半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【2022~2023 プリウス 新旧比較】新型プリウスと、先代プリウスの、違いを比較!デザイン、サイズ、馬力、燃費など

スポンサーリンク

2022年11月に、プリウスのフルモデルチェンジが発表されました。新型プリウスは、どのように変わったのでしょうか。

このページでは、新型プリウスと先代プリウスの違いを比較します。

新型プリウスは、詳細なスペックは公表されていません。一部予想情報も含みますから、ご了承下さい。

プリウス新旧比較1:デザイン

新型プリウスは、先代プリウスよりも全高が低い、スポーティーなデザインに生まれ変わりました。

全高が低いだけでなく、細く鋭いヘッドライト、Cピラー内に埋め込まれたリヤドアハンドル、19インチの大径タイヤなど、様々な部分がスポーティーになっています。

先代プリウスの歌舞伎調のデザインは、あまり評判がよくありませんでしたが、新型プリウスのデザインは、発表当初から、かっこいい。と好評です。

新型プリウス

先代プリウス前期型

先代プリウス後期型


スポンサーリンク

プリウス新旧比較2:サイズ

新型プリウスのサイズは、全長、全幅は大きく、全高は低くなりました。

<新型プリウスのサイズ>
全長4,600mm✕全幅1,780mm✕全高1,420mm

<先代プリウスのサイズ>
全長4,575mm✕全幅1,760mm✕全高1,470mm

全長は25mm長く、全幅は20mm広く、全高は50mm低くなりました。

プリウス新旧比較4:パワートレイン、馬力

先代プリウスのパワートレインは、1.8Lハイブリッドと1.8Lプラグインハイブリッドの2種類でしたが、新型プリウスのパワートレインは、1.8Lハイブリッド、2.0Lハイブリッド、2.0Lプラグインハイブリッドの3種類になります。

2.0Lハイブリッドのシステム出力は193ps、

2.0Lプラグインハイブリッドのシステム出力は223psと発表されています。

1.8Lハイブリッドのシステム出力は発表されていませんが、新型ノア・ヴォクシーと同程度にまでパワーアップしていると予想されています。

スポンサーリンク

プリウス新旧比較3:燃費

プリウスといえば、フルモデルチェンジする度にNo1の低燃費を更新していましたが、今回の新型プリウスでは、燃費は先代プリウスと同程度で、パワーアップに主眼が置かれています。

<先代プリウスの燃費>
Eグレードの燃費
WLTCモード燃費・・・32.1km/L
市街地モード・・・29.9km/L
郊外モード・・・35.2km/L
高速道路モード・・・31.2km/L

<先代プリウスPHVの燃費>
WLTCモード燃費・・・30.3km/L
市街地モード・・・27.3km/L
郊外モード・・・33.2km/L
高速道路モード・・・30.0km/L

プリウス新旧比較4:先進機能

新型プリウスは、トヨタセーフティセンスの検知対象が拡大していること、アドバンスとパーク(リモート機能付)が採用されることが発表されています。

先代プリウスには、以下のような機能が搭載されていました。

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート
・インテリジェントクリアランスソナー

プリウス新旧比較5:価格

価格は、先代プリウスに設定されていたEグレードに相当するエントリーグレードが廃止されるとみられているため、エントリー価格は数十万円ほど高くなると予想されています。

<先代プリウスの価格>
E・・・2,597,000円
S・・・2,731,000円
Sツーリングセレクション・・・2,902,000円
A・・・3,004,000円
Aツーリングセレクション・・・3,171,000円
Aプレミアム・・・3,331,000円
Aプレミアムツーリングセレクション・・・3,442,000円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク