【新型 ロードスター 2020】一部改良!期間限定の特別仕様車も。ホワイトセレクション、RSホワイトリミテッドセレクションの、デザイン、価格など

スポンサーリンク

2020年12月10日に、マツダ、ロードスター、ロードスターRFが一部改良されました。

ロードスター、2020年12月の改良点は、「ホワイトセレクション」「RSホワイトリミテッドセレクション」の設定と、新色「ディープクリスタルブルーマイカ」の設定です。

このページでは、新型ロードスターの改良点を紹介します。

ロードスター、ホワイトセレクション

まずは、ホワイトセレクションについて紹介します。


出典https://www.mazda.co.jp

ホワイトセレクションは、ロードスターでは、「S Leather Package White Selection」として。

ロードスターRFでは、「VS White Selection」として設定されています。

それぞれ、Sレザーパッケージグレード、VSグレードがベースとなっています。

ホワイトセレクションは、ホワイトベースのインテリアが特徴的です。

ロードスター
S Leather Package White Selection
MT車→3,209,800円
AT車→3,325,300円

Sレザーパッケージよりも40,700円高く設定されています。

ロードスターRF
VS White Selection
MT車→3,776,300円
AT車→3,803,800円

それぞれ、Sレザーパッケージ、VSグレードよりも40,700円高く設定されています。

スポンサーリンク

ロードスター、RSホワイトリミテッドセレクション

次に、RSホワイトリミテッドセレクションについて紹介します。

RSグレードがベースで、以下のような特別装備が追加されています。

・ピュアホワイトシート(ナッパレザー)
・Brenbo社製フロントブレーキ
・RAYS社製鍛造16インチアルミホイール(ロードスターのみ)
・BBS社製鍛造17インチアルミホイール(ロードスターRFのみ)
・ガラス製リアウインドー付ソフトトップ(ロードスターのみ)

ロードスター


出典https://www.mazda.co.jp

ロードスターRF

出典https://www.mazda.co.jp

RSホワイトリミテッドセレクションの方は、2020年12月10日~2021年3月31日限定の注文受付となっています。

RSホワイトリミテッドセレクションは、特別仕様車という位置づけにはなっていませんが、限定の特別仕様車のようなものですね。

ロードスター
RS White Limited Selection
MT車のみ→3,615,700円

ロードスターRF
RS White Limited Selection
MT車のみ→4,182,200円

どちらも、RSグレードよりも281,600円高く設定されています。

新色、ディープクリスタルブルーマイカ

エターナルブルーマイカに替わり、ディープクリスタルブルーマイカが設定されました。

ディープクリスタルブルーマイカ

出典https://www.mazda.co.jp

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク