【ヤリスクロス vs ライズ 比較】サイズ、価格、エンジンスペック、予防安全装備など、違いを比較!どっちか迷う?

スポンサーリンク

トヨタから、9月上旬にヤリスクロスが発売されます。

このヤリスクロスですが、ライズとも重なるくらいの価格に抑えられており、ライズを食ってしまうんじゃ?と思わされる車です。

どちらもコンパクトSUVで価格帯が重なっているとなると、どっちにしようか迷う人も多いはずです。

このページでは、ヤリスクロスと、ライズを比較して、どっちがより魅力的なのか?検証してみます。

ヤリスクロスと、ライズの、価格を比較

価格帯が重なっているといいましたが、それぞれの価格はいくらなのか。まずは価格を比較しましょう。

ヤリスクロスとライズを比較するならガソリン車ですから、ガソリン車の価格だけ紹介します。

<ヤリスクロス>
X Bパッケージ・・・1,796,000円
X・・・1,896,000円
G・・・2,020,000円
Z・・・2,210,000円

<ライズ>
X・・・1,679,000円
X S・・・1,745,000円
G・・・1,895,000円
Z・・・2,060,000円

どちらも4グレード設定され、価格はヤリスクロスの方が15万円ほど高く設定されています。

ただ、ヤリスクロスは、ライズのひとつ上のグレードとほぼ同じ価格で、ヤリスクロス⇔ライズ間で大いに悩む価格設定となっています。

ヤリスクロスと、ライズの、サイズを比較

次に、サイズについて。ヤリスクロスは3ナンバーサイズ、ライズは5ナンバーサイズという点で、大きく異なります。

ヤリスクロスのサイズは、全長4,180mm✕全幅1,765mm✕全高1,560mm

ライズのサイズは、全長3,995mm✕全幅1,695mm✕全高1,620mm

全長と全幅はヤリスクロスが大きく、全高はライズが高いです。

最小回転半径は、ヤリスクロスは5.3m。ライズは4.9m~5.0mなので、5ナンバーサイズのライズの方が小回りが効きます。

ヤリスクロスも、取り回しが大変というほどのサイズではありませんが、5ナンバーだからライズを選ぶ。という方も一定数いることでしょう。

ヤリスクロスと、ライズの、エンジンスペックを比較

次に、搭載されているエンジンスペックを比較してみましょう。

ライズにはハイブリッドはないので、ガソリン車同士で比較されることになるでしょう。

ヤリスクロスのガソリン車には、1.5Lエンジンが。ライズには1.0Lターボエンジンが搭載されています。

<ヤリスクロス1.5Lエンジン>
最高出力・・・120ps/6600rpm
最大トルク・・・14.8kgf・m/4800-5200rpm

<ライズ1.0Lターボエンジン>
最高出力・・・98ps/6000rpm
最大トルク・・・14.3kgf・m/2400-4000rpm

最大トルクはほぼ同じながら、最高出力には2割ほどの差があります。

ただ、車両重量を考えれば、加速性能などは同程度か、ライズの方が良い位になるのではないかと思います。

ヤリスクロスと、ライズの、予防安全装備を比較

次に、ヤリスクロスと、ライズの、予防安全装備、運転支援機能を比較してみましょう。

ヤリスクロスには、トヨターセーフティセンスが。ライズには、スマートアシストⅢが搭載されています。

<トヨタセーフティセンス等>
・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・アドバンストパーク

<スマートアシストⅢ>
・衝突回避支援ブレーキ機能
・衝突警報機能
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・アダプティブドライビングビーム
・オートハイビーム
・コーナーセンサー
・標識認識機能
・全車速追従機能付ACC
・サイドビューランプ
・レーンキープコントロール
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート
・パノラミックビュー
・スマートパノラマパーキングアシスト

機能の数は、スマートアシストⅢの方が多いです。

自動ブレーキの性能は、右折時の対向車や、横断歩行者に対応しているヤリスクロスの方が高いです。

どちらも、機能は十分に充実しています。

ヤリスクロスと、ライズの、デザインを比較

デザインは個人的な好みの部分が大きいので、どっちがどうだ。という評価は控えますが、それぞれのデザインを紹介します。

ヤリスクロス


出典https://global.toyota

新型ライズ Zグレード

新型ライズ Zグレード


出典https://global.toyota

まとめ

ヤリスクロスとライズを色々と比較してみましたが、実は、最大の違いは、走りや乗り心地になるかもしれません。

ヤリスクロスは発売前なので、当然乗ったことはありませんが、ヤリスとライズを比べれば、明確にライズの方が走りや乗り心地のレベルは高いです。

燃費の情報はまだ公表されていませんが、関係者の知人に聞いた限りは、ダイナミックフォースエンジンを搭載したヤリスクロスとライズはほぼ同程度になるようです。

それでいて価格も結構近いので、ヤリスクロスの方がより魅力的な車になるのではないでしょうか。

ライズを考えていた人が一定数ヤリスクロスに流れると考えられますが、ライズは、少し前まで、注文が殺到しすぎて、受注を一時停止していたくらいなので、少しくらいライズからヤリスクロスに流れても構わない。と考えているのかもしれませんね。

それにしても、先日はカローラクロスが発表されましたが、トヨタのSUVへの力の入れ方は半端ないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする