アコードハイブリッド マイナーチェンジは2016年5月26日に。変更点を紹介。

スポンサーリンク

ホンダ、アコードハイブリッドが2016年5月26日にマイナーチェンジされました。

今回は、旧型からの変更点など、新型アコードを紹介します。

デザイン

フロント

リア

インテリア

シフトレバーがボタン式になっています。

特に、ヘッドライト周辺のデザインが変わりましたね。繊細にデザインされている印象です。

シフトレバーはなく、すべてボタン式になっています。なれるまでは少し大変そうです。

パワートレイン

ハイブリッドシステムは現行と同じ2.0Lエンジン+モーターです。
最高出力、最大トルク共にパワーアップしています。

<エンジン>
最高出力・・・145ps/6200rpm
最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm

<モーター>
最高出力・・・184ps/5000-6000rpm
最大トルク・・・32.1kgm/0-2000rpm

また、バッテリーの小型化により、トランク容量が大きくなっています。

これまでのアコードハイブリッドは、バッテリーの関係でゴルフバッグが3つまでしか積めませんでしたが、新型アコードハイブリッドは、9インチのゴルフバッグを4個積むことが出来るようになります。

燃費

新型アコードハイブリッドは、パワーアップするにもかかわらず燃費が向上します。

新型アコードハイブリッドの燃費は、
LX・・・31.6km/L
EX・・・30.0km/L

です。LXグレードのみ燃費が向上します。

価格

グレード構成は、これまでと同様LXとEXの2グレード構成。
HYBRID LX・・・385万円
HYBIRS EX・・・410万円

LXは10万円アップ、EXは9万円アップです。

ホンダセンシングが標準装備になったので、妥当なところでしょう。

快適性

新型アコードハイブリッドは、快適性も向上します。

遮音材、吸音材の追加による、エンジン音とロードノイズの低減。
サスペンション、ダンパーのセッティング変更による、乗り心地の改善。

を実現します。

ホンダセンシング

今回のマイナーチェンジで、ホンダセンシングが搭載されます。

自動ブレーキはもちろん、全車即対応のレーダークルーズコントロールを搭載し、快適なドライブが可能になります。

その他、歩行者事故低減ステアリング、車線維持支援システム、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能など、レジェンドと同等の機能が搭載されます。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする