光岡自動車、バディ(光岡 Buddy)のベース車両はRAV4!発売日、デザイン、カラー、サイズ、エンジン、価格など。

スポンサーリンク

光岡自動車から、同社初のSUV、Buddy(バディ)が発売されました。

このページでは、光岡、Buddyの発売日、デザイン、価格など、最新情報を紹介します。

光岡、Buddy(バディ)の発売日

光岡、Buddyの発売日は、2020年11月26日です。

Buddyは光岡自動車初のSUVであり、その人の物語にそっと寄り添い、そばにいてくれる相棒であってほしいという想いが込められている。とのことです。

光岡、Buddy(バディ)のベース車両

光岡、Buddyのベース車両は何なのか?ということが話題になっています。

Buddyのベース車両は、トヨタ・RAV4です。

RAV4

出典https://toyota.jp

光岡自動車は、トヨタや日産、マツダなど他社の車をベースに、デザインを変えて販売している会社です。

ですから、今回のBuddyは、見た目は違えど、中身はRAV4と同じです。

スポンサーリンク

光岡、Buddy(バディ)のデザイン

光岡、Buddyのデザインは、往年のアメ車を思い起こさせるような角張ったデザインとなっています。


出典https://www.mitsuoka-motor.com

フロントとリヤはRAV4とは全く違うデザインに仕上がっています。

サイドを見ると、RAV4がベースであることが分かりますね。

この画像を見ると、サイドミラーの下に補助ミラーがありません。

RAV4は、2020年8月の改良でパノラミックビューモニターが設定され、設定車では補助ミラーが廃止されましたが、この画像を見る限り、Buddyにもパノラミックビューモニターが設定されるということですね。

ベースグレード、STグレードには設定されていないので、このグレードには補助ミラーがつくはずです。

インテリアの画像はまだ公開されていませんが、トヨタ、RAV4とほぼ同じですが、シートのデザイン等、一部が違います。


出典https://www.mitsuoka-motor.com

スポンサーリンク

光岡、Buddy(バディ)のカラーラインナップ

Buddyには、モノトーン12色、ツートンカラー6色と、全18色ものカラーが用意されます。

<モノトーン(標準カラー)>
・グローブワンホワイトパール
・T800シルバーメタリック
・ベルベットレッドマイカ
・ダブルエックスブルーマイカ
・MJブラックマイカ
・ガンメタリック


出典https://www.mitsuoka-motor.com

<モノトーン(オプションカラー)>
・グランジデニムブルーパール
・80’sミント
・デイオブグリーンマイカ
・スリラーレッド
・95イエロー
・ディープパープルメタリック


出典https://www.mitsuoka-motor.com

<ツートンカラー(オプションカラー)>
※ボディカラー✕ルーフカラー
・ノースカロライナブルー✕ホワイト
・ストリートホワイト✕ホワイト
・トップガングレー✕ホワイト
・スターオレンジ✕ホワイト
・フューリーイエロー✕ホワイト
・ビーチベージュ✕ホワイト

出典https://www.mitsuoka-motor.com

スポンサーリンク

光岡、Buddy(バディ)のボディサイズ

Buddyのボディサイズは、ベース車両、RAV4よりも若干大きくなっています。

<Buddyのボディサイズ>
全長4,730mm✕全幅1,860mm✕全高1,685mm

全長130mm、全幅5mmほどRAV4よりも大きくなっています。

光岡、Buddy(バディ)のパワートレイン

Buddyのパワートレイン(エンジン)は、RAV4と同じく、2.0Lガソリンエンジンと、2.5Lハイブリッドの2種類です。

<2.0Lガソリンエンジン>
最高出力・・・171ps/6600rpm
最大トルク・・・21.2kgf・m/4800rpm

<2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgf・m/3600-5200rpm
モーター最高出力・・・120ps
モーター最大トルク・・・12.3kgf・m

光岡、Buddy(バディ)の燃費

Buddyの燃費は、RAV4とほぼ同じになると予想されています。(バディの燃費は個別には発表されていません。)

<RAV4 ガソリン車の燃費>
WLTCモード燃費→15.8km/L
市街地モード→11.9km/L
郊外モード→16.1km/L
高速道路モード→18.1km/L

<RAV4 ハイブリッド車の燃費>
WLTCモード燃費→21.4km/L
市街地モード→19.4km/L
郊外モード→23.4km/L
高速道路モード→21.1km/L

重量が60kgほど重くなっているので、若干RAV4よりは悪いでしょうが、大きな差はないでしょう。

光岡、Buddyの価格

光岡自動車の車の価格は、ベース車両+100万円~200万円程度になることが多いです。

<2.0Lガソリン車>
20ST(FF)→4,697,000円
20ST(4WD)→4,892,800円

20DX(4WD)→5,313,000円

20LX(4WD)→5,494,500円

<2.5Lハイブリッド車>
HYBRID ST(FF)→5,250,300円
HYBRID ST(4WD)→5,471,400円

HYBRID DX(4WD)→5,899,300円

ベース車両、RAV4よりも190万円~200万円程度高くなっています。

もう一台車が買えてしまうくらいの価格差ですが、年間150台の生産予定ということなので、デザインが気に入った人のニーズはあるのでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

光岡自動車のカーラインナップ

光岡自動車と聞いても、何?聞いたことない。と思う方も多いかと思います。

光岡自動車とは、トヨタ、日産、マツダなどの車をベースに、全く違うデザインに作り変えて販売している特殊な自動車メーカーです。

たとえば、こんな車が販売されています。

・ビュート(ベース車両 日産マーチ)

出典https://www.mitsuoka-motor.com

・ロックスター(ベース車両 マツダロードスター)

出典https://www.mitsuoka-motor.com

・ヒミコ(ベース車両 マツダロードスター)

出典https://www.mitsuoka-motor.com

・リューギ(ベース車両 トヨタカローラ)

出典https://www.mitsuoka-motor.com

中身はカローラだったり、マーチだったり、ロードスターだったりするわけで、安心して乗ることができて、個性も出すことができます。

個性ある車が好きな方に支持されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする