マツダ MX-30 日本発売日、価格予想、航続距離、サイズ、スペック、デザインなど、最新情報!

スポンサーリンク

マツダ初の電気自動車、MX-30のイギリス向けのモデルの詳細が発表されました。

MX-30は、日本でも発売されるといわれているモデルなので、日本発売日、価格予想、航続距離、スペックなど、気になる情報を紹介します。

MX-30の日本発売日は、2021年中か

MX-30の日本発売日は、2021年中と予想されています。

イギリスでは、2021年初頭に発売予定とアナウンスされ、詳細が発表されました。

MX-30のデザインは、観音開きが特徴的!

MX-30のデザインを紹介します。


出典https://blog.mazda.com

フロントグリルの形が、他のマツダ車とはちょっと違いますね。

グリルから外気を取り入れる必要がないので、とても小さくなっています。

特徴的なのは、観音開きのドアです。RX-8みたいですね。

スタイリッシュな反面、後部座席への乗り降りはちょっと大変そうです。

スポンサーリンク

MX-30のサイズは、CX-30よりかなり長い

MX-30のサイズは、全長4,935mm×全幅1,795mm×全高1,570mmです。

名前を聞くと、CX-30くらいのサイズなのかな?と思いますが、CX-30よりはかなり長いです。

CX-30のサイズは、全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,540mmです。

CX-30よりも、全長は540mm長く、高さが30mm高くなっています。

MX-30のパワートレイン、システム

ピュアEVであるMX-30のパワートレイン、システムを紹介します。

最高出力・・・143ps
最大トルク・・・27kgm

バッテリー容量・・・35.5kWh
航続距離・・・209km

ピュアEVとしては、航続距離がとても短いです。

MX-30は、過度に大きなバッテリーを搭載せず、顧客が本当に必要とする航続距離とした。ということです。

多くのEVには、ハイパワーモデル、モーターの特性を生かした加速力のとても強いモデルが設定されていますが、CX-30には、今のところそういったモデルが設定されるという情報はありません。

走りは楽しいかも

MX-30には、マツダ3やCX-30で採用された、SKYACTIVE-BODYが採用されています。

バッテリーやフロアは特に強化されており、剛性はマツダ3やCX-30よりも高くなっているということです。

また、電動モーターのトルク特性を活用した、e-GVCプラス(Gベクタリングコントロールプラス)も採用されています。

Gベクタリングコントロールとは、ハンドル操作に応じて横方向、前後方向の加速度をコントロールし、四輪への接地荷重を最適化して、スムーズで効率的な車両挙動を実現する技術です。

MX-30には、多くのEVのように、ワンペダルシステム(アクセルを離すと回生ブレーキがかかる)仕組みは採用されていません。

また、加速時には、エンジンから聞こえるような音をあえて出す機能が搭載されています。

MX-30の価格は、420万円~

イギリスでは、MX-30の価格がすでに発表されており、30,495ポンド~となっています。

日本円に換算すると、約420万円です。

イギリスと日本でのマツダ車の価格差を考えると、日本での価格は380万円程度になるのではないかと予想されています。

これから、日本仕様の情報も少しずつ出てくるかと思うので、あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする