スポンサーリンク


トヨタは、TNGAに基づいた新エンジン、新ミッション、ハイブリッドシステムの刷新を発表しました。

どれも、性能の向上、燃費の向上を実現できそうな魅力的な内容なので、紹介していきましょう。

engine_20161209181424ebc.jpg

■新エンジン

基本構造を見直し、ガソリン車用、ハイブリッド車用の2.5Lエンジンを新開発しました。

ガソリン車用エンジンは熱効率40%
ハイブリッド車用エンジンは、熱効率41%を実現しています。

熱効率の向上による燃費アップとともに、高レスポンス化と全速度域での高トルク化も実現しています。

燃費と走りの向上を両立したということですね。

■新ミッション

ミッションの方は、新開発の8速、10速のオートマチック・トランスミッションを開発しました。

ギヤが噛み合う時のエネルギー伝達ロスの低減、クラッチの損失トルクの低減を実現し、世界トップレベルの伝達効率を実現しました。

この新エンジンと新ミッションの組み合わせにより、動力性能は約10%、燃費性能は約20%向上が見込まれる。ということです。

楽しみですね。

■新ハイブリッドシステム

トヨタ自慢のハイブリッドシステム、THS2ですが、2.5L用ハイブリッドシステムの一新と、FR用の高性能マルチステージTHS2というものが開発されました。

2.5L用ハイブリッドシステムは新型エンジンとの組み合わせにより、動力性能の向上と低燃費を実現。

マルチステージTHS2は、従来のハイブリッド車にはない高い発振加速性能とダイレクト感溢れる走りを実現した。ということです。

■今後採用される可能性の高い車種は?

さて、今後このエンジンを順次展開していくということで、現在2.5Lエンジンを搭載している車は、モデルチェンジを機に新エンジンに切り替わる可能性が高いといえます。

現在2.5Lエンジンを搭載している車をピックアップしてみると、

<レクサス>
・IS
・RC
・GS
・NX

<トヨタ>
・アルファード
・ヴェルファイア
・カムリ(間もなくフルモデルチェンジ!
・クラウンロイヤル
・クラウンアスリート

(マークXは2019年に販売終了の情報が出ているので、恐らく搭載されないでしょう。)

に2.5Lエンジンが搭載されているので、今後新エンジンが搭載され燃費がグッと向上する可能性が高そうです。

また、ミッションに関しても8速、10速ということですから、現在6速以上のATが採用されているような高級車を中心に多段化が進められると予想できます。

また、あたらしい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク


■車の乗り換えを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度で、その場で概算価格が分かります。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!

一括査定サイトの活用方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
あなたの愛車を少しでも高く売るために・・・
 カテゴリ
 タグ
None