半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 クラウンクロスオーバー スペック、燃費予想】エンジン、パワートレインは、2.5Lハイブリッドと、2.4Lターボハイブリッドの2種類

スポンサーリンク

新型クラウンのエンジン、パワートレインは、現行モデルとは大きく変わるといわれています。

このページでは、新型クラウンのエンジン、パワートレインのスペック、馬力、燃費など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型クラウンクロスオーバーのエンジン、パワートレイン

新型クラウンには、2.5Lハイブリッドと、2.4Lターボハイブリッドが設定され、全車が4WDになると予想されています。

現行クラウンのパワートレインは、2.0Lターボエンジン、2.5Lハイブリッド、3.5Lハイブリッドの3種類で、FFも設定されていますから、大きく変わることになりそうです。

2.5Lハイブリッドのスペック、馬力、燃費予想

2.5Lハイブリッドシステムのスペック、馬力は、新型レクサスNXのスペックが参考になるでしょう。

<レクサスNXの2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・190ps
エンジン最大トルク・・・24.8kgf・m
モーター最高出力・・・182ps/54ps
モーター最大トルク・・・54ps/12.3kgf・m

若干パワーが抑えられ、システム出力は220ps程度になるといわれていますが、おおむねこれに近い数値となるはずです。

燃費は、22km/L程度になると予想されています。

現行クラウン2.5Lハイブリッド車の燃費は20.0km/Lですから、1割ほど向上するようです。

スポンサーリンク

2.4Lターボハイブリッドのスペック、燃費、馬力予想

スポーツグレードには、2.4Lターボハイブリッドが採用されると予想されています。

<予想スペック>
エンジン最高出力・・・270ps程度
エンジン最大トルク・・・45kgf・m程度
モーター最高出力・・・82ps/80ps
モーター最大トルク・・・30kgf・m/17kgf・m

こちらは、システム出力350psに迫る数値になるといわれています。

新型レクサスRX500hと共通するパワートレインとなるでしょうから、新型レクサスRX500hの参考にもなります。

2.4Lターボハイブリッドの燃費は、16km/L程度になると予想されています。

現行クラウン3.5Lハイブリッド車の燃費は16.0km/Lなので、こちらは同程度ということになりそうです。

【追記】
新型クラウンワールドプレミアライブの中で、システム出力は350馬力、システムトルクは550Nmになると発表されました。

※パワートレインのところから再生されます

現行モデルよりも、燃費、加速性能が向上か

2.5Lハイブリッドに関しては、ハリアー、レクサスNXなど、各車にダイナミックフォースエンジンが搭載され、燃費と加速性能が向上しています。

低速域から太いトルクを出しやすいターボエンジンが採用されれば、特に発進加速は3.5Lハイブリッドを上回ることになるでしょう。

クラウン史上最大?の変革になりそうですが、日本を象徴する高級車として輝き続けることができるのか、注目ですね。

新型クラウンの発売日や、デザイン、サイズ、価格など、最新情報は、こちらのページで紹介しています。

【新型 クラウン クロスオーバー 2022】予約、納期、発売日、サイズ、デザイン、価格など、最新情報、予想情報

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク