【新型 ノート e-POWER 4WD】モーター出力大幅UP!リヤモーター馬力68ps!発売日、燃費、価格など

スポンサーリンク

先日発売されたばかりの新型ノートe-POWERですが、近日発売される、4WDの詳細が発表されました。

このページでは、新型ノートe-POWER 4WDの発売日、スペック、価格など、最新情報を紹介します。

新型ノート 4WDの発売日

新型ノートe-POWER 4WDの発売日は、2021年2月中と予想されています。

日産からは、2020年度中に発売予定。とあるので、遅くとも3月には発売されるということですね。

4WDの需要は主に雪国にあるので、雪のシーズンが終わりがけに遅れて発売。というのがちょっと残念ですが、FFモデルと同時に発売されていたとしても、納車時期を考えれば、いずれにしても活躍するのは次のシーズンからでしょうか。

新型ノート 4WDのモータースペック

新型ノートe-POWER 4WDに搭載されるリヤモーターは、先代モデルよりも大幅にパワーアップしています。

<新型のリヤモーター>
最高出力→68ps
最大トルク→10.2kgf・m

<先代のリヤモーター>
最高出力→4.8ps
最大トルク→1.5kgf・m

新型のリヤモーターは、先代モデルよりも14倍もパワフルとなっています。

先代モデルの4WDは、なんちゃって4WDとかいわれていましたが、新型は本格的な4WDと呼べるスペックです。

ウェット路面、雪道、アイスバーンなど、あらゆる路面で力強く、安定した快適な走りを実現した。とのことです。

減速時も、4輪の減速力を高精度に制御して、車体をフラットに保ったまま安定して減速することができる。とのことです。

これだけパワフルなモーターが搭載されていれば、FFモデルよりも加速力も高くなっているかと思われます。

FFモデルも走りの評価は高いのですが、ドライ路面でもより楽しい走りを実現していると、期待されています。

スポンサーリンク

新型ノート 4WDの燃費

新型ノートe-POWER 4WDの燃費は、23.8km/Lと、FFモデルに比べると5km/Lほど悪い数値となっています。

<WLTCモード燃費>
4WD→23.8km/L
市街地モード→23.1km/L
郊外モード→25.8km/L
高速道路モード→28.2km/L

FF→28.4km/L
市街地モード→28.0km/L
郊外モード→32.6km/L
高速道路モード→27.2km/L

それぞれのモード燃費の特徴として、4WDは、高速道路モードの燃費が良い。という特徴があります。

これは、大きなリヤモーターが追加されていることで、余裕があるためだと思われます。

一般的に、出力が大きく、高速走行時の余裕がある車ほど、高速道路モードの燃費が悪くなりにくい傾向にあります。

4WDはちょっと燃費が悪いな。と感じる方も多いかもしれませんが、一応これでも、後輪にもエネルギー回生システムを搭載するなど、少しでも燃費を向上させる工夫はされています。

新型ノート 4WDのデザイン

新型ノートe-POWER 4WDのデザインは、FFモデルと同じです。


出典https://global.nissannews.com

盾をイメージした、新しいデザインが採用されています。

新型ノート 4WDの価格

新型ノートe-POWER、4WDのグレードは、SとXの2グレード構成となっています。

FFでは、F、S、Xの3グレード構成でしたが、燃費特化グレードであるFは設定されていません。

<新型ノート 4WDの価格>
S→2,288,000円
X→2,445,300円

<新型ノート FFの価格>
F→2,054,800円
S→2,029,500円
X→2,186,800円

4WDは、FFよりも258,500円高となっています。

出力の大きなモーターを搭載している分、ちょっと価格差も大きいですが、先代ノートe-POWERの4WDモデルよりも高い走行性能を持っているので、雪の多い地域などで活躍することでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする