半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【ハスラー 新型 2022年】改良変更点、特別仕様車、Jスタイル2など。マイナーチェンジで、MT追加を望む声が多い

スポンサーリンク

スズキの大人気軽SUV、ハスラーのマイナーチェンジ、改良に関する情報が出てきています。

このページでは、新型ハスラーの発売日、デザイン、価格、スペックなど、最新情報を紹介します。

新型ハスラー、2022年5月に改良か

ハスラーの改良は、2022年5月9日に実施されました。

新型ハスラー、2022年モデルのカラー

新型ハスラーでは、ツートンカラーを中心に、カラーラインナップが充実しています。

新型ハスラーの予想カラーを紹介します。

<モノトーン>
・シフォンアイボリーメタリック
・クールカーキパールメタリック
・オフブルーメタリック
・ブルーイッシュブラックパール3
・ピュアホワイトパール

<ツートンカラー>
(ボディカラー×ルーフカラー)
・コーラルオレンジメタリック×ソフトベージュ
・オフブルーメタリック×ソフトベージュ
・クールカーキパールメタリック×ソフトベージュ
・アクティブイエロー×ソフトベージュ
・バーミリオンオレンジ×ガンメタリック
・デニムブルーメタリック×ガンメタリック
・フェニックスレッドパール×ガンメタリック
・ピュアホワイトパール×ガンメタリック

スポンサーリンク

新型ハスラー、2022年モデル、その他の変更点

今回の改良では、予防安全機能、運転支援機能、快適機能なども充実しています。

追加、変更された装備を紹介します。

<HYBRID X>
・アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)
・車線逸脱抑制機能
・USB電源ソケット(2個)
・時間調整付フロント間欠ワイパー

<HYBRID Xターボ>
・ルーフレール
・USB電源ソケット(2個)
・時間調整付フロント間欠ワイパー

<HYBRID G>
・アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)
・車線逸脱抑制機能
・LEDヘッドランプ→ハロゲンヘッドランプ

<HYBRID Gターボ>
・LEDヘッドランプ

ハスラー特別仕様車、Jスタイル2(2022)

改良と同時に、特別仕様車Jスタイルが、Jスタイル2に変更されました。

Jスタイル2
新型ハスラー2022年モデルJスタイル2
出典https://www.suzuki.co.jp(2022/5/9)

変更された装備を紹介します。

<JスタイルⅡ>
・アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)
・車線逸脱抑制機能
・ナノイーX搭載フルオートエアコン
・USB電源ソケット(2個)
・時間調整付フロント間欠ワイパー
・ドアトリムカラーガーニッシュ
・インパネカラーガーニッシュ
・フロアコンソールトレー(チタニウムグレー)

<JスタイルⅡターボ>
・ナノイーX搭載フルオートエアコン
・USB電源ソケット(2個)
・時間調整付フロント間欠ワイパー
・ドアトリムカラーガーニッシュ
・インパネカラーガーニッシュ
・フロアコンソールトレー(チタニウムグレー)

新型ハスラー、Jスタイル2のカラー

新型ハスラー、Jスタイル2のカラーは、以下のようになっています。

(ボディカラー×ルーフカラー)
・シフォンアイボリーメタリック×ウッディブラウン
・ピュアホワイトパール×ウッディブラウン
・デニムブルーメタリック×ガンメタリック
・オフブルーメタリック×ガンメタリック
・シフォンアイボリーメタリック×ガンメタリック
・アーバンブラウンパールメタリック×ソフトベージュ
・クールカーキパールメタリック×ソフトベージュ
・フェニックスレッドパール×ソフトベージュ

新型ハスラーの価格

新型ハスラー、2022年モデルの価格を紹介します。

HYBRID G・・・1,387,100円
HYBRID Gターボ・・・1,520,200円
HYBRID X・・・1,538,900円
HYBRID Xターボ・・・1,639,000円
Jスタイル2・・・1,621,400円
Jスタイル2ターボ・・・1,699,500円

スポンサーリンク

ハスラーのマイナーチェンジは、いつ?

ハスラーの、デザインの変更を伴ったマイナーチェンジが実施されるという情報は、今のところ、ありません。

スズキは、デザインの変更を伴った改良(マイナーチェンジ)を実施しないことが珍しくありません。

先代ハスラーでも、実施されませんでした。

現行ハスラーも、デザインの評価は高いため、マイナーチェンジは実施されない可能性があります。

ハスラー、マイナーチェンジでMT設定を望む声が多い

ハスラーには、マイナーチェンジで、MT車の設定を望む声が多くあがっています。

先代ハスラーには、MTが設定されていたのですが、新型になって廃止されてしまったため、MT追加を望む声は、フルモデルチェンジ直後から多数ありました。

自動ブレーキの義務化により、MT車が設定しづらい状況ではありますが、スイフトやジムニーにはMTが設定されていますから、絶対に無理というわけではありません。

ただ、現時点では、具体的な情報はありません。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

2020年発売時の情報

発売日

新型ハスラーの発表日は2019年12月24日、発売日は2020年1月20日です。

ハスラーは、2014年に発売されてから、一度もマイナーチェンジされることなく、フルモデルチェンジを迎えました。

デザイン面で大ヒットしたハスラーは、マイナーチェンジでデザインを変える必要がなかった。ということですね。

デザイン

新型ハスラーのエクステリアデザインは、丸いヘッドライトの親しみやすいデザインという方向性をキープします。

現行モデルはデザイン面が好評でヒットしたので、新型もデザインは大きく変えずに冒険はしないということですね。

似たようなデザインではありますが、各パーツは使いまわしではなく、しっかりと新しく設計されています。

サイドにはリアクォーターウインドウが追加されています。

後方の視認性が向上しているはずです。

パッと見ほとんど変わっていませんが、なんとなくゴツくなった印象を持つかと思います。

現行モデルよりも角張ったデザインになっていることに加え、ボンネット部分の高さが現行モデルよりも20mmほど高くなっているためです。

ほとんど変わっていないエクステリアデザインに対して、インテリアデザインは大きく変わっています。

現行ハスラーは、ポップな印象ではありましたが、プラスチック感が強く、チープな印象も拭えませんでした。

新型ハスラーのインテリアは、道具感、ギア感を感じるような、ワクワクするデザインに仕上がっています。

シートはベンチシートではなく、セパレートシートになっています。

インパネ部分はオレンジ色のフレームで3分割されており、右側はスピードメーター、中央はナビゲーションディスプレイ、左側はコンソールボックスとなっています。

玉井さんが解説!ハスラー コンセプトのインテリア360°体験

スポンサーリンク

ボディカラー

新型ハスラーのボディカラーはモノトーンが5色、ツートンカラーが6色の、全部で11色です。

<モノトーン>
・シフォンアイボリーメタリック
・オフブルーメタリック
・ブルーイッシュブラックパール3
・ピュアホワイトパール
・クールカーキパールメタリック

<ツートンカラー>
(ボディカラー×ルーフカラー)
・バーミリオンオレンジ×ガンメタリック
・デニムブルーメタリック×ガンメタリック
・フェニックスレッドパール×ガンメタリック
・チアフルピンクメタリック×ホワイト
・アクティブイエロー×ホワイト
・ブリスクブルーメタリック×ホワイト

現行ハスラーは14色ラインナップされていたので、それよりは少なくなっています。

ボディサイズ

新型ハスラーは、現行型よりも全高とホイールベースが拡大されます。

新型ハスラーのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,680mm、ホイールベースは2,460mmです。

現行型よりも、全高は30mm高く、ホイールベースは35mm長くなっています。

ホイールベースが延長されているので、後席の足元空間が拡大されているはずです。

新型プラットフォーム採用

新型ハスラーには、新しいプラットフォーム、ハーテクトが採用されます。

このハーテクトは、すでにワゴンRやアルト、スイフトなどいくつかの車種に採用されています。

ハーテクトを採用した車種の特徴は、「軽い」ということです。

トヨタのTNGAプラットフォームのように、乗り心地が劇的に良くなったりということはありませんが、軽量化に全精力をかけているという感じで、軽快な走りをすることができます。

ハーテクトプラットフォームを採用した車は、他社の同じくらいのサイズの車に比べて、50~100kg以上も軽くなっています。

燃費

現行ハスラーは、「ハイブリッド」とは名乗っていませんが、「S-エネチャージ」というハイブリッドシステムが搭載されています。

「ハイブリッド」と名乗っていないのには訳があり、当時は軽自動車税が増税されるか否かといった時期で、「ハイブリッド」を名乗ってしまうと、増税に悪影響があるのでは?といった大人の事情があったようです。

今では残念ながら軽自動車税が増税されてしまったので、ワゴンRなども気兼ねなく「ハイブリッド」を名乗っています。

さて、スズキのハイブリッドには、「ハイブリッド」と「マイルドハイブリッド」があります。

ハイブリッドは、比較的大きな出力を持ったモーターを搭載し、エンジンパワーに加えてモーターパワーによって力強い加速を実現するものです。

マイルドハイブリッドは、小さな出力のモーターを搭載し、加速時など、エンジンパワーを抑えて、抑えた分をモーターパワーで補い、同等の加速力を確保しながら、燃費を向上させるシステムです。

現行ハスラーに搭載されている「S-エネチャージ」は、マイルドハイブリッドの方です。

新型ハスラーにも、マイルドハイブリッドが搭載され、新型ハスラーでは、全グレードがマイルドハイブリッドになります。(現行モデルでは、Aグレードは非ハイブリッドでした。)

新型ハスラーの燃費は、WLTCモード燃費、JC08モード燃費両方が公開されているので、それぞれ紹介します。

<NA車>
WLTCモード燃費・・・25.0m/L
市街地モード・・・22.9km/L
郊外モード・・・26.4km/L
高速道路モード・・・25.1km/L

JC08モード燃費・・・30.4km/L

<ターボ車>
WLTCモード燃費・・・22.6km/L
市街地モード・・・19.7km/L
郊外モード・・・24.4km/L
高速道路モード・・・23.0km/L

ターボ車は、WLTCモードしか発表されていません。

先代ハスラーのNA車の燃費は、JC08モード燃費で32.0km/Lでしたから、カタログ燃費的には若干悪くなっています。

実燃費は少し向上しているとのことですが、実際のところどうなのかは、発売後にチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

パワートレイン

新型ハスラーには、新型エンジンが採用されており、エンジン、モーターのスペックが先代とは変わっています。

<NA車>
エンジン最高出力・・・49ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・5.9kgm/5000rpm
モーター最高出力・・・2.6ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

<ターボ車>
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

先代ハスラーのパワートレインと比較してみましょう。

<NAエンジン>
エンジン最高出力・・・52ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・2.2ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

<ターボエンジン>
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・9.7kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・2.2ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

先代モデルと比較すると、NAエンジンのパワーが低くなっていることが気になります。

車両重量が数十キロ軽くなっていますが、先代モデルよりも加速感、パワー感が低くなっていないか、試乗してチェックしてみたいですね。

予防安全性能

新型ハスラーの予防安全性能は、先代モデルよりも大幅に向上します。

新型ハスラーに搭載されている予防安全機能を紹介します。

・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ

N-BOXやデイズ、タントなど、最近は軽自動車にも搭載されてきているアダプティブクルーズコントロールは、スズキの軽自動車としては初搭載となります。

ただし、新型ハスラーのアダプティブクルーズコントロール機能は、ターボ車にしかついていません。

現行ハスラーでは、グレードによって予防安全性能が違い、Aグレードは、「デュアルカメラブレーキサポート」のみ、その他のグレードには、デュアルカメラブレーキサポートに加え、以下の機能が搭載されています。

・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・全方位モニター用カメラ

価格

新型ハスラーの価格は、Aグレードが廃止されたため、エントリー価格は高くなっていますが、先代からあったGグレード、Xグレードの価格だけを見れば安くなっています。

<新型ハスラーの価格>

HYBRID G・・・1,280,400円~

HYBRID Gターボ・・・1,459,700円

HYBRID X・・・1,518,000円~

HYBRID Xターボ・・・1,612,600円~

消費税増税と、全車がマイルドハイブリッドになるということを考えると、値上げは最小限に抑えられています。

新型ハスラーの各グレードの主な装備などは、こちらのページで紹介しています。

新型ハスラー おすすめグレードはどれ?グレード別装備、違いを紹介【G、Gターボ、X、Xターボグレード】

このジャンルで独走するハスラー

ハスラーは、軽SUVのジャンルで圧倒的一位を独走しています。

ハスラーのヒットを見て、ライバルのダイハツは、キャスト・アクティバを発売しましたが、販売台数では足元にも及んでいません。

ダイハツは、さらに競争力を高めたライバル車として、2020年中頃にタフトという新型軽SUVを発売します。

【新型 タフト マイナーチェンジ 2022~2023】いつ?2022年末~2023年か。予想情報まとめ。サンルーフはいらない人が多い

三菱も、ekクロスを発売しましたが、ekワゴンとekクロスの販売台数をあわせても、ハスラーよりも少ないという状況です。

ホンダからは今のところ軽SUVが登場するという情報はないので、当分の間軽SUVのジャンルではハスラーの独走が続くことでしょう。

スポンサーリンク