スポンサーリンク


ホンダ、アコードハイブリッドが2016年5月26日にマイナーチェンジされました。

今回は、旧型からの変更点など、新型アコードを紹介します。

■デザイン

フロント
accord1.jpg

リア
accord2.jpg

インテリア
accord5_20160526154110085.jpg

シフトレバーがボタン式になっています。
accord6_20160526154112004.jpg

■パワートレイン

ハイブリッドシステムは現行と同じ2.0Lエンジン+モーターです。
最高出力、最大トルク共にパワーアップしています。

<エンジン> 最高出力・・・145ps/6200rpm 最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm <モーター> 最高出力・・・184ps/5000-6000rpm 最大トルク・・・32.1kgm/0-2000rpm また、バッテリーの小型化により、トランク容量が大きくなっています。

これまでのアコードハイブリッドは、バッテリーの関係でゴルフバッグが3つまでしか積めませんでしたが、新型アコードハイブリッドは、9インチのゴルフバッグを4個積むことが出来るようになります。

■燃費

新型アコードハイブリッドは、パワーアップするにもかかわらず燃費が向上します。

新型アコードハイブリッドの燃費は、
LX・・・31.6km/L
EX・・・30.0km/L

です。LXグレードのみ燃費が向上します。

■価格

グレード構成は、これまでと同様LXとEXの2グレード構成。
HYBRID LX・・・385万円
HYBIRS EX・・・410万円

LXは10万円アップ、EXは9万円アップです。
ホンダセンシングが標準装備になったので、妥当なところでしょう。

■快適性

新型アコードハイブリッドは、快適性も向上します。

遮音材、吸音材の追加による、エンジン音とロードノイズの低減。
サスペンション、ダンパーのセッティング変更による、乗り心地の改善。

を実現します。

■ホンダセンシング

今回のマイナーチェンジで、ホンダセンシングが搭載されます。
自動ブレーキはもちろん、全車即対応のレーダークルーズコントロールを搭載し、快適なドライブが可能になります。

その他、歩行者事故低減ステアリング、車線維持支援システム、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能など、レジェンドと同等の機能が搭載されます。

■ホンダ公式発表

ホンダのニュース・リリースです。
Hondaは、革新的なハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」※1がもたらす力強い加速感や、優れた燃費性能で好評の「ACCORD(アコード)」の内外装を刷新するとともに、モーターの進化などの大幅な改良を加え、本日発売します。

 新型アコードは、スイッチ式のエレクトリックギアセレクターや、インラインタイプのフルLEDヘッドライトの採用など内外装の刷新を図るとともに、モーターやバッテリーなどを新設計することによってSPORT HYBRID i-MMDを小型・軽量化し、高出力・高トルク化を図ることで、力強い走りと静粛性をさらに高い次元で両立させました。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備し、高い安心感を提供します。

 加えて、高度化光ビーコン※2を使用した信号情報活用運転支援システムに世界で初めて対応※3。交通信号のさまざまな情報を通信により取得して、メーター内に表示することで、より安全で円滑な走行をサポートします。また、Honda独自の通行情報を活用し、サーバーからの最新情報で道案内を行う100%サーバールート配信による、高精度な渋滞予測を実現する「Hondaインターナビ」を標準装備、さらに、iPhone※4のさまざまなアプリを車内で便利に使えるApple CarPlay※4に新たに対応しました。

 さらに、車線変更や合流時などに助手席側後方の確認を補助する「LaneWatchTM(レーンウォッチ)」や、狭い場所での駐車などを助ける「パーキングセンサーシステム」を装備し、お客様の安全な運転をサポート※5します。また、新しい情報が入りましたら、更新します。出典:honda


スポンサーリンク


■アコードハイブリッドを検討中の方へ。


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
私がプリウスを査定したところ、45万円も高い査定が付きました!
 カテゴリ
 タグ
None