半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

ヒョンデ(現代 ヒュンダイ)、アイオニック5(IONIQ5)発売日、サイズ、価格、デザイン、航続距離など

スポンサーリンク

韓国、現代自動車が、日本の乗用車部門に再度参入することが発表されました。

発表されたのは、BEVのアイオニック5と、FCVのネッソの2車種です。

このページでは、ヒョンデ、アイオニック5の発売日、デザイン、サイズ、航続距離、価格などを紹介します。

アイオニック5の発売日

アイオニック5は、2022年2月8日に日本発売が発表され、5月から予約受付開始、7月から出荷開始の予定となっています。

ちなみに、現代自動車は、これまで、ヒュンダイと呼ばれていましたが、ヒョンデという名前に変更されています。

アイオニック5のデザイン

アイオニック5のデザイン

アイオニック5のリヤデザイン

アイオニック5の内装、インテリア

アイオニック5の内装、インテリア
出典https://www.hyundai.com(2022/2/9)

アイオニック5は、角張ったデザインが特徴的です。

ヘッドライトには、パラメトリックピクセルというデザインが採用されています。

ピクセルといえば、細かいドットのことですが、ヘッドライトをよく見てみると、小さな正方形がたくさん並んでいます。

リヤのテールランプの光り方も、ピクセルです。

ドアハンドルは、通常時は格納されており、乗降時に飛び出します。

インテリアは、直線的で、12.3インチのワイドなディスプレイが2枚並んでいます。

リビングスペースがコンセプトで、運転席にもオットマンがついています。

アイオニック5には、環境に優しい素材が多く使われており、自然素材の塗料、サトウキビ、リサイクルされたペットボトルから作られた糸、などが使われています。

足回りには19インチと20インチのアルミホイールが採用されており、ミシュランがEV専用に開発されたタイヤが装着されています。

スポンサーリンク

アイオニック5のサイズ

アイオニック5のサイズは、全長4,635mm×全幅1,890mm×全高1,645mm

ホイールベースは3,000mmです。

アリアやBZ4Xよりも少し大きいです。

アイオニック5のパワートレイン、航続距離

アイオニック5には、4つのグレードが設定されますが、それぞれ、モーター出力や航続距離が異なります。

【ベースグレード】
最高出力・・・170ps
最大トルク・・・35.7kgf・m
バッテリー容量・・・58.0kWh
航続距離・・・498km

【Voyage、Lounge】
最高出力・・・217ps
最大トルク・・・35.7kgf・m
バッテリー容量・・・72.6kWh
航続距離・・・618km

【Lounge AWD】
最高出力・・・305PS
最大トルク・・・61.7kgf・m
バッテリー容量・・・72.6kWh
航続距離・・・577km

 

アイオニック5の予防安全、運転支援機能

アイオニック5の予防安全機能、運転支援機能を紹介します。

・前方衝突防止補助
・レーンキーピングアシスト
・ブラインドスポットコリジョンアボイダンスアシスト
・安全降車補助
・ドライバーアテンションワーニング
・ハイビームアシスト
・スマートクルーズコントロール
・車線変更補助機能
・レーンフォローイングアシスト
・リヤクロストラフィックコリジョンアボイダンスアシスト
・リモートスマートパーキングシステム
・電動式シフトダイヤル
・ARヘッドアップディスプレイ
・ブラインドスポットビューモニター
・サラウンドビューモニター
・ビルトインドラレコ

ドライブレコーダーが組み込まれているのは、特徴的ですね。

アイオニック5の価格

アイオニック5の価格は、479万円~です。

ベースグレード・・・4,790,000円
Voyage・・・5,190,000円
Lounge・・・5,490,000円
Lounge AWD・・・5,890,000円

日本市場に再参入するにあたって、販売網やブランドイメージで劣る部分があるでしょうから、価格は戦略的に設定されています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク