新型 レガシィアウトバック フルモデルチェンジ!日本発売はいつ?サイズはでかい。スペック、燃費、価格予想など、最新情報

スポンサーリンク

レガシィアウトバックのフルモデルチェンジが発表されて1年以上が経ちますが、ようやく、日本発売の情報が出てきています。

このページでは、新型レガシィアウトバックの発売日、デザイン、パワートレイン、価格など、最新情報を紹介します。

新型レガシィアウトバックの日本発売日

新型レガシィアウトバックの日本発売日は、2021年夏ごろと予想されています。

現行レガシィアウトバックは、2021年1月24日で一旦受注を終了することが明らかとなっています。

レガシィアウトバックのフルモデルチェンジ自体は2019年に発表されているのですが、日本への投入は遅れています。

どうやら、日本市場にあわせるため、色々と手が加えられるようです。

新型レガシィアウトバックのデザイン

新型レガシィアウトバックのデザインを紹介します。



出典https://www.subaru.com

基本的にはキープコンセプトですが、サイドウインドウが後方にいくほど絞られていき、伸びやかなデザインとなっています。

インテリアは、新型レヴォーグと同様、大画面のディスプレイが特徴的です。

全体が革張りとなっていて、とても高級感があります。


出典https://media.subaru.com

スポンサーリンク

新型レガシィアウトバックのボディサイズ

新型レガシィアウトバックのボディサイズは、全長4,860mm×全幅1,855mm×全高1,680mmです。(アメリカ仕様)

現行型は全長4,820mm×全幅1,840mm×全高1,605mmですから、全方向に大きくなっています。

現行モデルでも、「少し大きすぎる」という声は結構多いので、新型も、日本で走らせるには、少し大きいと感じる方が多いでしょう。

新型レガシィアウトバックのパワートレイン

新型レガシィアウトバックのパワートレインは、アメリカでは2.5L NAエンジンと、2.4Lターボエンジンの2種類が設定されています。

<2.4Lターボエンジン>
最高出力・・・264ps/5600rpm
最大トルク・・・38.3kgm/2000-4800rpm

<2.5Lエンジン>
最高出力・・・184ps/5800rpm
最大トルク・・・24.4kgm/4400rpm

ただ、日本仕様は、1.8Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類になると予想されています。

<1.8Lターボエンジン>
最高出力・・・177ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・30.6kgf・m/1600-3600rpm

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・145ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.2kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・6.6kgm

フルモデルチェンジがアメリカよりも大幅に遅くなっている理由は、ここにあると思われます。

スポンサーリンク

新型レガシィアウトバックのアイサイト

新型レガシィアウトバックには、アイサイトXは搭載されていません。

冒頭でも紹介したように、元々2019年にフルモデルチェンジが発表されているためです。

新型レガシィアウトバックには、アイサイトツーリングアシストが搭載されると予想されています。

・ツーリングアシスト
・プリクラッシュブレーキ
・後退時ブレーキアシスト
・誤発進(後進)抑制制御
・全車速追従機能付クルーズコントロール
・車線逸脱抑制
・ふらつき警報
・先行車発進お知らせ機能
・警報&お知らせ機能
・後側方警戒支援システム
・ハイビームアシスト
・スマートリヤビューミラー
・フロント&サイドビューモニター

新型レガシィアウトバックの価格

新型レガシィアウトバックの価格は、現行型よりも20万円ほど高くなると予想されています。

現行型は329万円~なので、新型は350万円程度~になるはずです。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする