新型ハスラー おすすめグレードはどれ?グレード別装備、違いを紹介【G、Gターボ、X、Xターボグレード】

スポンサーリンク

年末に発売される、新型ハスラー。

新型ハスラー
新型ハスラー
出典https://www.suzuki.co.jp

新型ハスラーには4つのグレードが設定されており、それぞれ、装備や搭載されているエンジンが違います。

各グレードの装備や特徴を紹介しながら、どういった使い方をする人にはどのグレードがおすすめなのか、紹介し知恵来ます。

新型ハスラーのグレードは、4グレード

新型ハスラーのグレードは、HYBRID G、HYBRID Gターボ、HYBRID X、HYBRID Xターボの全部で4グレードです。

先代ハスラーには、非ハイブリッドのエントリーグレード、Aグレードが設定されていましたが、廃止されました。

新型ハスラー、HYBRID Gグレードの装備

まずは、エントリーグレードであるGグレードの主な装備を紹介します。

<HYBRID Gグレードの主な装備>
・マイルドハイブリッド
・15インチスチールホイール
・スノーモード(4WDのみ)
・グリップコントロール(4WDのみ)
・ヒルディセントコントロール(4WDのみ)
・オートライトシステム
・フルオートエアコン
・フロント2スピーカー
・電動格納式ドアミラー
・運転席、助手席シートヒーター
・電波式キーレスエントリー(スマートキー)
・ウレタンステアリングホイール
・ファブリックシート表皮
・全面UVカット機能付ガラス
・防汚タイプラゲッジアンダーボックス

Gグレードは、スズキセーフティサポートの装着、非装着を選択することができます。

スズキセーフティサポートには、以下の機能が含まれています。

・デュアルカメラブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・標識認識機能
・後退時ブレーキサポート
・後方誤発進抑制機能
・リヤパーキングセンサー
・ステアリングガーニッシュ
・ステアリングオーディオスイッチ

スズキセーフティサポートを非装着にすると、予防安全機能だけでなく、ステアリングガーニッシュやオーディオスイッチもなくなります。

エントリーグレードのHYBRID Gグレードでも、フルオートエアコンやシートヒーター、スマートキーが標準装備となっています。

軽自動車のエントリーグレードは、マニュアルエアコンだったり、キーを回してエンジンをかけるタイプのキーレスエントリーだったりするのですが、新型ハスラーはエントリーグレードでも装備が充実しているといえます。

最初にも紹介したように、先代ハスラーに設定されていたエントリーグレード、Aグレードが廃止されているので、実質的に中間グレードからしか設定されていないと捉えることもできます。

新型ハスラー、HYBRID Gターボグレードの装備

次に、HYBRID Gターボグレードの装備を紹介します。

HYBRID Gグレードに追加されている部分を紹介します。

・ターボエンジン
・パドルシフト
・パワーモード
・アダプティブクルーズコントロール

HYBRID Gターボグレードからは、スズキセーフティサポートを外すことはできません。

HYBRID Gターボグレードは、HYBRID Gグレードにターボエンジンが追加されるだけではなく、パドルシフトやパワーモード、アダプティブクルーズコントロールなど、長距離ドライブに便利な機能が追加されています。

新型ハスラー、HYBRID Xグレードの装備

次に、上位グレード、HYBRID Xグレードの主な装備を紹介します。

HYBRID Gグレードに追加されている部分を紹介します。

・15インチアルミホイール
・LEDヘッドランプ
・LEDポジションランプ
・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻シフトノブ
・メッキシフトノブボタン
・運転席シートバックポケット
・フロアコンソールトレー
・パーソナルテーブル
・プレミアムUV&IRカットガラス
・IRカット機能付フロントガラス

アルミホイールや本革巻ステアリングホイールなど、見た目に関する部分や、UV(紫外線)、IR(赤外線)をカットする機能、ちょっとしたテーブルなど、便利な装備が追加されています。

新型ハスラー、HYBRID Xターボグレードの装備

最後に、新型ハスラー、HYBRID Xターボグレードの装備を紹介します。

HYBRID Xグレードに加えて、以下の装備が追加されています。

・ターボエンジン
・パドルシフト
・アダプティブクルーズコントロール
・パワーモード

GグレードとGターボグレードの装備の差と同じですね。

長距離ドライブを楽にする機能が追加されています。

新型ハスラーのグレード別価格

さて、グレード別の装備の違いを紹介したところで、グレード別の価格も紹介しておきます。

HYBRID G(スズキセーフティサポート無し)・・・1,280,400円

HYBRID G(スズキセーフティサポート有り)・・・1,365,100円

HYBRID Gターボ・・・1,459,700円

HYBRID X・・・1,518,000円

HYBRID Xターボ・・・1,612,600円

以上のようになっています。

スズキセーフティサポートの有無での価格差は、約85,000円

GグレードとXグレードの価格差は、約15万円

NA車とターボ車の価格差は、約95,000円 です。

使い方によるおすすめグレード

まず、高速道路などロングドライブが多い方は、ターボ付をおすすめします。

ターボエンジンでパワフルなだけでなく、パドルシフトやパワーモード、アダプティブクルーズコントロールといったロングドライブを楽にしてくれる機能が搭載されています。

パドルシフトやパワーモードがあれば、合流や登坂が楽になりますし、ロングドライブになればなるほど、アダプティブクルーズコントロールの恩恵は大きく、足の負担が全然違います。

女性の方など、紫外線や赤外線から肌を守りたい方は、X系のグレードをおすすめします。

街乗りがメインで日焼けなども特に気にしない。という方は、Xグレードでも基本的な装備は充実しており、十分だと思います。

スズキセーフティサポートをつけるか否かは、個人的には保険とおもってつけておいた方が良いのではないかと思います。

ひとたび事故を起こせば、損害賠償や慰謝料、保険を使ったとしても等級ダウン、最悪の場合は懲役刑を受けるなど、とても大きなダメージをくらいます。

そういったリスクを少しでも下げるためなら、スズキセーフティサポートの8万円は高くはないと思います。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

【新型 ハスラー 2020】フルモデルチェンジ最新情報!発売日、予約、価格、スペック、内装、外装は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする