新型ヴェゼル、Zと、Playの違いを比較。装備はどう違う?オプションで追加することはできる?

スポンサーリンク

新型ヴェゼルには、G、e:HEV X、e:HEV Z、e:HEV PLaYの4グレードが設定されています。

値段で比較すると、G<e:HEV X<e:HEV Z<e:HEV PLaYの順で、PLaYグレードが最上級グレードなわけですが、装備を比較すると、必ずしもそうともいえません。

このページでは、新型ヴェゼルのe:HEV Zグレードと、e:HEV PLaYグレードの違いを比較します。

新型ヴェゼル、各グレードの価格

新型ヴェゼル、各グレードの価格は、以下のようになっています。

G・・・2,279,200円
e:HEV X・・・2,658,700円
e:HEV Z・・・2,898,500円
e:HEV PLaY・・・3,298,900円

今回取り上げるZグレードとPLaYグレードの価格差は、40万400円あります。

これだけの価格差があれば、Zグレードに設定されている装備は全てPLaYグレードには装備された上で、さらに装備が充実しているのか?と思うところですが、そうではありません。

これから、PLaYグレードにあって、Zグレードにないもの、

Zグレードにあって、PLaYグレードにないものを紹介していきます。

新型ヴェゼル Playグレードにあって、Zグレードにない装備

まずは、e:HEV PLaYグレードにあって、e:HEV Zグレードにない装備を紹介します。

PLaYグレード

出典https://www.honda.co.jp

・後退出庫サポート
・Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器
・8スピーカー(Zは6スピーカー)
・パノラマルーフ
・ワイヤレス充電器
・高触感バーミリオン塗装センターコンソールパネル
・ツートンカラー

後退出庫サポートや、Honda CONNECTディスプレー、スピーカーの数が多い。というのは、上級グレードらしい装備の充実感があります。

パノラマルーフやツートンカラーは、上級グレードだから。というよりも、遊び心のあるグレード。といった印象です。

スポンサーリンク

新型ヴェゼル Zグレードにあって、Playグレードにない装備

次に、e:HEV Zグレードにあって、e:HEV PLaYグレードにない装備を紹介します。

Zグレード

出典https://www.honda.co.jp

・ヘッドライトオートレベリング機構
・LEDアクティブコーナリングライト
・左右独立コントロール式フルオートエアコン
・トノカバー

上記の装備は、PLaYグレードには採用されていません。

また、トノカバー以外は、PLaYグレードにオプションで装備することもできません。

Zグレードの方が売れている

新型車の発売直後は、最上級グレードが一番人気になることが多いのですが、ヴェゼルに関しては、PLaYグレードよりもZグレードの方が売れています。

これは、PLayグレードにのみ設定されているパノラマルーフと、ツートンカラーを必要としている方が少ない。ということなのでしょう。

Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器、後退出庫サポート、ワイヤレス充電器は、Zグレードにもオプションで装着することができます。

また、スピーカーに関しては、プレミアムオーディオを選択することで10スピーカーにすることができます。

これらのオプションを全て選択したとしても+35万円程度なので、PLaYグレードよりも少し安くなります。

さらに、マルチビューカメラシステムもついてきます。

このように、パノラマルーフやツートンカラーが必要なければ、e:HEV Zグレードのオプションをつけることで、PLaYグレードよりも安く、装備を充実させることができるので、Zグレードの方が人気になっているようです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク