【新型 プリウスα 2020】8月に一部改良か。変更点、価格予想など。フルモデルチェンジは、いつされるのか?

スポンサーリンク

新型プリウスαは、予防安全性能の向上や、法規に対応したオートライトの標準化が実施されるといわれています。

このページでは、新型プリウスαの発売日、デザイン、変更点、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型プリウスαの発売日

新型プリウスαの発売日は、2020年8月末と予想されています。

新型プリウスαのデザイン

新型プリウスαのデザインは、変更されないと予想されています。


出典https://toyota.jp

新型プリウスαの改良、変更点

新型プリウスαでは、以下の点が改良、変更されると予想されています。

・プリクラッシューセーフティ(自動ブレーキ)改良
車両と、昼間の歩行者にしか対応していなかったものが、夜間の歩行者と、昼間の自転車にも対応するとみられています。

・オートライトが標準化
法改正に準拠して、ヘッドライトのデフォルトがAUTOに変更されるとみられています。

・先行車発進告知機能の採用

・標識認識機能の採用

・インテリジェントクリアランスソナー採用

今回の改良は、一部改良よりもさらに小さい改良扱いで、公式発表されずにこっそり変更される可能性もあります。

いずれにしても、9月頭にプリウスα公式ページをチェックしてみたいですね。

新型プリウスαの価格

新型プリウスαの価格は、現行モデルから変わらないと予想されています。

<プリウスαの価格>
S Lセレクション(5人乗り)・・・2,612,500円
S(5人乗り)・・・2,758,800円
S(7人乗り)・・・2,968,900円
Sツーリングセレクション(5人乗り)・・・3,073,400円
Sツーリングセレクション(7人乗り)・・・3,282,400円
G(5人乗り)・・・3,110,800円
G(7人乗り)・・・3,319,800円
Gツーリングセレクション(5人乗り)・・・3,319,800円
Gツーリングセレクション(7人乗り)・・・3,529,900円
GRスポーツ(5人乗り)・・・3,413,300円
GRスポーツ(7人乗り)・・・3,622,300円

プリウスαのフルモデルチェンジは、いつ?

プリウスαが発売されてから9年経ちますが、フルモデルチェンジはいつなんだ?という質問を時々受けます。

残念ながら、現時点ではフルモデルチェンジのはっきりした情報はありません。

プリウスαは、スペースの広いプリウスということが売りだったわけですが、スライドドアのシエンタにハイブリッドが設定され、人気はそちらに移っています。

正直、プリウスの方も、カローラツーリングなどが出てきている現状、あまり存在意義がなくなってきているように感じます。

さすがにトヨタの看板車種の1つになったプリウスを廃止する。ということはないでしょうが、今後先進性をアピールするためには、ピュアEVか燃料電池車を設定するなどしないと、かつてのように注目されることは難しいですね。

とりあえず、2020年8月に改良されるようなので、すぐに廃止されることはないでしょうが、このまま次期モデルは開発されない可能性が高いです。

プリウスαのボディサイズ、室内寸法

プリウスαのボディサイズは、全長4,630mm✕全幅1,775mm✕全高1,575mm

室内寸法は、室内長1,910mm✕室内幅1,520mm✕室内高1,220mmです。

プリウスと比較してみましょう。

プリウスのボディサイズは、全長4,575mm✕全幅1,760mm✕全高1,470mm

室内寸法は、室内長2,110mm✕室内幅1,490mm✕室内高1,195mmです。

意外にも、室内長はプリウスの方が長くなっています。

ただ、荷室も含めると、プリウスαの方が長いです。

プリウスαが広く感じる一番の理由は、プリウスのようにルーフが空気抵抗を意識したトライアングル形になっていないことが大きいです。

プリウスαのパワートレイン

プリウスαには、先代プリウスと同じハイブリッドシステムが搭載されています。

現行プリウスのハイブリッドシステムよりもパワーはある反面、燃費性能では劣ります。

また、細かいところを見ると、エンジン始動時のショックが少し大きいといった違いもあります。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク