スバル、レガシィアウトバックのフルモデルチェンジ情報です。

レガシィツーリングワゴンが廃止され、
レヴォーグとなったのは記憶に新しいところだが、
レガシィアウトバックの方は、継続して販売されます。

スポンサーリンク


そんなレガシィアウトバックだが、現在開催中の
ニューヨークモーターショーで、フルモデルチェンジが発表されました。

outback.jpg

アウトバックは、基本的にはレガシィツーリングワゴンがベースで、
地上高を上げ、走破性を高くしたものです。

アメリカでは、元々アウトバックの需要が高く、
ツーリングワゴンの需要はあまりありませんでした。

その為、日本にレヴォーグが投入されるとともに、
レガシィツーリングワゴンは消滅する。ということになりました。

ここで、新型レガシィアウトバックのスペックを紹介します。
サイズは、全長4817×全幅1840×全高1680mmと、更に大型化。

今回ニューヨークモーターショーで発表されたモデルでは、
直4、2.5Lエンジンと、V6、3.6Lエンジンが搭載されており、
どちらもNAです。

日本国内で販売されている現行車も、
直4、2.5LNAと、V6、3.6LNAなので、
これは新型でもそのまま導入されることになりそうです。

新型アウトバックは、完全に米国を中心に開発されたクルマで、
そのサイズから、日本国内でそれほど売れるとは思えませんが、
現時点では、レヴォーグのSUVタイプなどは検討されていないようです。

日本国内では、レガシィシリーズは、セダンとこのアウトバックのみとなります。
 カテゴリ
 タグ
None