相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

クリーンディーゼルは、うるさい、カーボンが溜まる、寿命が短い?クリーンディーゼルエンジン搭載車種一覧と、メリット、デメリットを紹介。

ディーゼルエンジンは環境に悪い!というのは昔の話。

最近は、「クリーンディーゼルエンジン」が普及しており、国産車にも搭載が進んでいます。

現在、クリーンディーゼルエンジンを採用している国産車メーカーは、トヨタ、マツダ、三菱の3社です。

このページでは、クリーンディーゼルエンジン搭載車一覧、搭載車のサイズ、エンジンスペック、燃費と、クリーンディーゼルエンジンのメリット、デメリットを紹介します。

クリーンディーゼルエンジン搭載車一覧

クリーンディーゼルエンジンを搭載している国産車を紹介します。

トヨタ
・ランドクルーザープラド
・グランエース
・ハイラックス

マツダ
・マツダ2(デミオ)
・マツダ3(アクセラ)
・マツダ6(アテンザ)
・CX-3
・CX-30
・CX-5
・CX-8

三菱
・エクリプスクロス
・デリカD5

 

クリーンディーゼル搭載車のエンジンスペック、サイズ

各クリーンディーゼルエンジン搭載車のサイズ、エンジンスペックを紹介します。

ランドクルーザープラド

全長4,825mm✕全幅1,885mm✕全高1,850mm

【2.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・177ps/3400rpm
最大トルク・・・45.9kgf・m/1600-2400rpm

グランエース

全長5,300mm✕全幅1,970mm✕全高1,990mm

【2.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・177ps/3400rpm
最大トルク・・・46.1kgf・m/1600-2400rpm

ハイラックス

全長5,335mm✕全幅1,855mm✕全高1,800mm

【2.4Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・150ps/3400rpm
最大トルク・・・40.8kgf・m/1600-2000rpm

 

マツダ2

全長4,065mm✕全幅1,695mm✕全高1,500mm

【1.5Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・104ps/4000rpm
最大トルク・・・25.5kgf・m/1500-2500rpm

マツダ3

全長4,460mm✕全幅1,795mm✕全高1,440mm

【1.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・116ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgf・m/1600-2600rpm

マツダ6

全長4,865mm✕全幅1,840mm✕全高1,450mm

【2.2Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・190ps/4500rpm
最大トルク・・・45.9kgf・m/2000rpm

CX-3

全長4,275mm✕全幅1,765mm✕全高1,550mm

【1.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・116ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgf・m/1600-2600rpm

CX-30

全長4,395mm✕全幅1,795mm✕全高1,540mm

【1.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・116ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgf・m/1600-2600rpm

CX-5

全長4,545mm✕全幅1,840mm✕全高1,690mm

【2.2Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・190os/4500rpm
最大トルク・・・45.9kgf・m/2000rpm

CX-8

全長4,900mm✕全幅1,840mm✕全高1,730mm

【2.2Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・190os/4500rpm
最大トルク・・・45.9kgf・m/2000rpm

 

エクリプスクロス

全長4,405mm✕全幅1,805mm✕全高1,685mm

【2.3Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・145ps/3500rpm
最大トルク・・・38.7kgf・m/2000rpm

デリカD5

全長4,800mm✕全幅1,795mm✕全高1,875mm

【2.3Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・145ps/3500rpm
最大トルク・・・38.7kgf・m/2000rpm

 

クリーンディーゼルエンジンのデメリット

カーボンがたまりやすい

クリーンディーゼルエンジンは、短距離走行を繰り返すと、カーボン(スス)がたまりやすいという特徴があります。

DPF再生など、カーボンを処理する仕組みも搭載されていますが、短距離走行の頻度が高いと、エンジンの不調につながりやすいです。

欧米に比べてクリーンディーゼルエンジンが普及していないのは、短距離走行が多い。という理由もあります。

車両価格が高い

クリーンディーゼルエンジンは、普通のガソリンエンジンを搭載した車よりも価格が高い傾向にあります。

ガソリン車とクリーンディーゼル車が両方ラインナップされている車では、クリーンディーゼル車の方が数十万円高い。ということは珍しくありません。

専用のエンジンオイルが必要

クリーンディーゼルエンジン搭載車には、専用のエンジンオイルを使用する必要があります。

専用のエンジンオイルは、通常のものよりも高いので、エンジンオイルの交換費用がかさみます。

また、エンジンオイルの交換サイクルも、ガソリン車よりも短くなっています。

アドブルーが必要な車もある

クリーンディーゼルエンジン搭載車には、アドブルーという尿素の水溶液を補給する必要がある車があります。

国産車だと、三菱のデリカD5と、エクリプスクロスがあてはまります。

三菱車の場合、約1万キロごとにアドブルーを補給しないといけません。

エンジン音がうるさい

クリーンディーゼルエンジンは、ガラガラガラという、ディーゼルエンジン特有の音がします。

最近では、こういった音を抑える装置が搭載されている車も多く、昔のディーゼル車や、バス、トラックから想像する音に比べれば随分静かになりましたが、ガソリン車に比べると音が気になります。

 

クリーンディーゼルエンジンのメリット

次に、クリーンディーゼルエンジンのメリットを紹介します。

燃費が良い

クリーンディーゼルエンジンはエネルギー変換効率が良いため、通常のガソリン車よりも燃費が良い車が多くなっています。

たとえば、マツダ3だと、1.5Lガソリン車の燃費は16.6km/Lであるのに対し、1.8Lディーゼル車の燃費は19.8km/Lです。

排気量、最高出力、最大トルクともにディーゼルエンジンの方が上回っているにも関わらず、燃費は優れています。

燃料代が安い

クリーンディーゼル車に入れる燃料は軽油なので、ガソリン車よりも燃料代が安く済みます。

先ほど紹介した燃費が良い。というメリットと合わせて、燃料代は結構安いです。

ただし、デメリットの項目で紹介したように、車両価格はガソリン車よりも高いので、トータルでどちらがお得になるかは、走行距離によります。

加速が良い

クリーンディーゼルエンジンは、低回転域から強いトルクを発揮できる。という特徴があるので、似たような最高出力のガソリンエンジンと比べても、低速域での加速が良いです。

クリーンディーゼルの今後

クリーンディーゼルエンジンは、欧州で人気になったパワートレインですが、その欧州では、EV、PHEVの普及にともなって、販売は縮小傾向にあります。

アメリカでも、マツダはCX-5のクリーンディーゼル車の販売を終了するなど、縮小傾向となっています。

ようやく、環境に悪い、うるさい。というディーゼルエンジンの悪いイメージが払拭されてきたところですが、日本でも、今後クリーンディーゼルエンジンは縮小傾向となっていくことは避けられないでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。