相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

ハイブリッド車 向いている人、向いていない人、買ってはいけない人の条件。損益分岐点を考えよう。通勤におすすめ

スポンサーリンク

最近は多くの車にガソリン車とハイブリッド車がラインナップされています。

どっちにしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、ハイブリッド車が向いている人、向いていない人、買ってはいけない人の条件や、損益分岐点について紹介します。

ハイブリッド車が向いている人

向いている人1:通勤時に渋滞が多い人

ハイブリッド車を一番おすすめしたいのは、通勤時に、渋滞が多い道を走る人です。

ガソリン車とハイブリッド車の燃費の差が最も大きくなるのは、流れの悪い一般道です。

通勤時間帯というのは、どうしても流れが悪く、渋滞しがちです。

毎日の通勤で、渋滞の多い道を走る人は、ハイブリッド車にすれば、ガソリン代をかなり抑えることができます。

向いている人2:街乗りが中心の人

ハイブリッド車のメリットは、郊外のバイパスや高速道路よりも、街乗りで発揮されます。

減速時に回生ブレーキで充電をして、その電気を次の加速時に使うことができるので、ストップアンドゴーが多い道の方が、流れの良い高速道路を走っている時よりも燃費が良くなることがあるくらいです。

ですから、日常的にストップアンドゴーが多い街乗り中心の人におすすめです。

スポンサーリンク

向いている人3:静かな車が好きな人

ハイブリッド車は、モーターのアシストが入り、エンジンの負担が少ないため、ガソリン車よりもエンジン音が静かです。

同じ車のガソリン車とハイブリッド車を比べると、静粛性は、ハイブリッド車の方が明らかに高いです。

あまり沼にハマると、エンジン音が静かだと、今度はロードノイズや風切音が気になって、静粛性の高いタイヤに交換したり、風切り音防止テープを買ったりと、キリが無くなってしまいますが(笑)

静かな車が好きな人には、ハイブリッド車はおすすめです。

向いている人4:発進加速が良い車が欲しい人

ハイブリッド車のモーターの特性として、発進時から最大のトルクを発揮できる。ということがあります。

これにより、ハイブリッド車は、0-60km/h程度の発進~低中速域での加速が良いという特徴があります。

発進加速が良いと快適ですし、合流もしやすいです。

向いている人6:災害対策をしたい人

最近のハイブリッド車は、100V/1500Wの家庭用と同じレベルのコンセントが装着できる、あるいは標準装備されている車が多くなってきました。

これは、災害時の電源として強い味方になります。

100V/1500Wのコンセント容量は、一般的な家のコンセントと同じなので、ガソリンがある限り、ホットプレートやドライヤーなんかも使うことができます。

家に蓄電池を買うより、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車を買った方が、日常的なガソリン代も節約できて、非常時には電源として使えるので、良いかもしれません。

向いている人7:ガソリンスタンドに行くのが面倒な人

ハイブリッド車は燃費が良いので、ガソリン車よりもガソリンスタンドに行く回数を減らすことができます。

最近は、ガソリンスタンドの数が減ってきているので、近くにガソリンスタンドがない人や、ガソリンスタンドに行くのが面倒だ。という人におすすめです。

スポンサーリンク

ハイブリッド車が向いていない人、買ってはいけない人

向いていない人1:走行距離が短い人

ハイブリッド車は燃費が良いというのが最大のメリットですが、走行距離が短ければ、受けるメリットは小さく、ガソリン車とハイブリッド車の価格差を、ガソリン代で埋めることができません。

ただし、災害時の対策にしたいという人や、静粛性が高い車が好き。という人は、この限りではありません。

向いていない人2:高速走行が多い人

高速道路や郊外の流れが良いバイパスでの走行が中心の場合、ハイブリッド車とガソリン車の燃費の差が小さくなります。

たとえば、トヨタ・ヤリスだと、

ガソリン車の市街地モードの燃費は16.1km/L、ハイブリッド車の市街地モードの燃費は35.5km/Lと、倍以上の差があります。

それに対し、ガソリン車の高速道路モードの燃費は24.3km/Lで、ハイブリッド車は33.6km/Lです。その差は4割程度しかありません。

高速道路でもハイブリッド車の方が燃費が良いのは間違いありませんが、元が取れるまでの走行距離が長くなります。

向いていない人3:寒冷地に住んでいる人

寒い日は、ハイブリッド車で暖房を付けると、暖かい風を出すためだけにエンジンが頻繁に始動してしまいます。

寒冷地に住んでいる人は、そういったシチュエーションになることが多く、ハイブリッド車のメリットが損なわれます。

寒冷地でもハイブリッド車のメリットを損ないたくないなら、シートヒーターやステアリングヒーターで我慢をして、暖房をできるだけ使わないようにしましょう。

ハイブリッド車の損益分岐点を計算してみよう

ガソリン車にしようか、ハイブリッド車にしようか迷う人にとって一番気になるのは、車両価格の差を、ガソリン代の差で元が取れるのか?という点ではないでしょうか。

カタログ燃費から、損益分岐点を計算することができます。

現在の基準であるWLTCモード燃費は、実燃費に近い数値となっているので、カタログ燃費に0.9を掛けた数値を元に、計算してみると良いでしょう。

たとえば、トヨタ・ヤリスに10万キロ乗る場合。ガソリン価格を150円/Lとすると、

ガソリン車で1キロ走るのにかかるガソリン代は、150÷19.4=約7.73円

ハイブリッド車で1キロ走るのにかかるガソリン代は、150÷32.4=約4.63円

となります。

ヤリスのガソリン車とハイブリッド車の価格差は約35万円ですから、

350,000÷(7.73-4.63)=約11万3,000キロ

が損益分岐点ということになります。

ガソリン価格は結構変動するので、厳密に計算することはできませんが、ある程度計算することはできます。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク