新型 レクサスIS フルモデルチェンジ 2019 発売日、時期、価格、スペック、画像など

スポンサーリンク

レクサスISのフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

フルモデルチェンジ予想情報

発売時期

新型レクサスISの発売時期は、2019年~2020年頃になると予想されています。

今のところ、まだテスト走行の様子なども撮影されていないので、2019年末~2020年といったところでしょう。

デザイン

新型レクサスISのデザインは、新型レクサスESと同じように、スピンドルグリルのデザインが新しくなると予想されています。

新型レクサスESでは、Fスポーツ以外のグレードのスピンドルグリル内のラインが、縦に変更されました。

Fスポーツ以外のグレードのフロントマスク
出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/lexus/22289689.html

Fスポーツは、これまでと変わらずメッシュ状のグリルとなっていますが、これも二重のデザインとなっており、より繊細になっています。

Fスポーツのフロントマスク
出典https://newsroom.toyota.co.jp/jp/lexus/22289689.html

また、最近のレクサスは、ヘッドライト下のLEDのライン(チェックマークのようなライン)が、ヘッドライト下部とつながっているようなデザインになっています。

サイズ

新型レクサスISのサイズは、現行よりも結構大きくなると予想されています。

<新型レクサスIS予想サイズ>
全長4,750mm×全幅1,820mm×全高1,430mm

レクサスISは、後部座席が狭いのですが、新型レクサスISではそれなりのスペースが確保されそうです。

レクサスはGSを廃止してFRセダンは、ISとLSのみになるので、新型ISは、現行ISとGSの中間くらいのサイズになりそうです。

現行レクサスISのサイズ
全長4,680mm×全幅1,810mm×全高1,430mm

現行レクサスGSのサイズ
全長4,880mm×全幅1,840mm×全高1,455mm

予防安全性能

新型レクサスISには、最新のレクサスセーフティシステム+Aが搭載されると予想されています。

レクサスセーフティシステム+Aの機能を紹介します。

・プリクラッシュセーフティシステム
・ロードサインアシスト
・フロントクロストラフィックアラート
・レーダークルーズコントロール
・レーントレーシングアシスト
・レーンチェンジアシスト
・ブラインドスポットモニター
・デジタルインナーミラー
・上下二段式アダプティブハイビームシステム
・ドライバー異常時停車支援システム
・パーキングサポートブレーキ
・パノラミックビューモニター

これらは、レクサスLSに採用されている装備なので、一部削られたりすることはあるかもしれませんが、今は予防安全機能はクラスに関係なく搭載するのが流れなので、基本的にはこれらの機能が搭載されることになるはずです。

価格

新型レクサスISの価格は、新プラットフォームの採用、サイズの拡大などにより、現行型よりも高くなると予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

2016年マイナーチェンジ情報

発売日

レクサスISは、2016年の秋頃マイナーチェンジが予定されています。

発売日は、2016年10月23日という情報があります。

デザイン

新型レクサスISのデザインは、既に公開されています。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアの変更が主となります。

新型レクサスIS Fスポーツ
isoff1.jpg出典トヨタHP

非Fスポーツ
isoff2.jpg出典トヨタHP

インテリア
isoff3.jpg出典トヨタHP

現行IS
isoff4.jpg出典トヨタHP

大きく変わったのは、フロントマスクですね。

フォグランプ周りのデザインのほか、スピンドルグリル自体の上下比も変更されています。

インテリアでは、ナビゲーションのディスプレイが10.3インチに拡大されました。
レクサスGSなどと比べるとまだ小さいですが。よく、ナビが小さいと指摘されていたので、改善してきましたね。

その他、ヒーターコントロールパネルやオーディオパネルの質感の向上など、細かい部分も改良されています。

パワートレイン

パワートレイン、グレード構成は、基本的に現行と同じです。

IS200t
最高出力・・・245ps/5,800rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1,650-4,400rpm

IS250(4WDのみ)
最高出力・・・215ps/6,400rpm
最大トルク・・・26.5kgm/3,800rpm

IS350
最高出力・・・318ps/6,400rpm
最大トルク・・・38.7kgm/4,800rpm

IS300h
・エンジン
最高出力・・・178ps/6,000rpm
最大トルク・・・22.5kgm/4,200-4,800rpm

・モーター
最高出力・・・143ps
最大トルク・・・30.6kgm

の4タイプです。

小改良により、燃費は向上する可能性があります。

走行性能

走行性能の面では、サスペンションの熟成により、ハンドリングと乗り心地が向上しています。

安全性能

今回のマイナーチェンジで、Lexus Safety System +が搭載されました。
トヨタセーフティセンスPと同等の性能ですので、

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

が搭載されます。

これまではオプションだった自動ブレーキなどの装備ですが、新型では全車標準装備になるため、価格は10万円ほどアップすると見られています。

価格など、新しい情報がわかりましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする