スポンサーリンク


マツダは、3列シートの新型SUV「CX-8」を2017年中に日本国内で発売すると発表しました。

今回は、CX-8の最新情報をお伝えします。

■もくじ
・発売日
・デザイン
・サイズ
・パワートレイン
・グレード別価格
・グレード別装備
・車の買い替えを検討中の方へ


発売日

CX-8の発売日は、2017年11月29日です。

既に、先行予約を受け付けているディーラーが多くあるので、気になる方はお近くのディーラーにお問い合わせ下さい。

デザイン

2017年7月25日、CX-8のエクステリアデザインが公開されました。

CX-8
cx-81.jpg出典:マツダブログ

CX-5と比較してみると、
cx82.jpg出典:マツダHP

Bピラーよりも前は、CX-5と同じように見えます。

リヤドアや、リヤクォーターガラスがCX-5よりも長くなっており、3列目シートの居住空間が確保されています。

また、ホイールのデザインも変更されています。

あえてモノクロで公開されていますが、カラーラインナップはCX-5と同等になるはずなので、イメージしてみて下さい。


インテリアの画像は、以前から公開されています。
cx-8.jpg出典:マツダブログ

6人乗りモデルは、2列目シートが独立しており、ゆったり座れそうですね。

このインテリア画像は、最上級グレード、XD L Packageのものだと思われます。

この他、7人乗りモデルも用意されます。

スポンサーリンク


サイズ

CX-8のサイズは、全長4,900mm×全幅1,840mm×全高1,730mm、ホイールベース2,930mm です。


CX-5のサイズは、全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mm、ホイールベース2,700mm

なので、全長はCX-5よりも355mm長く、全高は40mm高くなっています。


マツダは、「3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した。」と発表していますが、これだけ長くなっていれば、確かに3列目の空間も結構ありそうです。

「大人」というのは、身長170cm程度の人を想定しているようです。大柄な男性にはキツいかもしれません。

また、2列目、3列目シートを収納すると大人二人が十分に寝転がることができるスペースが出現するようです。

パワートレイン

CX-8には、2.2Lクリーンディーゼルエンジンが搭載されると発表されています。

2.2Lクリーンディーゼルエンジン
最高出力・・・175ps/4500rpm
最大トルク・・・42.8kgm/2000rpm

ガソリンエンジンの搭載は、今のところ発表されていませんが、搭載されるなら2.5Lエンジンとなるでしょう。

一応、今後ガソリンエンジンか2.5Lターボエンジンの搭載は検討中のようです。

市場の様子を見て、CX-3のように追加されることがあるかもしれません。

価格

新型CX-8は、CX-5よりも40万円~50万円ほど高くなります。

CX-8の価格は、 XD・・・3,196,800円 XD PROACTIVE・・・3,537,000円 XD L Package・・・3,958,200円 です。(4WDは23万円アップ) 当初は、CX-6という車名で、もう少し値上がり幅は小さいのではないかと予想されていましたが、十分な質感、空間を確保し、最上級SUVであることを明確にするためにも、CX-8という大きな数字を使ったと考えられます。

グレード別装備

CX-8のグレード別の主な装備を紹介します。

XD
・17インチアルミホイール
・LEDヘッドライト
・フルオートエアコン
・自動防眩バックミラー
・雨滴感応オートワイパー
・4スピーカー
・自動ブレーキ
・クルーズコントロール
・車線逸脱警報システム
・オートマチックハイビーム
・ブラインドスポットモノター
・誤発進抑制機能

XD PROACTIVE
・19インチアルミホイール
・アクティブLEDヘッドライト
・オート格納機能付電動ドアミラー
・カラーマルチインフォメーションディスプレイ
・ステアリングヒーター
・運転席パワーシート
・運転席、助手席シートヒーター
・6スピーカー
・レーダークルーズコントロール
・標識認識システム

XD L Package
・専用19インチアルミホイール
・LEDフォグライト
・ルーフレール
・パワーバックドア
・ナッパレザーシート
・助手席パワーシート

などとなっています。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None