スポンサーリンク


4月20日、三菱自動車の燃費不正問題が明らかになりました。

三菱自動車のニュースリリースによると、
当社製軽自動車の型式認証取得において、当社が国土交通省へ提出した燃費試験データについて、燃費を実際よりも良く見せるため、不正な操作が行われていたことが判明しました。また、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことも判明しました。お客様はじめ全てのステークホルダーの皆様に深くお詫び申し上げます。

該当車は、2013年6月から当社で生産している『eKワゴン』『eKスペース』と、日産自動車向けに供給している『デイズ』『デイズルークス』の計4車種です。これまでに当社は計15万7千台を販売し、日産自動車向けには計46万8千台を生産しています(2016年3月末現在)。

燃費試験については、該当車のいずれについても、開発を担当し認証届出責任を持つ当社が実施していました。次期車の開発にあたり、日産自動車が該当車の燃費を参考に測定したところ、届出値との乖離があり、当社が試験で設定した走行抵抗値について確認を求められました。これを受けた社内調査の結果、実際より燃費に有利な走行抵抗値を使用した不正を把握するに至ったものです。該当車にお乗り頂いているお客様に対しては、今後、誠実に対応させて頂きます。

※走行抵抗:車両走行時の転がり抵抗(主にタイヤ)と空気抵抗

また、該当車については、生産・販売を停止することといたしました。日産自動車でも販売を停止して頂いており、補償についても今後、協議いたします。

その他の国内市場向け車両についても、社内調査の過程で、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことが判明しました。

また、状況の重大性を鑑み、海外市場向け車両についても調査を行います。

これら問題につき、さらに客観的で徹底的な調査を行うため、独立性のある外部有識者のみによる調査のための委員会を設置し、調査結果がまとまり次第、公表させていただく予定です。


ざっくり説明すると、
燃費試験は、路上ではなくローラーのような台車の上で実施するため、タイヤの走行抵抗や空気抵抗に相当する抵抗を加えて試験を行います。今回は、その抵抗を不正に小さくして試験を行った。ということでしょう。

本来よりも小さな抵抗しか加えずに試験を行っているわけなので、当然燃費の数字は良くなります。

これに伴い、日産デイズ、デイズルークス、三菱ekワゴン、ekスペースが生産、販売停止となりました。

日産デイズ
dayz_201604201720365b4.jpg

日産デイズルークス
dayzroox_201511041644532e4.jpg

三菱ekワゴン
ekwagon.jpg

三菱ekスペース
ekspace_20160420172323656.jpg

既に、日産自動車のホームページから、該当車種のページが削除されています。

三菱自動車の方は、ekワゴン、ekスペースのページはありますが、いずれ削除なり謝罪文が掲載されることでしょう。
今は、まだそこまで手が回っていないのでしょう。

三菱自動車の不正といえば、過去のリコール隠しが思い出されます。
今回、再度の不正発覚で、顧客からの信頼回復は、もう難しいのではないでしょうか。

三菱自動車は最近は軽自動車の販売に頼っており、経営危機となることは間違いないでしょう。
実際、株価は不正発覚後、急落しています。明日以降の株価も心配ですね。

ekワゴンは、開発中のストーリーがガイアの夜明けで取り上げられており、燃費を向上させてきたワゴンRに対して、急遽燃費目標を引き上げ、苦心の結果「おーっ!出たじゃん」と言ってたことが記憶に新しいです。

苦心していたのではなく、不正をしていたのですね。がっかりです。

続報が入り次第、追ってお伝えします。

スポンサーリンク


■車の乗り換えを検討中の方へ
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
 カテゴリ
 タグ
None