保守的ですね。

インテリアも、グレーの100%ウールシートで、落ち着いた室内となっています。

グレート木目の組み合わせは、現行型と同じです。

木目の色合いは、現行型よりも少し明るくなっているように感じられます。

2011年の東京モーターショーでは、センチュリーのコンセプトカー、FSハイブリッドコンセプトが公開されていました。

この時は扉が観音開きでしたが、今回のモデルは普通の開き方になっています。

最近のトヨタは、デザインに挑戦的で、成功した車もあれば、失敗した車もあるようですが、センチュリーに関しては、キープコンセプトで正解だと思います。

スポンサーリンク

新型センチュリーのボディカラー

新型センチュリーには、落ち着いた4色のカラーがラインナップされています。

・神威(かむい)エターナルブラック

・摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ

・飛鳥(あすか)ブラッキッシュレッドマイカ

・精華(せいか)シルバーメタリック

クラウンのジャパンカラーセレクションにもつながる、日本的なカラーの名前がつけられています。

新型センチュリーの塗装は、匠の手作業により、一点の曇りもなく、鏡のような輝きを実現している。ということです。

塗装と言えば、レクサスも塗装が綺麗なことで有名ですが、新型センチュリーは、それをも上回る美しい塗装を実現しているようです。

新型センチュリーの塗装に関する紹介動画が公開されています。

新型センチュリーのサイズ

新型センチュリーは、先代モデルよりもサイズが大きくなりました。

サイズは、全長5,335mm×全幅1,930mm×全高1,505mm

ホイールベースは3,090mmです。

現行型よりも、全長は65mm長く、全幅は40mm広く、全高は30mm高く、ホイールベースは65mm長くなりました。

全長、ホイールベースが延長された分は、後部座席の空間にあてられるということです。

新型センチュリーはショーファーカーとして、後部座席の快適性が更に高められます。

スポンサーリンク

新型センチュリーのパワートレイン

新型センチュリーには、V8、5.0Lエンジンとモーターのハイブリッドシステムが搭載されました。

エンジン最高出力・・・381ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・52.0kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・224ps
モーター最大トルク・・・30.6kgm
システム最高出力・・・431ps

5.0Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムといえば、先代レクサスLS600hに搭載されていました。

先代レクサスLS600hのスペックは、

エンジン最高出力・・・394ps/6400rpm
エンジン最大トルク・・・53.0kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・224ps
モーター最大トルク・・・30.6kgm

と、十分ハイパワーだったのですが、新型センチュリーに搭載されるシステムは、先代レクサスLSのものではなく、新開発のマルチステージハイブリッドシステムとなり、更にパワフルになるでしょう。

現行センチュリーのV12エンジンは、最高出力280psですから、かなりパワーアップすることになります。

モーターのトルクと合わせて、加速力もかなり高くなりそうです。

燃費は、13.6km/Lです。

ハイブリッドシステムのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーではなく、ニッケル水素バッテリーが採用されます。信頼性を優先した結果でしょう。

これで、国産乗用車唯一だったV12エンジンは、姿を消す事となります。

先代センチュリーは、12気筒あるうちの6気筒が故障しても残りの6気筒で走行することができる。といったフェイルセーフ機能が搭載されていましたが、システムを二重化しなくても十分な信頼性を確保できること、センチュリーは基本的には日本国内で使用されるため、そこまでの装備は過剰だということで、一般的なハイブリッドシステムが搭載されることになるようです。

V12エンジンは姿を消す事になりますが、レクサスLSが、V8からV6エンジンに変更されたため、トヨタ車、レクサス車の中でV8エンジンを搭載するのは、新型センチュリーと、ランドクルーザー、レクサスのFモデルのみとなります。

輸入車でも、ダウンサイジングの流れで、気筒数は減っている傾向にあるので、時代の流れですね。

新型センチュリーの安全性能

新型センチュリーには、トヨタセーフティセンスに加え、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートが搭載されると予想されています。

・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・アダプティブハイビームシステム
・レーダークルーズコントロール
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート
・クリアランスソナー&バックソナー

半自動運転機能など、あまり新しい機能は搭載されませんでした。

センチュリーは、基本的に運転手をつけて乗る車であるということと、あまり熟成されていない新機能を搭載するのは避けたのでしょう。

新型センチュリー快適性

センチュリーは、要人を後部座席に乗せるための車なので、快適性も大切なポイントです。

新型センチュリーでは、

・専用チューニングを施したサスペンションや高剛性ボディ、乗り心地に特化した新開発タイヤの採用により、路面から伝わる振動を抑制

・エンジンマウント特性の最適化、アクティブノイズコントロールシステムの採用で、圧倒的な静粛性を実現

・トランスミッションには2段変速式リダクション機能を搭載し、静かで滑らかな走行を実現

・無段階調整が可能な電動オットマン

・後部座席中央アームレストにタッチ式液晶マルチオペレーションパネル

などなど、後部座席の快適性を高めるための工夫がたくさんされています。

新型センチュリーの価格

新型センチュリーの価格は、現行よりも大幅にアップし、1,960万円になりました。

その後、更に値上げされ、2,008万円になっています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク