スポンサーリンク


スバルのSUV、フォレスターがフルモデルチェンジされました。

今回は、新型フォレスターの最新情報をお伝えします。

日本発売日、予約

新型フォレスターは、3月29日にニューヨークでワールドプレミアされました。

新型フォレスターの日本発売日は、2018年7月19日と予想されています。


まずは、ガソリン車のみワールドプレミアされ、遅れてハイブリッド車が追加されると予想されています。

ハイブリッド車の発売は、9月になると予想されています。


ガソリン車の予約は、5月18日から開始されるようです。

デザイン

新型フォレスターのデザインを紹介します。

エクステリア
forestercarscoop1.jpg出典Carscoops

forestercarscoop2.jpg出典Carscoops

forestercarscoop3.jpg出典Carscoops

一見、マイナーチェンジかな?と思えるくらいの小さな変更です。

先代と比べると、ヘキサゴングリルが少し大きくなったかな?くらいです。

スバルやマツダは、デザインが統一されており、フルモデルチェンジでもあまり大きな変化はありませんね。


ちなみにこのボディカラーは、フォレスターの専用色、「ジャスパーグリンメタリック」です。


先代フォレスター
forestersubaruoff1.jpg出典スバルHP

こちらの方が、ドッシリした印象を受けます。新型は、少し尻上がりのデザインに見えるかな?


インテリア
インテリアは、インプレッサやXVに準じたデザインとなっています。
forestercarscoop4.jpg出典Carscoops

forestercarscoop5.jpg出典Carscoops

forestercarscoop6.jpg出典Carscoops

オレンジがアクセントになっています。

あとで紹介しますが、これは、X-BREAKグレードの画像だと思います。


インフォメーションディスプレイのフード部分には、ドライバーの状態を検知する、ドライバーモニタリングシステムのセンサーが搭載されています。


リヤシート左右のヘッドレストは大型で、乗員の頭や首をしっかりとサポートしてくれそうです。 新型フォレスターのコンセプトカー、VISIV FUTURE CONCEPT

VIZIV FUTURE CONCEPT
vizivfuturecarscoop1.jpg出典Carscoops


コンセプトカーが比較的現実的なデザインだったということもあるかと思いますが、コンセプトカーからも大きく変わっておらず、無難なデザインに仕上がっています。

スポンサーリンク


サイズ

新型フォレスターのサイズは、全長4,625mm×全幅1,815mm×全高1,730mm

ホイールベースは2,670mmです。


現行型よりも、全長が15mm長く、全幅が20mm広く、全高が15mm高くなりました。

特に、全幅が1,800mmを超えてきたのは、日本国内では障壁になるかもしれません。


最小回転半径は、現行比+0.1mの、5.4mに抑えられています。


フォレスターも、いずれ、レヴォーグのように、一回り小さい日本専用のSUVが投入されるかもしれませんね。


今回の新型フォレスターは、5人乗りのみの設定です。

パワートレイン

新型フォレスターには、ガソリン車、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車が投入されると予想されています。

まずは、ガソリン車のみ発表されました。

発表されたエンジンは、2.5LのNAエンジンです。

このエンジンは、先代から90%の部品が刷新された、新型エンジンです。

<2.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・184ps/5800rpm
最大トルク・・・24.4kgm/4400rpm
燃費・・・14..6km/L


ハイブリッド車には、2.0Lエンジンとモーターを組み合わせたシステムが搭載されます。

フォレスターのハイブリッドシステムは、「e-BOXER」と呼ばれ、アクセルワークにリニアに反応し、思い通りな加速が可能なセッティングとなっています。

燃費よりも走りのためにモーターパワーを使う、スバルらしいセッティングになっているようです。


e-BOXERのシステムは、トヨタ・プリウスのようなシステムではなく、先代インプレッサスポーツハイブリッドのシステムを改良したものとなるようです。

そのため、モーターのみで走行できるのは低速域だけです。


その代わり、バッテリーなどが小型ができるので、荷室空間などはガソリン車と同等を確保されています。


トランスミッションはCVTですが、オートステップ変速により、有段ATのように、スポーティーな走りを楽しめるようになっています。


また、7速マニュアルモードも用意されます。

MT車は廃止となります。


アイサイト

新型フォレスターには、レヴォーグに搭載されているものと同じ、アイサイトツーリングアシストが搭載されると予想されていましたが、どうやら、従来型のアイサイトver3が搭載されるようです。


アイサイトver3の機能を紹介します。

・プリクラッシュブレーキ
前方車両との速度差が50km/h以下なら衝突回避が可能

・全車速追従機能付クルーズコントロール
0~100km/hで先行車に追従走行が可能

・アクティブレーンキープ
車線逸脱を抑制するように、ステアリング操作をアシスト

・誤発進、誤後進抑制制御
シフトレバーや、ペダルの誤操作による飛び出しを抑制

・ふらつき警報機能

・車線逸脱警報機能

・先行車発進お知らせ機能


<アイサイトセイフティプラス>
・後側方警戒支援システム

・アダプティブドライビングビーム

・フロントビューモニター

・スマートリヤビューモニター

などが搭載されるでしょう。


レヴォーグには、マイナーチェンジでアイサイトツーリングアシストが搭載されたのに、フォレスターのフルモデルチェンジで、ver3とは、何かの間違いか・・・・?(というか、間違いであって欲しい)のですが。

詳細は調査中です。


グレード構成

新型フォレスターのグレードは、全部で4つです。

・Touring
・X-BREAK
・Premium
・Advance

Advanceはハイブリッド車で、その他はガソリン車です。


グレード別に予想されている、主な装備を紹介します。

<Touring>
・225/60R17インチタイヤ
・17インチアルミホイール
・アイサイトver3
・サイドビューモニター
・電動格納式リモコンドアミラー
・本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付)
・フルオートエアコン
・ファブリック/トリコット+合成皮革シート表皮
・シートヒーター(前後)


<X-BREAK>
・225/60R17インチタイヤ
・17インチアルミホイール
・LEDフロントフォグランプ
・本革巻ステアリング(レッドオレンジステッチ)
・撥水ファブリックシート表皮
・各所にレッドオレンジ加飾


<Premium>
・225/55R18インチタイヤ
・18インチアルミホイール
・LEDフロントフォグランプ
・アルミパッド付スポーツペダル
・キーレスアクセス&プッシュスタートシステム
・ファブリック/トリコット+合成皮革シート表皮
・運転席、助手席8ウェイパワーシート
・運転席シートポジションメモリー機能


<Advance>
・225/55R18インチタイヤ
・18インチアルミホイール
・LEDフロントフォグランプ
・アルミパッド付スポーツペダル
・キーレスアクセス&プッシュスタートシステム
・ファブリック/トリコット+合成皮革シート表皮
・運転席、助手席8ウェイパワーシート
・運転席シートポジションメモリー機能
・ドライバーモニタリングシステム


グレード別装備やオプション装備など、詳しくはこちらの記事で紹介しています。
新型フォレスター 2018年モデル グレード別装備など【Touring、X-BREAK、Premium、Advance】


価格

新型フォレスターの予想価格を紹介します。

Touring・・・249万円~
X-BREAK・・・264万円~
Premium・・・280万円~
Advance・・・298万円~


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None