スポンサーリンク


スバル、インプレッサスポーツ、インプレッサG4がフルモデルチェンジされました。
今回は、新型インプレッサの最新情報をお伝えします。

■もくじ
・発売日(ハイブリッド発売日)
・デザイン画像
・カラーラインナップ
・サイズ
・スペック
・グレード別装備
・燃費
・価格
・走り
・安全性
・納期、値引きNew!!
・新型インプレッサを検討中の方へ


■発売日

新型インプレッサの発売日は、2016年10月13日です。

ワゴンのインプレッサスポーツ、セダンのインプレッサG4共に同日の発売です。

インプレッサストロングハイブリッドは、2017年に発売される予定です。

■デザイン画像

新型インプレッサスポーツ フロント
impreza1.jpg

新型インプレッサスポーツ リア
imreza2.jpg

新型インプレッサG4 フロント
impreza_2016071819054960c.jpg

新型インプレッサG4 リア
impreza2_2016071819055057b.jpg

インテリア
impreza3_20160325142029e0a.jpg

imp2_201610031620291ad.jpg

imp3_201610031620301da.jpg

基本的にはキープコンセプトですが、質感が向上していますね。

スバルは価格の割に質感がちょっと・・・。と言われることも多いので、改善したのでしょう。

■カラーラインナップ

新型インプレッサのカラーラインナップは全7色です。

・クリスタルホワイトパール
imp4.jpg

・ダークグレーメタリック
impdark.jpg

・ピュアレッド
impred.jpg

・アイスシルバーメタリック
impice.jpg

・クリスタルブラックシリカ
impblack.jpg

・クォーツブルーパール
impblue.jpg

・ダークブルーパール
impdarkblue.jpg

です。

インプレッサスポーツ、インプレッサG4ともにカラーラインナップは同じです。

■サイズ

新型インプレッサのサイズは、
インプレッサスポーツが、
全長4,460mm×全幅1,775mm×全高1,480mm

インプレッサG4が、
全長4,625mm×全幅1,775mm×全高1,455mm

です。

現行インプレッサは、
インプレッサスポーツが、
全長4,420mm×全幅1,740mm×全高1,465mmです。

インプレッサG4が、
全長4,585mm×全幅1,740mm×全高1,465mm

でしたから、また一回り大きくなりました。

インプレッサも、いずれひと回り小さくした新たな車種が必要になってくるかもしれませんね。

■スペック

新型インプレッサには、1.6Lエンジンと2.0Lエンジンが搭載されます。
どちらも自然吸気エンジンです。

1.6Lエンジンのスペックは、
最高出力・・・115ps/6200rpm
最大トルク・・・15.1kgm/3600rpm

2.0Lエンジンのスペックは、
最高出力・・・154ps/6000rpm
最大トルク・・・20.0kgm/4000rpm

です。

現行インプレッサで設定されていたハイブリッドの設定はなくなります。

新型インプレッサには、遅れてストロングハイブリッドの採用の情報が入っています。

また、新しい情報が入りましたら更新します。

■グレード別装備

新型インプレッサは、アイサイト標準装備化などに伴い、グレード構成がシンプルにまとめられます。

1.6L車は、1.6i-L EyeSightの1グレード、2.0L車は2.0i-L EyeSight、2.0i-S EyeSightの2グレードがベースになります。

1.6i-L EyeSight
・16インチアルミホイール
・電動パーキングブレーキ
・パドルシフト
・フロントフォグランプ
・ウェルカムライティング
・雨滴感知式ワイパー
・オートライト
・ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付)
・UV/IRカットフロントガラス
・カーボン調インパネ加飾
・マルチファンクションディスプレイ
・マルチインフォメーションディスプレイ付センターメーター
・フルオートエアコン
・4スピーカー
・アイサイトver3
・サイドエアバック&カーテンエアバッグ&ニーエアバッグ
・歩行者保護エアバッグ

2.0i-L EyeSight (1.6i-L EyeSightに加え)
・17インチアルミホイール
・リヤスタビライザー
・フロントスタビライザー
・メッキ加飾フロントフォグランプ
・マフラーカッター
・ファブリック&シルバーステッチシート
・シルバーステッチ加飾センタートレイ
・本革巻ステアリングホイール
・カーボン調&シルバー加飾メッキインナーハンドル
・左右独立オートエアコン
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・6スピーカー

2.0i-S EyeSight(2.0i-L EyeSight に加えて)
・18インチアルミホイール
・アクティブトルクベクタリング
・アルミパッド付スポーツペダル
・運転席&助手席パワーシート
・LEDヘッドライト
・サイドシルスポイラー
・光輝ウィンドウモール

ブラックレザーセレクションを設定すると、
・LEDヘッドライトハイ&ロービーム+ステアリング連動ヘッドランプ
・クリアビューパック
・本革巻きステアリングホイール
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・フロントシートヒーター付き本革シート
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・スーパーUVカットガラス

が標準装備となります。

■燃費

新型インプレッサのグレード別の燃費は、
1.6i-L EyeSight、FF・・・18.2km/L
1.6i-L EyeSight、AWD・・・17.0km/L

2.0i-L EyeSight、FF・・・17.0km/L
2.0i-L EyeSight、AWD・・・16.8km/L
2.0i-S EyeSight、FF・・・16.0km/L
2.0i-S EyeSight、AWD・・・15.8km/L

です。

■価格

新型インプレッサの価格は、
1.6i-L EyeSight、FF・・・1,922,400円
1.6i-L EyeSight、AWD・・・2,138,400円
ブラックレザーセレクションは324,000円高

2.0i-L EyeSight、FF・・・2,160,000円
2.0i-L EyeSight、AWD・・・2,376,000円
ブラックレザーセレクションは253,800円高

2.0i-S EyeSight、FF・・・2,376,000円
2.0i-S EyeSight、AWD・・・2,592,000円
ブレックレザーセレクションは108,000円高

です。

インプレッサスポーツ、インプレッサG4共に同価格です。

現行型よりは随分高くなりましたが、アイサイトが全車標準装備になるなどベースグレードの装備が大幅に充実した上、基本性能も大きく向上しているようなので、価格なりの価値があるのか、楽しみです。

■走り

スバルは、新型インプレッサから採用するプラットフォームを、全車種に利用するとのことです。
現在は、プラットフォームが2つあるのですが、1つにしてコスト削減を進めるということでしょう。
トヨタの、TNGAに通ずるものが有ります。

imp3.jpg

剛性は、従来の1.7~2倍に向上。
ねじり剛性も1.7倍に向上。

サスペンション取り付け部の剛性の向上により、より良い乗り心地の実現した。

とのことです。

また、アクティブトルクベクタリングという、コーナリング時のライントレース性を向上させる機能も採用されています。

■安全性

新型インプレッサには、アイサイトver3とサイト、カーテン、ニーエアバッグ、歩行者用エアバッグが全車標準装備になります。

imp2.jpg

imp1.jpg

アイサイトver3にも様々な機能がありますが、進化したところを紹介します。

・ACC(全車速追従機能付クルーズコントロール)
加速特性を4つのモードから選択できるようになりました。
作動開始がスムーズになりました。
停止保持機能が追加されました。

・アクティブレーンキープ
車線中央維持機能が追加されました。

また、万が一衝突した時の衝撃吸収率も、現行比140%になっているようです。

■納期、値引き情報

2016年11月時点での新型インプレッサの納期は、約3ヶ月です。

値引きは、フルモデルチェンジ直後なので厳しく、車両本体から0~5万円、オプションから5万円程度が相場となっているようです。

納期、値引き情報は、随時更新します。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


■新型インプレッサを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
私がプリウスを査定したところ、45万円も高い査定が付きました!
 カテゴリ
 タグ
None