【新型 パッソ フルモデルチェンジ】発売時期、搭載エンジン、サイズ、価格予想など、最新情報!

スポンサーリンク

トヨタのコンパクトカー、パッソのフルモデルチェンジ予想情報を紹介します。

次期パッソは、予防安全性能の大幅な向上が期待されています。

その他、発売時期、搭載エンジン、サイズ、価格予想も紹介します。

新型パッソの発売時期は、2022年ごろ

新型パッソの発売時期は、2021年末から2022年になると予想されています。

現行パッソが発売されたのは2016年なので、約6年でのフルモデルチェンジということになります。

搭載エンジンは、1.0L NAエンジンのみ

新型パッソでも、搭載エンジンは1.0LのNAエンジンのみで、現行モデルと変わらないと予想されています。

<1.0Lエンジン>
最高出力・・・69ps/6000rpm
最大トルク・・・9.4kgm/4400rpm

新型パッソのボディサイズは、現行型と同程度

新型パッソのボディサイズは、現行型と同程度になると予想されています。

現行パッソのボディサイズは、全長3,650mm×全幅1,665mm×全高1,525mmです。

全幅を5ナンバーサイズいっぱいの1,695mmにしないという方針は、次期モデルにも受け継がれるようです。

予防安全性能は、大幅に向上

新型パッソでは、予防安全性能は大幅に向上すると予想されています。

現行パッソには、「スマートアシストⅢ」が搭載されていますが、新型パッソには、タントに搭載された「次世代スマートアシスト」が搭載されるでしょう。

次世代スマートアシストの機能を紹介します。

<スマートアシスト>
・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・オートハイビーム
・アダプティブドライビングビーム
・標識認識機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・コーナーセンサー

<スマートアシストプラス>
・アダプティブクルーズコントロール
・レーンキープコントロール
・スマートパノラマパーキングアシスト
・パノラマモニター
・サイドビューランプ
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート

現行パッソのスマートアシストⅢに比べると機能が倍以上になっています。

スマートアシストⅢの機能も紹介します。

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・誤発進抑制制御機能
・車線逸脱警報機能
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能

次世代スマートアシストは、スマートアシストよりも機能がとても充実しているということが分かるかと思います。

デザインは、まだ不明

現行パッソには、ベーシックな「Xシリーズ」と、おしゃれなデザインの「MODAシリーズ」がありますが、新型でもベーシックなモデルと、デザインにこだわったモデルの2タイプが発売されると予想されています。

ただ、具体的なデザインがどうなるかはまだ不明です。

新型パッソの予想価格

新型パッソの価格は、現行モデルよりも数万円程度(~5万円程度)高くなると予想されています。

参考までに、現行パッソの価格を紹介しておきます。

<Xシリーズ>
X・・・1,199,000円
X S・・・1,265,000円
X Lパッケージ S・・・1,369,500円
X Gパッケージ・・・1,501,500円

<MODAシリーズ>
MODA・・・1,562,000円
MODA Gパッケージ・・・1,727,000円

新型ヤリスの値上げで、パッソの役割はこれまで以上に増してくるものと思われます。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする