スポンサーリンク


スズキ、新型スイフトスポーツの最新情報をお伝えします。

もくじ
新型スイフトスポーツ情報
・発売日
・デザイン
・カラーラインナップ
・詳細スペックNew!!
・予防安全性能
・価格
・オプション

新型(現行)スイフト情報
・発売日、納期
・デザイン
・カラーラインナップ
・グレード構成
・基本スペック
・グレード別装備
・グレード別価格
・燃費
・安全装備
・スイフトを検討中の方へ

新型スイフトスポーツ情報

発売日

新型スイフトスポーツは、9月12日から開催されるフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされました。

日本では、9月13日発表され、9月20日に発売されます。

デザイン

新型スイフトスポーツのデザインを紹介します。

swifts7.jpg画像出典Carview

鮮やかなチャンピオンイエローが、目を引きます。


ノーマルのスイフトと比べると、

・ノーズがせり出した躍動感のある専用バンパー、グリル
・軽快さを演出しつつ空力性能を高めたルーフエンドスポイラー
・カーボン調シボが施されたフロントグリル、バンパー、サイドアンダースポイラー、リヤディフューザー
・切削加工&ブラック塗装17インチアルミホイール
・デュアルエキゾーストパイプ

などが採用されます。


新型スイフトスポーツは、直進安定性、旋回性能を向上するため、トレッドやホイールベースが拡大されます。

その関係で、3ナンバーとなります。ボディ自体のサイズはスイフトと変わりません。


swifts4.jpg

swifts5.jpg

swifts6.jpg画像出典Carview

インテリアは、太めのレッドラインがスポーティーさを演出しています。


インテリアは、
・専用フロントシート
・専用ドアアームレストオーナメント
・専用インパネオーナメント
・専用コンソールオーナメント
・専用スピードメーター
・4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ(ブースト計、油温計付)
・専用本革巻ステアリングホイール
・専用シフトノブ
・ステンレス製ペダル

などが専用装備となっています。


テスト走行の様子
swiftsports.jpg

swiftsports2.jpg画像出典Carscoops

スポンサーリンク


カラーラインナップ

新型スイフトスポーツのカラーは全6色です。

・チャンピオンイエロー4
swifts7.jpg

・バーニングレッドパールメタリック(+20,000円)
swifts12.jpg

・スピーディーブルーメタリック
swifts8.jpg

・ピュアホワイトパール(+20,000円)
swifts11.jpg

・プレミアムシルバーメタリック(+20,000円)
swifts10.jpg

・スーパーブラックパール
swifts9.jpg画像出典Carview

イメージカラーは、もちろんチャンピオンイエローです。

スポンサーリンク


スペック

新型スイフトスポーツのスペックを紹介します。

車の性格上、詳しいスペックを知りたい人も多いでしょうから、いつもより詳しめに紹介します。


サイズ・・・全長3,890mm×全幅1,735mm×全高1,500mm
ホイールベース・・・2,450mm
トレッド・・・前1,510mm、後1,515mm
室内長・・・1,910mm×室内幅1,425mm×室内高1,225mm
最低地上高・・・120mm

最小回転半径・・・5.1m
車両重量・・・MT970kg、AT990kg


燃費・・・MT16.4km/L、AT16.2km/L
燃料タンク容量・・・37L
使用燃料・・・ハイオク


搭載エンジン(K14C)
排気量・・・1,371cc
圧縮比・・・9.9

最高出力・・・140ps/5500rpm
最大トルク・・・23.4kgm/2500-3500rpm


変速比
<MT>
1速・・・3.615
2速・・・2.047
3速・・・1.518
4速・・・1.156
5速・・・0.918
6速・・・0.794

<AT>
1速・・・4.044
2速・・・2.370
3速・・・1.555
4速・・・1.159
5速・・・0.851
6速・・・0.672


フロントブレーキ・・・ベンチレーテッドディスク
リヤブレーキ・・・ディスク

フロントサスペンション・・・マークファーソンストラット
リヤサスペンション・・・トーションビーム


以上のようになっています。


旧型スイフトスポーツの1.6L自然吸気エンジンのスペックは、
最高出力・・・136ps/6900rpm
最大トルク・・・16.3kgm/4400rpm

ですから、パワー、トルク共にアップしています。

特に最大トルクが大幅にアップしていることに加え、最大トルクが発揮される回転数が低いため、かなりスポーティーな走りができるでしょう。

さらに、新型スイフトスポーツは旧型よりも軽量化されているため、それも軽快な走りにつながるでしょう。


燃費も先代スイフトスポーツより、1km/L程度向上しています。

予防安全性能

新型スイフトスポーツには、新型スイフトに準じた予防安全性能が採用されます。

新型スイフトには、
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能

などが搭載されています。

MTモデルには、誤発進抑制機能は搭載されませんが、自動ブレーキは搭載されています。

価格

新型スイフトスポーツの価格を紹介します。

6MT・・・1,836,000円
6AT・・・1,906,200円

<セーフティパッケージ装着車>
6MT・・・1,922,400円
6AT・・・1,992,600円

<セーフティパッケージ+全方位モニター用カメラパッケージ装着車>
6MT・・・1,980,720円
6AT・・・2,050,920円

オプション

主なメーカーオプションを紹介します。

<セーフティーパッケージ>
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール
・リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー

80,000円


<セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ>
上記セーフティーパッケージに加え、
・フロント&サイトバックカメラ
・ステアリングハンズフリースイッチ
・リヤスピーカー&ツイーター

134,000円


スイフトスポーツを検討中の方は、一度一括査定を試してみて下さい。
>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

スポンサーリンク


ここまで画像はCarviewから引用 新型(現行)スイフト情報

発売日、納期

新型スイフトは、12月27日に発表されました。

発売日は、2017年1月4日です。

2017年2月時点での納期は、1~2ヶ月程度です。

セーフティパッケージ非搭載車で1ヶ月程度、セーフティパッケージ搭載車で2ヶ月程度になっているようです。

新型スイフトの販売は思ったほど伸びていないのか、新型車にしては短い納期となっています。

デザイン

ノーマルのスイフト
swift5.jpg

キープコンセプトながら、リヤのドアノブがCピラーに隠されるなど、ちょっと雰囲気が変わっています。

スイフトRS
swift4_20161227190323dab.jpg

スイフトRSは、フロントグリルに赤いラインが入ってスポーティーさを演出

リヤ
swift6.jpg

リヤのデザインは、新型の方がシンプルになったでしょうか。

インテリア
swift7.jpg

swift8.jpg画像出典スズキHP

このインテリアはHYBRIS RSという上級グレードのものですが、質感が高いですね。

メーターリングは、RS以外でも赤く光り、スポーティーな印象です。

カラーラインナップ

・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・クラッシーブラウンメタリック(RSにはなし)
・ヘリオスゴールドパールメタリック(RSにはなし)
・ネオンブルーメタリック(RSにはなし)
の8色です。(RSは5色)

スポンサーリンク


新型スイフトのグレード構成は下から、
・XG
・XL
・ハイブリッドML
・RS
・ハイブリッドRS
・RSt

の全6グレードです。

RStのみ1.0Lターボエンジンが搭載され、その他は1.2L自然吸気エンジンが搭載されます。

基本スペック

新型スイフトのスペックを紹介します。

サイズ・・・全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mm
ホイールベース・・・2,450mm
車両重量・・・870kg~970kg
燃費・・・20km/L~27.4km/L

<1.2L自然吸気エンジン>
最高出力・・・91ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm

<1.0Lターボエンジン>
最高出力・・・102ps/5500rpm
最大トルク・・・15.3kgm/1700-4500rpm
1.0Lターボエンジンはレギュラー仕様になっており、バレーノのものよりはパワーが抑えられています。

加えて、ハイブリッドには以下のモーターが組み合わされます。
<モーター>
最高出力・・・3.1ps
最大トルク・・・5.1kgm

ソリオに搭載されたストロングハイブリッドではなく、マイルドハイブリッドになります。

スイフトスポーツには、1.4Lのターボエンジンが搭載されるという情報です。

グレード別装備

グレード別の主な装備を紹介します。

XG
・ハロゲンヘッドランプ
・15インチスチールホイール
・ウレタンステアリング
・フルオートエアコン
・運転席、助手席バニティミラー
・キーレスエントリー
・運転席シートヒーター

XL
・16インチアルミホイール
・本革巻きステアリングホイール
・LEDターンライプ付ドアミラー
・オートライト

ハイブリッドML
・LEDヘッドランプ
・パドルシフト

RS
・RS専用フロントグリル
・RS専用フロントバンパー
・RS専用リヤバンパー
・サイドアンダースポイラー
・ルーフエンドスポイラー
・リヤフォグランプ
・LEDヘッドランプ
・オートライト
・RS専用シート表皮
・フルオートエアコン
・本革巻ステアリング

RSt(RSに加えて)
・パドルシフト

ハイブリッドRS(RSに加えて)
・助手席側シートヒーター(4WDのみ)

グレード別価格

新型スイフトのグレード別価格を紹介します。
XG・・・1,343,520円
XL・・・1,463,400円
ハイブリッドML・・・1,625,400円
RS・・・1,594,080円
ハイブリッドRS・・・1,691,280円
RSt・・・1,704,240円

です。

燃費

新型スイフトのグレード別燃費を紹介します。

XL・・・24.0km/L
ハイブリッドML・・・27.4km/L
RS・・・22.6km/L
ハイブリッドRS・・・27.4km/L
RSt・・・20.0km/L

ハイブリッドシステム搭載車は27.4km/Lと、現行スイフトよりも1.0km/L燃費が向上しています。

安全装備

新型スイフトには、「セーフティパッケージ」というオプションが全グレードに装着できます。
セーフティパッケージは、約10万円でつけることができます。
セーフティパッケージの内容は、
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能(RSを除く)
・車線逸脱警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・カーテンエアバッグ
・サイドエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール
・リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー
・運転席センターアームレスト(RSを除く)

が追加されます。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None