半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

レクサス LFA2(LFR) 価格やスペック、発売時期はどうなるのか?EVになる可能性も。リーク情報、予想情報を紹介

スポンサーリンク

レクサスのスーパーカー、LFAの新型が登場するかもしれない。との情報が出ています。

まだ、それほど詳しい情報は集まっていませんが、このページでは、新型LFAの発売時期、スペック、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型LFRとして登場の可能性

欧州で、「LFR」という名称が商標申請されています。

これが、LFAの後継車の車名になるのではないかともいわれています。

新型LFAについて、ここでは、LFA2と呼ぶこととします。

LFA2の発売時期

LFA2の詳しい発売時期は、まだわかっていません。

まだ、開発が始まったようだ。という噂の段階なので、発売されるとしても、数年後となるでしょう。

先代LFAは、2009年に世界500台限定で発売され、日本では200台が販売されました。

LFA2のパワートレイン

LFA2には、V8ターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載され、最高出力は500psオーバーになると予想されています。

初代LFAは、LFA用に開発されたV10、4.8Lエンジンが搭載され、最高出力は560ps(スペシャルエディションは570ps)でした。

LFA2の価格

LFA2の価格は、5000万円を超えてくると予想されています。

初代LFAの価格は、3,750万円でした。

現在はプレミアがついており、中古車価格は新車価格超えが当たり前となっています。

まだ、テスト走行の様子なども目撃されていません。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

LFA2のコンセプトカーは、GT3コンセプト?

東京オートサロン2022にて、GT3コンセプトというコンセプトカーが公開されました。

これが、LFA2のコンセプトカーなのではないか。といわれています。

LFA2は、EVとして登場か?

トヨタは、2021年12月14日に、バッテリーEV戦略に関する説明会を開催し、その中で、Lexus Electrified Sportというコンセプトカーを公開しました。

こちらも、LFA2のコンセプトカーなのでは?といわれています。

最近は、スーパーカーも電動化の流れが進んでいます。

むしろ、電動化した方が、モーターの特性から加速性能を上げ、重心を下げることができるなど、スーパーカーに向いている部分もあります。

Lexus Electrified Sportの詳細はまだ発表されていないものの、今後のレクサススポーツカーを示唆する1台です。

初代LFAの基本情報

初代LFAのボディは、軽量化と剛性を確保するため、65%がカーボンファイバー、35%がアルミで構成されています。これにより、全てアルミで構成されたボディよりも100kgの軽量化を実現しています。

車両の重心を中央に寄せるため、全幅の割には、左右のシートが中央によっていることも特徴です。

サイズ・・・全長4,505mm×全幅1,895mm×全高1,220mm

ホイールベース・・・2,605mm

重量・・・1,480kg

最高出力・・・560ps/8700rpm
最大トルク・・・48.9kgf・m

0-100km/h加速・・・3.7秒

最高速度・・・325km/h

レクサスLFAの価格は3750万円でした。

走りだけでなく、音に関しても徹底的にチューニングされており、アイドリング中から、アクセルを踏み込んだ時まで、官能的な音を奏でます。

9000回転まで回せるエンジンで、LFAのエンジン音は、今でも最高の音だと高い評価を受けており、天使の咆哮ともいわれています。

LFAのこだわりに関しては、こちらのページで熱く語られています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク