【次期 プリウス フルモデルチェンジ最新情報】発売時期は、2021年か。ボディサイズ、ハイブリッドシステム、燃費予想など

スポンサーリンク

ハイブリッドカーの代名詞的存在である、プリウス。

プリウスは2021年にもフルモデルチェンジされ、ボディの大型化、ハイブリッドシステムの刷新、EVの追加などが実施されると予想されています。

このページでは、次期プリウスの発売時期、サイズ、燃費、デザインなど、最新の予想情報を紹介します。

次期プリウスの発売時期

次期プリウスの発売時期は、2021年中と予想されています。

これまでのプリウスのモデルチェンジを振り返ってみましょう。

初代プリウス
発売日・・・1997年12月
マイナーチェンジ・・・2000年5月

2代目プリウス
フルモデルチェンジ・・・2003年9月
マイナーチェンジ・・・2005年11月

3代目プリウス
フルモデルチェンジ・・・2009年5月
マイナーチェンジ・・・2011年12月

4代目プリウス
フルモデルチェンジ・・・2015年12月
マイナーチェンジ・・・2018年12月

プリウスはモデルチェンジの間隔が綺麗に整っており、約6年でフルモデルチェンジされています。

現行プリウスは2015年12月に発売されているので、次期プリウスは、2021年末前後にフルモデルチェンジされると考えることができますね。

スポンサーリンク

次期プリウスのボディサイズ

次期プリウスは、ボディサイズが大きくなると予想されています。

<次期プリウスの予想サイズ>
全長4,600mm✕全幅1,780mm✕全高1,470mm

プリウスは、モデルチェンジされるたびに少しずつ大きくなっています。

歴代プリウスのサイズを振り返ってみましょう。

<初代プリウスのサイズ>
全長4,275mm✕全幅1,695mm✕全高1,490mm

<2代目プリウスのサイズ>
全長4,445mm✕全幅1,725mm✕全高1,490mm

<3代目プリウスのサイズ>
全長4,460mm✕全幅1,745mm✕全高1,490mm

<4代目プリウスのサイズ>
全長4,540mm✕全幅1,760mm✕全高1,470mm

プリウスは、カローラよりも少し上の車という位置づけですが、カローラスポーツ、カローラツーリングが大型化したことで、立ち位置が曖昧になっています。

次期プリウスのパワートレイン

次期プリウスには、2.0L級のパワートレインが搭載されると予想されています。

2.0L級のパワートレインといえば、レクサスUXに搭載されていますね。

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・146ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.2kgf・m/4400rpm
モーター最高出力・・・109ps
モーター最大トルク・・・20.6kgf・m

プリウスは、カローラよりも少し上の車という位置づけですが、カローラスポーツ、カローラツーリングが大型化したことで、立ち位置が曖昧になっています。

カローラよりも排気量の大きなパワートレインが搭載されることで、差別化が図られるということですね。

プリウスはハイブリッドカーの先進性の象徴でもあり、レクサスUXに搭載されているものと同じものではなく、さらに改良されている可能性は十分にあります。

プリウスは、サイズだけでなく、排気量も少しずつ大きくなっています。

歴代プリウスに搭載されていたハイブリッドシステムの排気量を振り返ってみましょう。

初代プリウス・・・1.5L

2代目プリウス・・・1.5L

3代目プリウス・・・1.8L

4代目プリウス・・・1.8L

また、ピュアEVが設定されるという情報もあります。

プリウスは、エコカーの牽引役ですから、今では珍しくなくなったハイブリッドだけでなく、EVも設定されれば、再び注目されることになるでしょう。

次期プリウスの価格

次期プリウスの価格がどうなるかはまだ何も情報がありませんが、価格がアップするのは間違いないといわれています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする